きくりん情報局

タグ:核廃棄物 ( 6 ) タグの人気記事

追悼 小野田寛郎

平成26年 1月26日  8時50分 橋本市 曇 29CPM
          27日  0時20分 橋本市 晴 24CPM
                9時20分 橋本市 晴 24CPM
               23時40分 橋本市 晴 18CPM
          28日  8時40分 橋本市 晴 27CPM
               24時     橋本市 曇 34CPM
 

 また線量が上昇している。

 何があるのやら。

 地震学の学者が、日本にも核廃棄物の地層処理が出来る安定した土地がある、と発言している。

 北海道の東、東北の太平洋岸。

 銀行のデータの、有事の際の避難場所が、国内に2カ所ある。

 岩手の北上山地と、滋賀の八日市。

 一方は故郷で、一方は以前住んでいた土地。

 岩手に核廃棄物処理施設を作るのは、勘弁して欲しい。

 それどころか、狭い日本の、いや小さな地球のどこにもそんな場所はないぞ。

 県民の歌にある、「岩手、岩手、ふるさと岩手、とこしえに若き大地よ」。

 名曲だと思う。

 これ以上岩手を汚すな。


 記事にするのが少し遅くなったが、小野田寛郎さんが亡くなった。

 惜しい人が亡くなられた。

 終戦後もフィリピンで、命令に忠実に30年も戦い続けた軍人・・・いや軍神、生きる護国の鬼か。

 ようやく戦時中の上官の命令で、武装解除し帰国した。

 その時のインタビュー・・・「どうして出て来られたのですか?」 「上官の命令です。」

 見事だった。

 30年武器を整備し、弾薬を維持し、軍服らしい服装を維持してきた。

 陸軍中野学校の出身だ。

 まさしく、命をかけて祖国を守ろうとしてきた。

 武装解除直前に、フィリピン警察との銃撃戦で、戦友の小塚金七さんを亡くした。

 どれだけ辛かったろうか。

 帰国後、真っ先に訪問したのは、その小塚さん宅だった。

 深々と手をついて、頭を下げている映像を覚えている。(←こんな映像も情け容赦なく報道された)

 それ故、帰国後の落胆は、想像を絶する。

 その後ブラジルで牧場を経営し、日本では小野田自然塾を開塾し、青少年の育成に努めた。

 幸い氏の最後の講演を拝聴することが出来て、またまた幸いに会食を共にすることが出来た。

 ちなみに出席された国会議員は、当時浪人中だったかな?西村慎吾さんのみだった。

 会食では次々に訪れる人々に、料理に箸も付けずにサインをしておられた。

 氏の講演の一部を下に記す。


 「海外の日本人、日系人達は怒っている。

 ありもしなかった大虐殺や慰安婦強制連行など、日本は何故反論しないのだ。

 誇りまで失ったのか。

 どんな国になってしまったのだ。」


 氏を靖国神社の護国の神として祀って欲しく、切に願う。

 幸い、作る会の藤岡さん達と一緒に、写真に映っていただけた。

 
d0231730_04122.jpg


 氏の冥福を祈る。

 そして「ありがとうございました。」と、送りたい。

 氏に恥じない生き方をしたいが、正直恥じ入るのみだ。


 それにしても、今の日本人はお金の価値観に支配されすぎていないか?

 命は物ではない、魂だ。

 魂の価値観で生きれば、何も恐れる必要はない。

 全て満ち足りている。

 有限の物に価値観を置くから、失う事、足りなくなることに不安や恐怖を感じるのだ。

 昔の日本人は分かっていた。

 お金に惑わされることは、銀行屋・石屋の仕組みの思うつぼだ。

 誇りを取り戻そう。

 日本は、死者の思いも大事にする国。

 私達の命は、どれだけの時間と命を経て私達にたどり着いたのか。

 その無数の命をご先祖様として、その思いも大切に生きるのが、私達日本人だ。

 ご先祖様の誇りも、今生きている私達の肩に掛かっているのだ。

 何とも嬉しいじゃないか。
[PR]
by drkikurin | 2014-01-29 01:09 | 祈り

説明会

平成24年2月3日 22時20分 橋本市 晴 24CPM
         4日  8時30分 橋本市 曇 24CPM
            22時20分 橋本市 晴 19CPM
         5日  8時30分 橋本市 晴 30CPM
            23時20分 橋本市 曇 24CPM
         6日  8時10分 橋本市 雨 19CPM
 

 もう落ち着いたかなと思っていたら、時々高い値を観測します。

 原因は知るよしもないですが。


 先日産業廃棄物最終処分場設置の説明会に行ってきました。

 何処でも見られるような、反対する住民と推進する企業のやりとりです。

 企業側は、汚染は起きない、公害は発生しない、安定五品目しか捨てない、和歌山の廃棄物しか受け入れない、和歌山のゴミは和歌山で何とかしましょう・・・・と。

 住民側は、根拠がないとか、汚染が発生していない産廃処分場なんてあるのかとか、数字の根拠とか、様々な疑問や不信感をあらわにしていました。

 社員5人(何故かほぼ茶髪)の会社が、日本最大クラスの産廃処分場の事業を・・・?

 許認可担当の役人が来ていません。

 彼らは矢面に立たされた、下っ端なのでしょうか・・・気の毒にも思えます。

 私も、水源地にゴミを捨てることには大反対の立場なのですが、気が重い。

 自分もゴミを出しますから。

 産業構造を根本から変えないと、このような問題は解決しません。

 物を作る時に、それが役目を終えた時にどうなるかも考えて物を作る。

 原子力は、それを考えていない典型的な例です。

 特にプルサーマルでの運用・・・使用済み燃料棒は、プールにさえ入れられません。

 作る→使う→捨てる→処理する・・・それぞれをお金で売買する。

 悪い意味での役割分担がを、お金を仲介して行われています。

 責任もお金でやりとりするわけです。

 作る側はきれいなイメージで、処理する側は悪いイメージで、お金が動く。


 ネイティブアメリカンの文化では、構造物は木で作られました。

 石を意図的に避けたのです。

 自分たちがそこにあった証さえも、時間とともに消えるように。

 伊勢神宮は、絶えず造り続けることで、歴史をつなぎます。

 でも根底は同じ。

 「私はここにいる」と、宣言しないことです。

 聖書にも「自分の存在を宣言してはいけない」とあったはずです。

 たとえば、寄付する時に名乗らないこととか。

 年末のタイガーマスクの寄付もそうでした、漁師さんのマグロの寄付もそうでした。

 むしろ日本に生きている気がします。

 おっと、話がそれました。


 貨幣経済と、産業構造を根本から変えないと、人類に未来はなさそうです。

 とりあえず、自分の生活を見直します。

 我が家は石油が無くなることに、まだ準備が出来ていません。

 物流も止まり、電気も止まり、煮炊きも出来なくなります。

 何とか自立できるように、環境を整えて行きたいです。

 穏やかに移行できれば良いですね。

 大きなショックを伴って、いきなり移行するのは巨大な痛みを伴います。
[PR]
by drkikurin | 2012-02-06 15:16 | 放射線量

がれき受け入れ

平成14年 1月 18日 7時30分 橋本市 晴 17CPM
              23時10分 橋本市 晴 20CPM
           19日 7時40分 橋本市 曇 17CPM
              22時    橋本市 曇 26CPM
           20日 8時    橋本市 雨 25CPM


 昨夜から放射線量が上昇しています。

 気流を見ると、福島由来かもしれません。

 
 各地の自治体で、被災地のがれきを受け入れるところが相次いでいます。

 和歌山では?

 改めて調べなおしたら、和歌山市岩出市御坊市田辺市が受け入れ自治体に名を連ねています。

 和歌山市では、大阪との県境にある山間地に処分する案があるとかないとか。

 本当ならこれはまずいです。

 山間部に廃棄した場合、地下水が汚染されます。

 農業用水が汚染された場合は、農業県として致命的でしょう。

 瓦礫の受け入れを決めた時点で、風評被害にさらされることでしょう。

 もし、動きが表面化したら、全力で反対、反対運動をします。

 みなさんも、お役所の動きには注視しておきましょう。

 許してはいけません。

 放射性物質は拡散させてはいけません。

 その予算で現地に処理施設を作るべきです。

 
[PR]
by drkikurin | 2012-01-20 16:01 | 放射線量

4号炉

平成24年1月11日  7時20分 橋本市 晴  24CPM
             22時    橋本市 晴  21CPM
         12日  8時    橋本市 晴  18CPM
             21時30分 橋本市 晴  26CPM
         13日  8時    橋本市 晴  18CPM


 上記測定値では、およそ220CPMで1μSv/hです。

 和歌山の公称値は、およそ0.07μSv/hくらい。

 実測値では、0.1μSv/hを超すのがふつうです。

 郡山の甥に、測定しろと小言を言ったら、送ってきた数値が、1.3μSv/hでした。

 春よりも増加しています。

 どうするつもりなのか、自分の運命も風任せのようです。

 見えないことが本質で、見えることは陰のような物。

 見えない物が見えるようになったら、もう事態は決まっている。

 手遅れ。

 技術屋の卵の甥が、自分で動かない限りは望み薄かもしれません。

 被爆は確率なので、幸運が彼らにほほえみかけてくれることを望みます。

 
 放射線量増加の原因を作ったと思われる福島第一原発4合炉は、変な壊れ方をしています。

 事故当時、停止状態だったのに水素爆発をしています。

 何故こんな壊れ方をしたのか、誰も説明できていません。

 壊れた建屋の中に、ショットガンタイプの核爆弾が写っている、と、海外のジャーナリストが指摘しています。

 一番簡単なタイプの核爆弾で、材料と道具さえあれば私でも作れる。(そりゃあ材料と道具があれば、誰でも作れますね。)

 その貯蔵プールが空だき状態だったとか。

 核廃棄物は、燃え尽きたのではなく、効率が悪くなったから破棄されます。

 だから水につけて冷まし続けないと、核反応で加熱してしまいます。

 原発推進派は、核廃棄物の処理について、明確なビジョンを示していません。

 日本中の原発の、使用済み燃料貯蔵プールは、かなり過密状態です。

 どう処理するのでしょう。

 核燃料からプルトニウムを取り出そうとすると、廃棄物の量は増えます。

 処理したら、さらに廃棄処理が難しくなります。

 トリウム型原子炉で、廃棄物も燃やしてしまうのが次善の策だと思います。

 研修者が存命のうちに、プロジェクトを進めないといけない。

 廃棄物がミニマムになった時点で、トリウム原子炉を廃止。

 それまでに、新しいエネルギーを創造しないといけません。

 もうあるともいえますが。

 
 それにしても、食品の汚染が心配です。

 リラックマさんのコメントにあったスペクトロメーターは、安くて一般人にも入手できそうです。

 使用にはある程度の専門知識が必要そうです。

 農業関係で困っている人たちを、ちょっとだけ助けられるかもしれません。
[PR]
by drkikurin | 2012-01-13 13:40 | 放射線量

廃棄物の最終処理

平成23年4月3日 午後9時  橋本市  晴れ      27CPM

問題はありませんが、高い値が続いています。

特に朝方に高いのは、玄海原発や三方原発で深夜に放出する排ガスが原因ではないかと疑っています。
どなたか四国あたりで計測されてる方で、時系列で整理されている方がおられたら、データを教えていただきたく思います。

 核廃棄物の処理は、現在の科学では無理です。

 さて、将来の科学では? 

 分かるわけありません。

 アメリカではドラム缶で海洋に投棄していた時期もありましたが、岩塩の地層に閉じ込めたりしたるようです。ロシアでは陸上投棄だったり海洋投棄だったり。

 車の窓からゴミを捨てる人に似ていませんか?
 自分の目の前から消えれば、解決です。

 日本では地下300m以下に埋設すると言っています。当たり前ですが、どこも受け入れません。
 世界中の地震の10%が起きている地震国なのです。

 命はつながっていることを、知らないのか意図的に見ないのでしょう。
 非常に愚かです。
[PR]
by drkikurin | 2011-04-03 23:31 | 放射性廃棄物

核廃棄物

平成23年4月3日 午前7時  橋本市  曇り  37CPM
           午前8時  橋本市  曇り  23CPM
 

朝一番が高かったので時間をおいて計り直しました。風向きなのか、夜に何かあるのか?

 核のゴミ、核廃棄物の存在が、私が原子力発電に反対する一番の理由です。
 「原子力発電は、トイレのないマンションだ」と言われます。

 核廃棄物は、放射能が弱まるまで100万年監視を続けないといけない、と言われます。
 
 100万年!!

 どこに捨てるのか、誰が監視するのか、全く答えが出ていません。

 そのうち何とかなるだろう!!
 植木等の歌ではありません。(古い!)

 旧ソ連の、廃棄され、港につながれている原子力潜水艦に、とある事件がありました。
 港につないで管理していただけましのですが。
 かなりの数が海に投棄されたと言います。

 核燃料は完全に反応が終わるわけではないので、熱を持ち、継続的に冷却しないといけません。
 潜水艦の原子炉の冷却にも、もちろん電力を使います。
 
 ところがロシアが資本主義化され、電気料金が払えずに原子力潜水艦の原子炉を冷やすための電気を止められたそうです!!わが国の政権政党よりもアホなのです。

 管理をしていた会社からの必死の説得で、(そりゃあ必死です)通電してもらい、爆発は免れたそうです。いつのニュースでしたか・・・・?

 高レベル廃棄物は熱が冷めるまで何十年も保管します。プルサーマルは百年以上冷やし続けなければいけない。そのために原子炉がまた必要なのではないでしょうか?

 福島原発4号炉では、使用済み核燃料保管用のプールが冷却できずに過熱して事故になりました。今回の事故では使用済み核燃料の問題も明らかになったのです。

 「原子力は、電気を起こしているのか?」私たち物理学仲間のジョーク(本音?)です。

 プルサーマル燃料は、使用済み燃料でも100度以上の高温で、保管プールにさえ入れられません。どうするのでしょうか?

 すくなくとも私は、プルサーマルの使用済み燃料を保管する方法の情報を得ていません。
 ご存知の方は教えてください。

 ゴミの処分ができるようになってから、ゴミを出して下さい。 
[PR]
by drkikurin | 2011-04-03 08:59 | 放射性廃棄物

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな