きくりん情報局

タグ:祈り ( 148 ) タグの人気記事

希望

平成23年5月6日(金) 午後 10時 橋本市  曇り   25CPM

夜になっても、今日はそれほどの線量まで上がりませんでした。

花金??

冗談はさておき、建仁寺で書の展示会があります。

金澤翔子さんというダウン症の少女です。

書と言う概念からはもう遠く離れた、生きているような書です。

今回は東北関東大震災の励ましの言葉として、「希望」「共に生きる」と書かれました。

不覚にもネット上で見ただけで泣けてしまいました。

こんなに純粋な思いのこもった書を知りません。

金澤翔子 天使の書

以前、同じ建仁寺に奉納された「風神」「雷神」の書を見て圧倒されました。

建仁寺に飾ってある風神雷神図屏風レプリカは、命のないスカスカの屏風絵でしたが、翔子さんの書は、その存在の本質を、ただの二文字で圧倒的な存在感で表していました。

見に行って下さい。

私は後悔するので、必ず行きます。

明日は早起きで出かけるので、線量のアップは出来ないかも知れません。
[PR]
by drkikurin | 2011-05-06 22:26 | 祈り | Comments(0)

機殿神社

平成23年5月4日(水) 午後9時  橋本市  晴れ   26CPM

 やはり夜になると高くなります。何か因果関係があると考えるのが自然です。

 本日、神様の衣替えの服を作るための機を織る神社へ行ってまいりました。
 
 一方は大麻の繊維、もう一方は絹の繊維です。

 天皇陛下のお召し物も、神事の際は、大麻と絹です。

 祈りを込めて、糸を紡ぎ、その糸を縦糸と横糸に織って行きます。

 よく糸が切れていました。

 現代の状況を象徴しているようでした。

 歴史の糸や、文化の糸を切ろうとしている勢力がいて、

 その糸を繋ごうとしている人たちがいます。

 糸が断ち切れたら、日本は日本で無くなります。

 私達が日本人であること、その意味を考えてみましょう。
 
 祝日に日の丸を掲揚するお宅がほとんどありません。

 まず、日の丸を掲げましょう。
[PR]
by drkikurin | 2011-05-04 22:20 | 放射線量 | Comments(0)

機殿神社

平成23年5月4日(水) 午前7時  橋本市 晴れ  19CPM

今日は通常値に近いです。

雨で黄砂も洗われて、空気が、すがすがしいです。

今日は伊勢まで行ってきます。

機殿神社で、神様の着物を織っているそうなので、参拝してまいります。
[PR]
by drkikurin | 2011-05-04 08:03 | 放射線量 | Comments(0)

放射線量

平成23年4月13日(水)  午後11時  橋本市 晴れ  24CPM

 とある方から、祈り合わせのお願いが来ています。

 3月11日の震災を予測しておられた方です。

 次の4月に起きそうな東海地方での震災を押さえるために、祈りが必要だと。

 毎日の正午、15時、20時に、それぞれの場所で祈って下さいとのお願いが届きました。

 時々耳にしますが、左翼の日本が嫌いな宰相が立つと、災害が起きる、と。

 先の阪神大震災でも、恒例のお伊勢参りを欠席したのが村山さんでした。

 震災以降はお参りしたそうですが・・・

 でも菅さんほどは、権力にしがみつきませんでしたね。


 日本は神様に満ちた国だと確信しています。。
 
 是非とも祈り合わせをお願いします。

 
[PR]
by drkikurin | 2011-04-13 23:34 | 放射線量 | Comments(0)

少し落ち着いたかな・・・

平成23年4月4日 午前8時  橋本市   晴れ    18CPM

 ようやく通常の値に戻ってきました。

 原発の事故処理のその後は、なかなかニュースに上がらなくなってきました。

 電源が回復し、冷却ポンプの稼動が始まるまで、まだ不安は続きます。

 畑仕事で、ニンジンの葉が大好物のアゲハチョウの幼虫を、はがして捨てていた時のことです。
 親のアゲハチョウが、しきりに私にぶつかってきました。
 子供を守ろうとしているんだと、分かりました。
 人間に勝てるはずもないのに。

 ハワイの知人宅に、いつのまにか居着いた雌鶏がいたそうです。
 チャボの、チャボ子、と名付けていました。
 いつの間にか雄が現れ、(カメハメハと命名)卵がかえり、子供を引き連れて散歩していたそうです。
 ある日野犬が入り込み、雄鳥は野犬と戦って死んだそうです。

 虫でも鳥でも、自分の子供を命をかけて守ろうとするのです。
 かつての日本はそんな人たちばかりでした。

 しかし、今の日本人も変わっていませんでした。
 命の危険を顧みずに最前線で原発と格闘している技術者や、自衛隊員、消防隊員・・・・
 彼らがあきらめた時点で、どうなってしまうのか知っているからです。

 早く皆さんが休めるといいな、と、いつも祈っています。

 関西圏の山や木々も、同じように痛みを感じているようです。
 出来ることをやって行きましょう。
 
[PR]
by drkikurin | 2011-04-04 11:49 | 放射線量 | Comments(0)

今晩の放射線量

平成23年3月28日 午後11時  橋本市     晴れ      24CPM

 やはり少々高めです。

 色々書いてみたのですが、なにやら恐ろしい文章になってしまい、今回は線量の報告だけにします。
 また落ち着いたら書きます。

 今回の事故で、痛い痛い思いをしている、大気、海、大地、陸と海の生き物たちの痛みが、どうか治まりますように。また東北の大自然の中で、健やかに命をはぐくめるように、祈っています。

 最前線の人たちは、今も寝る間も惜しんで戦っておられるのでしょう。
 その命をかけたがんばりには泣けてきます。
 ありがとうございます。
 
 リンクをはりましたが、「原発がどんなものか知って欲しい」というホームページを紹介しています。
 作者の平井憲夫さんは確かガンで亡くなられたと記憶しています。
 現場ならではの、原発象が分かりますので、どうぞ訪問してみてください。

 なにやら日本が抱えている構造的な問題が、そのまま原発に現れているように感じます。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-28 23:56 | 放射線量 | Comments(0)

祈り その2

 平成23年3月21日 午後10時半  橋本市 雨  20CPM (通常は20~10CPMです)

 知人からのメール拡散のお願いがあり、アップいたします。
 引用メールのまた引用ですが、読んで、よろしければ拡散して、一緒に祈ってください。

----< 以下本文、原発の現場で働いているご家族からの依頼です。>----
みなさん、
どうかお願いがあります。
祈りを、皆さんの祈りを、
今、福島原発で命がけで我々の国、この日本を、国民を、あなたを、
あなたの家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳から上、もう子育ても終わりに近いので思い残す事は無いと志願者となったようです。
その様な志願者が50名

時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。
中国電力の原発勤務40年というある男性が
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
翌朝、いつも出勤する時のように「じゃあ、いってくる。」
と言って玄関を出たそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで昨日(16日)、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら、私達は今、この時を、この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。
今のこの時間は彼等のおかげなのです。お願いです皆さん
祈って下さい!
皆さんの祈りを、
作業が成功するように祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!

----------< 引用ここまで >-------------

 臨界寸前であった、とはニュースには出来ないでしょう。
 半径300km・・・と言うのも、多分チェルノヴィリのデータが頭にあったのでしょう。
 数値に突っ込まないでください。

 今回、原発の爆発を阻止するために、命がけで負けられない戦いをしている方々を知ったことで、戦中の、出征する兵士を見送った家族の気持ちが初めて分かりました。
 あきらめたり逃げたり倒れることすら出来ません。
 みなさん死を覚悟しておられます。
 
 今回の事故を予見していた方から、同様のお願いが届いています。
 正午と午後3時、午後8時に祈りますので、祈り合わせをお願いします、とのことです。
 もし覚えておいていただけたら、この時間に合わせて祈ってください。
 
 よろしくお願いいたします。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-21 23:43 | 祈り | Comments(0)

祈り

 平成23年3月21日 午後3時40分 橋本市  雨上がり       20CPM
 
 30CPM台だった昨日より線量が少々落ち着いてきた様に思います。

 東北地方の神様は、関西地方の神様と少々趣が違います。
 ”アラハバキ” と呼ばれる古代の神々です。

 多分この神々からインスピレーションを頂いているだろうアーティストに「姫神」があります。
 被災された方々、被災地で命を省みずに戦っている技術者、自衛隊員、消防隊、警察官、被災者達・・・・
 この人達に祈りが届くようにと、「姫神」の音楽(「遠い風」)をバックに祈っています。

 これほど日本に、祈りのエネルギーが集まることは今まで無かったでしょう。 
 そして、被災地東北の人々の行い、技術者達の奮闘が世界を驚かせています。
 世界を覚醒させつつあると言えるのではないでしょうか。

 祈ることしかできません。
 亡くなられた2万もの人々の魂も、残された愛する人々を護ろうとしている・・・・
 「頑張れ!頑張れ!」
 
[PR]
by drkikurin | 2011-03-21 16:06 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな