きくりん情報局

タグ:水 ( 11 ) タグの人気記事

元素転換

平成26年4月9日  9時30分 橋本市 晴 24CPM
             23時10分 橋本市 晴 21CPM
        10日 23時40分 橋本市 晴 26CPM
        11日  6時10分 橋本市 晴 21CPM
        12日 24時     橋本市 晴 26CPM
        13日  9時     橋本市 曇 21CPM
             23時10分 橋本市 曇 22CPM
        14日  8時20分 橋本市 晴 21CPM
        15日  0時40分 橋本市 晴 18CPM
              6時50分 橋本市 晴 25CPM
             23時     橋本市 晴 21CPM


 放射線量は、問題なし。

 むしろ現状ではPM2.5とか、農薬の方が問題か。

 
 三菱で、元素転換による放射性セシウムの無害化に成功したとのニュースがあった。

 めでたい。 → ここ

 こんなニュースが日経新聞に載るのだから、時代は変わったな。

 「嘘つき新聞日経」なんて記事も上げたが、これは嘘でないことを望む。

 ニュースソースに乗らない個人研究家でも成功したとの知らせもある。

 未来は明るい。

 消費税増税で経済がまた下降を始めているのも、きっと何かの啓示なのだろう。

 お金を拝むのはもう止めようと言う事だろうか。

 中共のバブル崩壊も秒読み。

 その中共に空母を売ったり、そのEUへの違法移民の窓口になっていたウクライナでも色々起きている。

 国柄に見合った出来事なのだろうかな。


 ところで、先日お会いした戦中派の紳士から、とある本を受け取った。

 シャウベルガーの研究や哲学をまとめた本だ。

 興奮するほど面白い。

 そのうちかいつまんでアップしようかな。

 例えば以前書いた「水は記憶する」と、同じようなことを書いている。

 そこで気付いたこと。

 原子炉の冷却に、大量の海水が使われる。

 藻が付かないように、大量の塩素が投入され、それが海に流され、温水と共に生態系を激変させる。

 それが問題と思っていたが、原子力というおぞましい波動を、水は至近距離で記憶してしまうのだ。

 そちらの方が、はるかに自然界にとっては害悪なのだと、気付いた。
 
 その紳士からその他の文献を多々渡されて、「研究して欲しい」と、託された。

 まずは取りかかってみたい・・農作業の後かな・・・

 で、私で良いのかな??


 余談だが、先日久しぶりに刀を抜いて振ってみた。

 光がほとばしる。

 刀が喜んでいるのがよく分かる。

 私のオーラーの色は青紫から紫。

 通常は私の色で光るのだが、緑がかっていた。

 浄化の色から創造の色へ??

 何かが変わってきたのかも知れない。

 
 山は新緑に変わりつつあり、山菜、特に蕨がたくさん採れ始めている。

 もうじき蕗が採れる、のびるもゼンマイも、蕨もイタドリもうまいぞ~。

 息子の誕生祝いに植えた果樹も、多々芽吹いてきた。

 わけも分からずウキウキしてくるが、その中にほんのわずかだけ不安のエネルギーが内在している。

 捨ててしまえと思うが、さてはて・・・・

 この地球では、相反することから学ぶようにプログラムされている。

 平和や愛や希望や、きれい事の中からさらにきれいなことを学ぶようには出来ていない。

 気付きのためのアンチテーゼとして、捨てずにおくべきか、迷うな・・・・
[PR]
by drkikurin | 2014-04-16 23:31 | 放射能除去 | Comments(3)

集団的自衛権

平成26年2月11日  9時40分 橋本市 晴 23CPM
         12日  9時20分 橋本市 曇 21CPM
         13日  2時20分 橋本市 曇 29CPM
               9時     橋本市 曇 19CPM
              24時     橋本市 晴 16CPM
         14日  9時50分 橋本市 雪 19CPM
              24時     橋本市 雨 26CPM
         15日 10時     橋本市 雨 18CPM
              23時50分 橋本市 晴 26CPM
         16日  9時50分 橋本市 曇 20CPM
              23時50分 橋本市 晴 23CPM



 線量は落ち着いている。

 14日の夜は、線量は高くないが、濃い線源がまばらに飛来していたようだ。

 都知事選では反原発が争点の一つになっていたが、単一イシューでは、総合的な知事としての適正は見えない。

 都知事は、都内に設置するならいざ知らず、原発を廃止する権限はない。


 日本の集団的自衛権を、認めるか認めないかが話題になっている。

 米国からすれば、日本が米国を守る戦いに参戦して欲しいのだろう。

 一方、アジアの弱小国家群は、対中国で助け合わないと、侵略される危険がある。

 小国は、力を合わせてお互いを助け合わないと、大国の脅威にさらされる。

 フィリピン、インドネシア、インド、シンガポール・・・・みんな日本に期待している。

 日本は、難しい舵取りが必要。

 誰かが襲われている時、私は見てみないふりは出来ない。

 私が加勢するとして、その事を集団的自衛権というわけだが。

 第二次大戦中で唯一と言っていいと思うが、日本に援助してくれていたチベットを、日本は見殺しにした。

 集団的自衛権を認められていたら、そして再軍備していて、さらに骨のある政治家がいたら、止めただろう。

 ダライラマ猊下が、また4月に高野山へ来られる。


 14日は大雪で、嬉しくて家の前にかまくらを作った。

 雪が降ると、喜んで庭駆け回る性格なのだ。

 そして今日は、山に雪の残る中、お茶の原料にする笹の葉を摘んだ。

 一枚一枚洗って乾燥する。

 とんでもない手間暇がかかる。

 笹や松葉の先は尖っている。

 電気刺激は、尖った先端に集まる。

 何処かで戦争が行われていると、よく松が枯れるそうだ。

 笹の葉先も枯れるようだ。

 今は冬なので、やはり葉先は少々枯れ気味なのだが、念のため先端はカットする。

 これも手間なのだが、安全な原料にこだわりたい。

 以前書いたのだが、世界の水は繋がっている。

 世界の何処かで起きた、水への行為は、良いことも悪いことも世界中の水が共有する。

 なるべく争いが起きないように、我々は祈ると共に、想念を平和に保ちたい。

 その上で、争いが起きないように、刀を研ぎ、腕を鍛えなければいけない。

 何度か書いたが、合氣道的なお互いを生かしめる戦い、もしくは戦いへの備えがあるはずだ。

 集団的自衛権は、争いを未然に防ぐ為に意義がある。

 人類の成熟度から察するに、非武装平和は、まだまだ無理だろう。

 戦乱と比較して平和を知る、そんなレベルなのだから。

 自分の中で、自信の想念の動きを見つめる。

 善悪の葛藤が無くて、喜々楽々になりたいな。    
[PR]
by drkikurin | 2014-02-17 01:48 | 祈り | Comments(0)

テネモス

平成25年4月4日  9時20分 橋本市 晴 25CPM
            23時50分 橋本市 晴 18CPM
         5日  9時10分 橋本市 晴 16CPM
            20時40分 橋本市 曇 24CPM
         6日  8時30分 橋本市 曇 23CPM
            20時10分 橋本市 雨 22CPM


 およそ0.1μSv/hあたり(22CPM)をうろうろしている。

 私の計測器は、ガイガー管を使っているので、β線の検出割合が高く、少々割り引いて見て欲しい。

 早く、こんな測定は止めたいところだが、そうも行かない。

 いくつかニュースを・・・


 福島周辺で、動物たちの異常が相次いでいる。 → ここ

 まあ、そりゃあそうだろうさ。

 福島では15人中12人が奇形児を出産。 → ここ

 いくらなんでも奇形児の出生率が高過ぎやしないかな??

 震災前の東京の奇形児の出生率は、およそ5%(死産を除く)と、聞いた事がある。

 その上放射能汚染が加われば、あり得るかも知れないが、釣りかもしれない。


 笑っている人には放射能は来ない、なんて言っていた山下俊一教授が、海外の研究会でこんな事を。→ここ
 
 彼は、単に調査対象の福島県民が逃げて欲しくないと思っているだけではないのか?

 国内では心配ないと言い、海外ではデータをしっかり出す。

 本当なら鬼畜である。


 思い白いニュースがあった。

 国際的ハッカー集団アノニマスが、北朝鮮工作員の情報をハッキングした。

 NHK職員や、某大学教授など、日本人も多数含まれている。→ここ

 逮捕できない日本の法律が情けない。

 日本のマスコミは沈黙している。

 つまり、自分たちの中に工作員がいることを、認めていると言うことだ。

 NHKの受信料金は支払うべきではないな。
 
 受信料金が、対日工作に転用されてるような物だ。

 
 さて、夜明け前が一番暗いと言うが、まだまだ暗くなるのかな??

 虫や動物たちに教えられたことや助けられたことをまとめたが、植物たちから教えられたことがまだ。

 まとめたいと思っていたが、変なニュースを先に紹介してしまった。


 話は変わるが、マナウォーターに付いて教えて欲しいとの投稿があったので、気付く限り書いてみます。

 私も水の活性化に取り組んできたので。

 水を生き返らせる手本は、自然界の水の流れ。

 渦と大地への浸透とミネラルと音。

 マナウォーターを開発したテネモスの飯嶋さんは、直感的に何となく作ってしまう人で、「圧力が大事」としか言わない。

 マナウォーターの基本は、圧力と大地への浸透。

 活性炭と珊瑚その他のミネラル源と、圧力。

 温泉も地下深くの圧力と岩盤からのミネラルで活性化されるのだが。

 それらの総合だと思う。

 多分詰められてある、活性炭とミネラル源が鍵だろうか。

 しかし、水道の圧力を使って水道以上の圧力を作るとは、パスカルの原理的には可能だが、システムが私には見えてこない。

 自分で水の善し悪しを確かめる簡単な方法は、珈琲を淹れたとき、油膜が浮かないかどうかをチェックすること。

 良い水は界面活性力が高く、油膜が浮かない。

   ・・・・油膜が浮かなくても、逆浸透膜の水とアルカリイオン水は止めよう・・・・

 もう一つは、音を聞いてみること。

 耳に当てると何となく耳鳴りのような、「キ-ン!」とか、「ウーン!」と言う音が聞こえる(のは私だけか??)。

 良い音、きれいな音のする水(水だけではないが)は、良い水だ。

 良い水ほどゆらぎが大きく、それを扱う人の心のありようが影響する。


 ところで、テネモスのメンバーが、被災地で微生物による放射能の浄化を試みた話を聞いた。

 全然効かなかった。

 何ともならないので、みんなが大笑いしたら線量計の値が下がったそうだ。

 「おや?」と思い、もう一度みんなで笑ってみたら下がらない。

 心から笑わないと、放射能には影響がないようだとのこと。

 そんな団体なので、ある意味大きく期待している。   
[PR]
by drkikurin | 2013-04-06 23:30 | 放射線量 | Comments(2)

モリンガ その2

平成24年11月8日 20時30分 橋本市 晴 22CPM
            9日  7時40分 橋本市 晴 16CPM
                20時30分 橋本市 晴 19CPM


 本来の値だ。

 こうでなくちゃ。

 福島現地でも、必死の攻防が続いていることと思う。

 ある一定以上の被曝をすると、作業は出来なくなる。

 作業する人が、どれだけいるのか?

 無事であって欲しい。


 以下は、私の夢想の話なので、適当に読み飛ばして下さい。

 先日の「奇跡の木モリンガ」の話の続き。

 何でこんな話が、と思ったのだが。

 人の胎児の尻尾は長い。

 猿の胎児の尻尾は短い。

 だから人の祖先は猿ではない!

 と、言われた。

 そりゃそうだが。
 
 爬虫類が祖先だと講師は言う。

 待てよ、レプティリアンなんて聞いた事があるぞ。

 ドラコニス、ドラコニアンなんて名前も。

 日本人は、ドラコニアンの子孫、アングロサクソンはレプティリアンの子孫とか言う話も聞いた覚えがある。

 アトランティスはレプティリアンで、ムーはドラコニアンなんて言うのも何処かで聞いたが。

 そんなにきっちり分かれてはいなかったと思うが。

 だからあっちはこっちを滅ぼそうとしているのだ、なんて言うのだが。

 日本の神様に、龍神様が居られる。

 琵琶湖で見た。

 西洋では、竜は悪魔の一つ。

 その違いの理由はこれか?

 クトゥルー神話なんてのもあるが。

 恐竜人類の神話だ。

 ラブクラフトが、いにしえの巨人族の遺跡を発見して、そこから読み取ったものだったかな?

 「エイリアン」なんて映画はそこから来たのだが。

 アメリカ大陸でのインディアンの虐殺は、エイリアンの映画並に残酷なのだ。

 彼らは、確かにその血を引いているのかもしれない。


 拝み屋さんの友人が、今まで見たことのない妖怪が出るようになった、と話していた。

 地獄の釜の蓋が何段階も開いて、色々跳梁跋扈しているようだ。

 それと対局の神様も、世に出たとも聞いた。

 キトラ古墳も、パンドラの箱の様なものだった。

 四神獣の壁画を剥がしちゃうんだもんな・・・・・そりゃあ封印も解ける。

 過去も未来もこの一時に、集約し始めたのか。

 そしてアラハバキの神々を呼び出して、色々働いてもらわないと、東北は大変だ。

 そのためには、とある水が重要かと思うのだが。

 いよいよ、終わって始まるのか、単にちょっとジャンプするだけなのか。

 何とも楽しみである。

 鍵は、すべて一緒、と言う事。

 ワクワクする。


 うちの子は、もうじき8ヶ月。

 やたらと立ちたがり、歩きたがる(親の補助付き)。

 なかなかハンサムになってきた(←親ばか)

 何にでも興味を示す。

 鏡をじっと見ては、その裏側を探している(笑)

 電話の受話器を取りたがる。

 落とした受話器本体を追いかけず、ケーブルを引っ張って受話器を引き上げる。

 知能が発達して行くのが見える。

 その知能に枠をはめたくない。

 知能と言うより、知恵を育てたい。

 科学の枠は、もうじき壊れるし、壊す。

 果てしなく広がる内的宇宙の海を、この子には感じさせたいな。

 自分はまだ持てていないのだが。

 専門分野なんて無い。

 宗教も科学も農業も食も経済もエネルギー源も、境目無く繋がるだろう。

 結びのエレメントは水。

 思いは叶う。

 あの世に少し近づいたこの世を、みんな(あなたや私、大地や大気や水も一緒に)で作りたいな。
[PR]
by drkikurin | 2012-11-09 21:51 | 祈り | Comments(0)

水に怒られた話

平成24年11月2日 23時10分 橋本市 晴 14CPM
           3日  8時20分 橋本市 晴 18CPM
               23時     橋本市 晴 21CPM
            4日 13時    橋本市 晴 20CPM
                21時40分 橋本市 晴 15CPM
             5日  9時    橋本市 曇 20CPM
                20時50分 橋本市 晴 22CPM


 放射線量が落ち着いた。

 なんだ、元に戻るんだな。

 発生源も、おとなしくしているようで安心した。

 ちなみに月曜日の大阪市内は0.12μSv/h。

 平常通り、と言っても大阪は高いんだ。

 がれきの焼却もまだのようだ。

 反対派がテントを張っていて、それを阻止するためにバリケードが築かれていると、ネットのニュースにあった。

 通行の邪魔になるので、反対するにもルールを守って欲しいと、市からの要望が書いてある。

 そこで、通行の邪魔になるバリケードをこしらえた市は、おもしろい。

 ぼけと突っ込みの漫才のようだ。

 それにしてもバリケードとは、本気だな。


 所で、今までに何度かお水から怒られたことがある。

 ある水を混合する際の順番を勘違いしていたら、「おまえは分かっていない!」と言われた。

 近頃は、またある水から「私を世に出せ」と、怒られた。

 非常に波動が緻密で、結ぶ力がとても強い。

 人が肉体を持ってこの世にあるためにはこれが限界、と言えるレベルの細かな波動。

 その人の向いた方向に結んでくれる。

 ついでにあっちの世界まで。

 良いも悪いも無い。

 「愛」って、そんなものだろう。

 常に光の方向を向いていれば問題ないが、人は弱いからなあ。

 光と闇の間で学ぶように、自分で選んだのだからそんなもんさ。

 弱さを自覚すれば良い。

 どちらを向いているか、自分を見つめる良いきっかけにもなる。

 それにしても、怒られたというのは、言葉が悪いかな。

 強く要求されたと言うべきか。

 しかし、そう言われてもなあ・・・・・・

 私は大好きだが、苦手な人が多いのだ。

 そばに置いておくと、ずっとお宮さんの中にいるような気持ちになる水。


 地球の今この時は、結ぶ事が大事・・・じゃないかな?

 何も信用出来なくなるが、最後は人と人との結びが決め手になる。

 人と大地、大気、水との結びはもちろんだが。

 自分の為に命をかけてくれる人が、何人いるか?

 自分が命をかけることが出来る人が、何人いるか?

 お金を信用している人が多い世の中だからこそ。

 こんな風にして、大事なことが気付かれずに、世は暮れて行くのかなあ。

 あ、「水と命と祈り」のシリーズ、続編を書きたいな。

 川で泳いだら、何かに抱かれていた様な感触があったこととか・・・

 そう、「千と千尋の神隠し」に出てくる、龍神さんの背中にいたような感触、とかそんな話を。

 どこまで書いたかな?
[PR]
by drkikurin | 2012-11-05 23:58 | 祈り | Comments(0)

水と命と祈り その5

 平成24年8月31日 20時40分 橋本市 晴 18CPM
        9月 1日 10時20分 橋本市 晴 26CPM
           2日  0時20分 橋本市 晴 22CPM
               8時10分 橋本市 曇 25CPM
              21時    橋本市 曇 21CPM
           3日  7時    橋本市 晴 13CPM


 特に異常な数値は観測されていません。
 
 大阪でのがれき受け入れ説明会では、「科学的に安全を確認された方法でやる。」と橋下市長が。

 科学的に証明された方法って、どこにあるのだろう?

 文献か、その科学者の名前を言って欲しいな。

 無いだろうな。    

 お金がもらえるから受け入れます!、と正直に言えばよいのに。


 以下は、買い物の時に、参考になるデータです。

 各国が輸入規制している、日本の食材 → ここ

 これは自分で書くには辛すぎるので、敬愛する黄金の金玉ブログを参照ください。

 福島の子供達の現状 → ここ


 さて、水の話を再開しようかな、と。

 毎度脱線は許してください。


 水の結晶構造は、六角形です。

 神秘図形の一つ。

 でも水分子の角度はおよそ104°です。

 120°じゃない。

 どうすれば六角形に??

 六角形の面方向に伸びた、らせん形状を取りながら、らせんの六角形をしています。

 なにやらこの時点で、「こりゃすごい」って、思いませんか?

 そのずれが、水のおかしな特性を生みます。

 例えば凍ったら浮くこと。

 沈んだら、海底に氷が積もり、冷たいものは下に沈むので、海は凍るでしょう。

 
 水には水晶が良く合います。

 何なら、水差しに水晶を沈めてみてください。

 水の味が変わります。

 結晶構造が似ているから、共鳴しやすいのです。

 白水晶には藻が付くが、紫水晶には付かない・・・・変でしょう??

 鉢植えの植物の根本に、水晶を置いてみましょう。

 植物が良く育ちます。

 水の単結晶は、水晶並みに力があるでしょうね。
 
 これらの現象は、物理的に表しにくいので、生物を通じて実感します。

 いつか測れるようにしたいですね。

 でも、素粒子論と同じく、「観測者によって現象は変わる」が起きます。

 「不確定性原理」という、素粒子論の、ミクロの世界での出来事。

 物質は波動性と粒子性両方を持つが、両方一緒には観測できないのです。

 それがマクロの世界で起きるのが、水の現象。

 波動が緻密だから?

 だから、波動性が表に出やすいのではないか、と言うのが私の見解。

 放射線が、電磁波であるにもかかわらず、粒子性が顕著なのと似ている。

 その波動とは??

 これも今の物理学では説明できないか・・・・

 
 気持ちの良い場所で、朝日とか、夕焼けなどを見ていると、光の粒子のようなものが飛び交っているのを見たことありませんか?

 ヨガで言う「プラナー」粒子。

 光る、尾の短いオタマジャクシのような・・・・・

 その粒子が、トーラスの渦に見えた。

 超弦理論も、トーラスの近似解とも言えそうだ。

 閉じた渦が、エネルギー・波動を媒介している様に見える。

 水の結晶と同じ「渦」である。

 かのエネルギーと水は仲がよいのだな、と直感する。

 なんとか学問的に整理して、測定できたら良いのだが、おつむが付いてこない。

 物質は、測定器によっては、波動としても粒子としても検出される。

 気功の「氣」を、検出しようとした試みがあった。

 光としても、電磁波としても、熱としても、測定器に応じて測定されてしまった。

 「不確定性原理」にそっくり。

 おりしも不確定性原理が、素粒子のスピンによって破綻することが、名古屋大学の研究で判明した。

 おお、物理学が直感に近づいてきたぞ。


 今日の話は堅かったかな?

 祈りもエネルギーである。

 きっと届く!!
[PR]
by drkikurin | 2012-09-03 15:01 | 祈り | Comments(2)

水と命と祈り その4

 平成24年 8月17日 22時10分 橋本市 晴 20CPM
           18日  5時50分 橋本市 晴 26CPM
               20時40分 橋本市 曇 18CPM
           19日  8時40分 橋本市 晴 22CPM
               20時    橋本市 晴 25CPM
           20日  7時20分 橋本市 晴 23CPM


 放射線量は、安定しています。

 福島の原子炉も、何か突発的な事故や地震でもない限り、汚染物質の排出はおだやかでしょうか。

 海洋に流れ出した汚染物質が、回遊魚に取り込まれて、太平洋を巡ります。

 和歌山県の海水浴場でも、カツオが大量に打ち上げられていたようです。

 カツオは東北沖まで回遊しますが、因果関係は公表されないでしょうね。

 見なかったことに、と言うのが一般的な行動パターン。

 こんな事態を作った人達を利する行為です。

 ちゃんと見ましょう。

 ちゃんと見れば、対策も立てられるでしょう。

ちなみに海外のサイトで、私が使っているサーベイメーターとプローブのセットが5万とちょっとで出ている。

 誰か必要な人があれば調達しますよ。

 ご一報ください。


 首相官邸回りの原発反対デモは、糠に釘、か、のれんに腕押し、と言う感じ。

 彼らは見ても、心に響かない人種。

 日本人か?

 他国をコントロールしようとした場合、その国のトップやマスコミをまず籠絡する。

 手段はお金とか権力とか夜のお世話とか・・・・・だめなら命を脅かしたり。

 その国の内部対立を利用して、マイノリティーの民度の低い側に、それらを与える。
 
 この手法のオリジンは、何処だろうか?

 まさにジレンマだ。


 水の話の中に、「ジレンマ」についてたびたび書いた。

 例えば、気功で誰かの体を治そうと思ったとき、植物の声を聞くときなど、このジレンマが必要になる。

 気功の手法で他者を治すとき、まずは相手を理解するために一体化を試みる。

 すると心拍数が同じになり、自分の体に痛いところが現れる。

 そのままだと痛みがうつってしまう。

 痛みを分かち合えてそれも良いのだが、ミイラ取りがミイラになる。

 「ここまでが自分」「これは彼の氣」と、分けてモニターできると、自分が発病せずに追い出せる。

 あとは、治す手段が勝手に発動する。


 音楽家で「音楽が自分の中から湧いてくる」と言う人がいる。

 そういう人は、多分植物の話しかけも「自分の思い」として、内から聞こえるのだろう。

 もう「私達」ができあがっているのだ。

 「私」が真ん中にあると、外から入ってきたものが「外から来たもの」と、分かる。

 音とか、声とか。 


 自殺霊に憑依されたときもそうだったな・・・・(遠い目、そのうち書こうかな)


 「私達は一緒」を実現するために「私はここまで」をしっかり認識しなければいけない。

 その上で、「私」を拡大して行き、「私達」に至るのだ。

 合氣道で武器技を練習するのは、自分の感覚の範囲を武器の長さと、それ以上の範囲に拡大するため。

 命のないものに命を宿す練習とも言える。

 刀を知人の刀鍛冶に打ってもらった。

 彼のオーラは緑色。

 打ち上がった刀も緑色の光を放っていた。

 私が数回振ったら、もう私の色、紫色に光っていた。

 かくして武器とも一体になる。

 話がそれた。


 一緒であることが尊いとして、それが目標だとして、それでも他者からの呼びかけだと感じると、よけいにうれしくなるなあ。

 ジレンマなのだ。

 神様が人類を創造したのも、意外と同じ目的だったのかも??

 神様の気持ちを忖度するなど、畏れおおすぎるが・・・

 
 「私」が一人歩きしてしまうと、今の文明のようになるのだろうな。

 「私」をしっかり確立して、「私達」に昇華するのが、ジレンマの解消法だ。

 水は、ジレンマが解消された理想形態。

 水に学びたいな。


 一方の極に行き過ぎると、逆に反動が行く。

 アルカリイオン水を飲み続けると、体質が酸性になるそうだ。

 人為的にアルカリ性にした水は、酸化しやすいからとのこと。
 
 
 浅はかな理想でいじった水や、遺伝子組み換え作物は、なかなか大変。

 主義主張も理想主義が行き過ぎると大変な事になる。

 共産主義なんかはその良い例だ。

 歴史、時間に磨かれた宗教や伝統などを、今の人間の理性で正そうとする愚かさ。

 自由、平等、友愛、人権・・・みんな虚構、ジレンマだ。
         ↑
 (博愛と言う訳もあるが、友愛が近い。友だけが愛の対象であり、他者は愛の対象外の意。)
 
 一番理想的だった社会は、江戸時代くらいだったのでは、と思う。

 ネイティブアメリカン、アボリジニの文化もすばらしかった。

 イルカの文化もすばらしい。

 彼らは、魚の群れを捕食するときに、弱った年寄りの魚から食べ、子供は食べないそうで。

 自分の群れの、力のないもの達から先に食べさせ、力のあるものは一番後に食べるのだそうだ。

 人間の世界と逆である。

 昔の日本人やネイティブアメリカン、アボリジニは、イルカに近かったかも。

 うちの母もそうだったな。

 貧乏だったから、買ったお菓子を母が食べているのを見た事がなかった。

 おや、また話がそれた。

 
 このところ夕立に恵まれている。

 「思いは叶う」と、雷雨のイメージを持つようにしている。

 私達は幸せだ。

 よく学校教育でやる、体験学習で不幸な人を見て、自分の幸せを実感するのではなく。

 ただ、ただ、私達は幸せだ。

 今日も「ありがとう」と、水に、生き物に、大気に、大地に、そしてお天道様に手をあわせる。
[PR]
by drkikurin | 2012-08-20 12:31 | 祈り | Comments(0)

水と命と祈り その3

平成24年8月 14日 21時30分 橋本市 曇 27CPM
          15日  8時    橋本市 曇 20CPM
              21時    橋本市 曇 34CPM
          16日  9時    橋本市 晴 32CPM
              20時30分 橋本市 曇 20CPM
          17日  6時40分 橋本市 晴 28CPM
 

 時々高い値が戻ってきた(T-T)。

 いずれもサーベイメーターでの測定では、0.1μSv/hを超えていません。

 ご安心を。

 カウント数の小さいガイガーカウンターでは、誤差の範囲が大きい。

 でも↑の値はそれなりに意味はある。


 近頃水や祈りの話を書いていたら、ネガティブな情報が書きにくくなってきた。

 自分自身の大学時代は、不条理な世の中に対する怒りをバネに、勉強をしていた気がする。

 大学院までその調子で、怒りにまかせて核融合を捨てたようなものだ。

 
 そろそろ卒業しないとね。

 
 「シリウス革命」と言う本がある。

 シリウスの意識体から来たメッセージを翻訳したものと言うが・・・

 宇宙人が書かせたとか、前置きは抜きにして内容は面白い。

 自分が見るように、宇宙も私達を見つめている、と言う。

 子供の頃不思議に思わなかっただろうか?

 自分から自分以外の人は見えるが、自分は見えない。

 自分以外の人からは、自分は、私が見ているその人のように見えるのだろうな、と子供ながらに考えた。

 人の数ほど宇宙はあるのだ。

 自分が見て、「あれはけしからん」とか、「なんて美しい」とか、感じる。

 けしからん!も、美しい!も、実は自分の鏡を見ている。

 ちなみに「かがみ」から「が・・我」を取れば「かみ・神」になる。

 神道の大事な教えの一つ。

 感じると言うことは、全部自分の中にあること。

 哲学科の人間が言っていた。

 「宇宙ってなんて美しいんだ。花も星も美しい。宇宙の本質は美ではないか?」

 「何故こんなに美しいんだ。」

 とても幸せな奴なのだ。

 「そりゃあおまえの中に、その「美」があるからだろう。」

 と、物理学科の私が答えたのは意表をついていた。


  ↑ これは魂の進化の話だ。

 水は流れようとする。

 命は進歩しようとする。

 美しいと涙できる人は幸いだ。

 私もそうありたい。

 
 一度書いたかな?

 プランターの朝顔の水やりを、誰かに頼むのを忘れて帰省した時のこと。

 しまった、連中枯れてるかな? と、半ばあきらめていた。

 早朝帰宅したら、なんと元気に咲いていた。

 「おはよう、お帰り。隣のおっちゃんに水もらっちゃった~♪」

 キャピキャピの女子高生ののりで、迎えてくれた。

 恨み辛みなんて全くなし。

 こんな精神を持ちたいな。

 後日、住んでるアパートの「隣のおっちゃん」が、ヤンキー座りでたばこを吸っているときに聞いた。

 「朝顔に水をやっていただけましたか?」

 「おお、孫が遊びに来ていてな。朝顔を楽しみにしていたんじゃ。」

 と。

 うちの朝顔は、その種を繋げ続けている。

 ベランダから見えるところにしか咲かない。

 見て欲しいんだ。

 だから、朝に咲いてる花を見てもらえない畑に植えると、元気がないのだ。


 彼らの方が、精神的には高くないか?


 水はミネラルをたくさん溶かす。

 カルシウム不足は、感情の抑制が出来なくなる。

 その原因は砂糖の取りすぎ。

 切れる子は甘いものが好き!

 水に溶ける108のミネラルは、108の煩悩を表すと聞いた。

 ミネラルは108もあったかな?なんて野暮は言わない。


 でも、もっと大事な「気持ち」も溶かして運んでくれる。

 多分、個体として離れた水にも伝わる。

 
 私達のすべき事は、自ずと見えている。

 と、言いながら、結構ブログには怒りをぶちまけるのだが。


 私達が、平和で幸福なお花畑のような思考になると、どうなる?

 隣国は喜んで攻めてくるだろうな。

 そのあたりが、この星に周到に仕組まれたジレンマなのだ。


 昔の日本はどうだった?

 剣を極めるために、友と斬り合ったりもした。

 友情を込めた一太刀で、倒した。

 戦中の日本の戦い方は見事だった、とイギリス人が言っている。

 イギリス軍が戦闘不能になると、途端に「打ち方止め」だったそうだ。

 生き残った船が、兵隊を救助するのを打たないどころか手伝ったそうだ。

 友情の生まれる戦いもあった。

 こんな戦い方をしたのは、日本軍だけではないか?

 
 こんな所に、国家の防衛の考え方もあって良い。

 ま、相手にもよるか。 ←これもジレンマ
 
 
 戦いの哲学の新しい形が、水の武術合氣道だ。

 宇宙の摂理通りに動けば、負けることが無い。

 どうすれば国のレベルに適応できる??

 ジレンマとは二極の対立なのだから、陰陽のバランスの象徴である水に答えがあるか。

 ジレンマをわざと作ったのが酸性水だったりアルカリイオン水だったり・・・・

 体に良いわけがない。

 合氣道の話が脱線した。


 とりあえず一人一人が信じたことをするしかない。

 「反対!と訴えるのも良いけど、もうさっさと作っちゃいましょうよ。」

 と、妻が言う・・・その通り。


 水は天から降りてくるときに、ぼた餅型になる。

 渦を巻いている。

 渦は浄化とチャージ。

 合氣道の動き。

 
 東北大の早川先生が、右回りのコマは軽くなると証明した。

 宇宙は回転に対して非対称だ。

 回転によって、宇宙の何かを積分・蓄積する。

 水は右巻きにかき混ぜると、エネルギーが増す。

 電場、磁場では、特に磁場が渦を巻く。


 今日もとりとめが無くなった。

 この話まだまだ続くかな・・・・・ちょっと休むかも。
[PR]
by drkikurin | 2012-08-17 16:42 | 祈り | Comments(0)

水と命と祈り その2

平成24年 8月10日 22時    橋本市 曇 18CPM
          11日  6時40分 橋本市 曇 29CPM
              22時10分 橋本市 曇 29CPM
          12日 10時30分 橋本市 晴 17CPM
              20時20分 橋本市 晴 19CPM
          13日  7時    橋本市 雨 22CPM
              20時10分 橋本市 雨 30CPM
          14日  9時    橋本市 雨 17CPM
 

 突発的に、線量の高い日がある。

 アメダスで、関西圏の風向きを確認すると、西風。

 福島由来ではないようだ。

 はてさて・・・・


 「水商売のお姉さんの兄さんは、ヒーラーである。」

 突然、とある巫女さんの言葉を思い出した。

 水に関わる言葉はたくさんある。

 水の結晶構造は6角形。

 六芒星の形に近い。

 陰陽の完全なバランスを表す。

 本当は、陰も陽も無いのだと言うこと。

 その意味をもって、上記巫女さんの言葉を考えると、納得できる。(のは私だけか??)


 水は自分がまとうミネラルや、クラスターで共鳴周波数が変わる。(←厳密な表現ではない)

 クラスターとは、電気的に少々分離している水分子が、互いにくっついてしまった固まりのこと。

 クラスターが小さいほど体への吸収がよい、と言われるが、吸収のよい水が良い水とは限らない。


 水はどうやら情報を記憶する。

 多分、水が共鳴する現象とメカニズムは同じ。

 身にまとうミネラルや、クラスターが振動数を変化させて、波動を記憶する。

 例えば、マンガンは愛情ミネラルと呼ばれていて、マンガン欠乏症のマウスは子供を食べてしまったりするそうな。

 赤水の対策として、マンガンを除去しているのが水道水。

 化学肥料で育った野菜は、特定のミネラルのみ多く含む。

 結果として、マンガン欠乏症の結果として、子どもの虐待が起きていると言えないか?

 スーパーで配っている、逆浸透膜の純水は危ないだろう・・・・・

 
 電子レンジは、強制的に水分子を共鳴させる。

 クラスターは小さくなり、記憶は失われる。

 気功をしている者の間では、電子レンジ調理が命の情報を失うことは常識である。

 
 ホメオパシーも同じ。

 水が宿した情報で、病を治す。

 医学界が「非科学的」と否定したと言うことは、逆に良い治療法だと言うことか。

 このあたりも詳しくは省きます。


 珍しく堅い話になった。

 
 人の体は、陰と陽のバランスが取れていると、うまく働く。

 上半身は陰、下半身は陽。(頭寒足熱)

 夏野菜は陰の特性を持つから、体を冷ます。

 冬野菜は陽の特性を持つから、体を温める。

 根っこは陽、葉っぱや実、花は陰。

 水はそれらを結んで、体を満たし、命を育む。  
 
 
 「結び」が水のもう一つの特性。

 「水は結ぶ」これも「愛」の表現の一つ。

 
 陰と陽を結ぶ。


 世の中には色々な出来事がある。

 それが良い悪いではなく、見えている現実が実は自分の内面なのだ。

 私ではなく「私達」であることを水は教えてくれる。

 人が善と悪の対比から学ぶのは、自分で選択したことなのだが、そこから脱出するためでもある。

 闇は光の一部でもある、とも言えるか。


 命は水の中で育まれる、のは偶然ではない。

 命とは何なのだ?

 科学は答えを出せるのか?

 ボーアが、「宇宙は3つのEで出来ている」と、予言した。

 1.Eternal 永遠  相対性理論 定数C(光速) 
 2.Element 素粒子 量子力学  定数h/2π(プランク定数)
 3.Ensemble 集合  ?     ?

 三つの宇宙定数があって、物理学は完結すると予言したそうだ。

 学生時分、「アンサンブル」と聞いて、とっさに生命ではないかとひらめいた。

 3番目のEを解き明かすためには、水が鍵だろうか。

 
 物理学の基本原理に、保存則がある。

 エネルギー保存則や、運動量保存則。

 良いことをしたら良いことが還ってくると言うカルマの法則は、物理学的だと思うが?

 
  早い話が、すぐに
 「水をきれいにしよう。」
 「水ときれいな言葉(祈りとか)で接しよう。」
  である。


 水は覚えている。

 木も水をくれたことや、根っこを踏んじゃったことを覚えている。
 
 植物の栽培方法で革命が!!と、言うニュースがあったが、植物にさわるだけだと。

 そりゃあ農家の常識だろう!

 みんな水が間にある。

 
 その、「水の結びの力」で放射能が除去できないかな、と・・・・・
 
 物理学的に言えば、分子レベルの力で核レベルの変化を、と言う不可能な事象なのだが。

 

 以下は、大好きな詩です。

 詩人の方が、水の本質を知っている。


 「水と影」 金子みすず

  お空のかげは、
  水のなかにいっぱい。

  お空のふちに、
  木立ちもうつる、
  野ばらもうつる。
  水はすなお、
  なんのかげもうつす。

  水のかげは、
  木立ちのしげみにちらちら。

  明るいかげよ、
  すずしいかげよ、
  ゆれてるかげよ。
  水はつつましい、
  自分のかげは小さい。
[PR]
by drkikurin | 2012-08-14 13:51 | 祈り | Comments(2)

水と命と祈り その1

平成24年 8月 8日 20時    橋本市 晴 14CPM
           9日  7時    橋本市 晴 19CPM
              20時    橋本市 晴 29CPM
          10日  6時30分 橋本市 曇 23CPM


 放射線量は、昨夜少々上昇。

 ようやく平常値で、安定しています。

 
 私は物理学が専門だったが、神秘体験が多々ある。

 ↑文章がおかしいぞ。

 霊的な存在も多々見たし、UFOも数回見た。

 普通の学者ならば、見てもそうは言わないか。

 まあ、分かる人にしか出現してくれないものだが。

 
 子供の頃弟と見たUFOは、もう生き物のようだった。

 二つの光が、遊んでいるように、山の端に見え隠れしながら、とんでもないスピードで飛んでいた。

 美しく、楽しかった。

 貧乏な我が家にカメラがなかった事が、悔しかった。

 無いから心に焼き付いている、と気づいたのは大人になってから。

 地球の文明は、高々原子力程度のエネルギーもコントロールできず、滅びかけている。

 心に争いなんかが存在していては、あんな文明には届かないのだろう。

 戦争を憎む気持ちが、決して平和を生み出さないのと似ている。


 私達は人間だ。

 人間はものではない。

 魂だ。

 魂が喜ぶもの、魂の進歩を助けるものが価値のあるもの。


 科学的なことを放り出して、畑を始めたとき、野菜のために水をいじっていた。

 水は共鳴することに気づいた。

 一つの水に起きた事象は、他の水と共有される。

 詳しくは省くが、世界中の水は同じリズムで呼吸している。

 元々水は、分子式や結合力から推測される物理量から、遙かにはずれた特性を持つ。

 氷が水に浮くから、海は氷に埋もれずに済む。

 水の誘電率が高いから、生命を育むミネラルをとどめることが出来る。

 100℃で沸騰し、0℃で凍る・・・・のはおかしい。

 地水火風空を5大元素と呼ぶ。

 地とは、地上の92元素だと言う。

 水はそれだけで一つの元素だ。

 江本勝さんが、良い言葉をかけた水が、きれいな結晶を結ぶことを写真集にした。

 例えば、「ありがとう」の言葉に起きた実験者の変化が水に現れて、それが実験用の水に共鳴したのではないか。

 祈りのエネルギーを運ぶのは、水なのだろう。

 祈りを音にすると更に強力だ。

 祝詞や声明、歌はその典型だろう。

 植物たちが、意思を疎通できているのは水のおかげかな。

 彼らは人が、声をかけるのを喜ぶし、うらやましがる。

 音にすると、エネルギーが大きいからだろう。


 もちろん悪い事件も共有する。

 私達の体のおよそ70%は水。

 福島の水の汚れは、確実に私達の体に及んでいる。

 とりあえず今できる確実な事は、ポジティブな言葉で祈ること。

 あ、合成洗剤やめようね。

 いつもは「思っているだけでは事態は動かない」と言うのだが、本当は動いている。

 
 チェルノヴィル原発事故の時は、森に水が湧いて浄化していったと、とある記事で読んだ。

 広島長崎の原爆の時には、菌が発生して放射性物質を無害化していったと聞いた。

 福島でも今、何か奇跡が起きているのかな?

  
 命の本質は、変化・流れ、止まることのない進化。

 水の本質も、変化・流れ、進化。

 流れを失うとどちらも眠る。

 
 流れの方向を定めているのが、私達の魂。

 始まりと終わりのない、永遠の光。

 
 和歌山県某所に、地脈の要を見つけたときのこと。

 ごうごうとわき出る大地の氣の上に腰をおろし、ヨガの呼吸を行った。

 バストリカープラナーヤーマ。

 表の意識が吹き飛んだ。

 自分が「今ここにある」と言う、闇を貫く純粋な光の柱になった。

 一言で言えば、純粋な喜び。

 「あ、今俺は地球に生まれてたんだっけ」と、自然に思い出した。

 そのうちに現実的な記憶、今どこにいて、誰と来ていて・・・・がアメーバーのように光の柱にくっついていった。

 そしてまた眠ってしまった。

 
 人は眠りながら人生を送るものなのだろう。

 目醒めないと・・・と近頃。

 私達は、始まりと終わりのない光。

 何も恐れる必要はないし、欲しがる必要もない。

 純粋な思いを抱けば水に伝わる。

 思って動けば世界は変わる!


 すこしぶっ飛んだ話も交えて、水の話を数回続けます。

 これで読者が離れるかな(笑)
[PR]
by drkikurin | 2012-08-10 12:18 | 祈り | Comments(3)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな