きくりん情報局

タグ:インフルエンザ ( 6 ) タグの人気記事

放射能汚染の今後

平成25年4月25日  8時20分 橋本市 晴 25CPM
           22時40分 橋本市 晴 22CPM
       26日  9時30分 橋本市 晴 23CPM
           23時30分 橋本市 晴 22CPM
       27日  8時    橋本市 晴 27CPM
           23時    橋本市 晴 27CPM
       28日  8時10分 橋本市 晴 28CPM
           23時    橋本市 晴 25CPM
       29日 10時    橋本市 晴 25CPM
       30日  0時30分 橋本市 晴 26CPM
            8時30分 橋本市 雨 20CPM
           20時20分 橋本市 曇 26CPM


 更新できずに測定結果が溜まってしまった。

 27日から29日にかけて、少々線量の高い日があった。

 1分計測だと40CPM近くになるから、測定時間を長くして平均すると、30以下に落ち着く。

 つまりは誤差の範囲とも言えるが、測定音から察するに、濃度の濃い飛来物があるようだ。

 毎度たいした事のない数値だが、土壌への蓄積がどの程度なのか、そちらの測定も定期的に必要だろうか。

 セシウムやストロンチウムなどの、半減期30年の放射性物質は、生成から数年でかなり線量が落ちる。

 数学の心得のある方は分かるだろうが、指数関数的に落ちる。

 ただ、その先がなかなか下がらなくなる。

 黒海沿岸の作物から、チェルノヴィリの原発事故由来の放射性物質が未だに検出されるのは、そのためだ。

 トルコの東側黒海沿岸などは、お茶やフルーツの産地だったりする。

 我が家のお気に入りのパスタはトルコ製。

 安くてほどほどうまい。

 測って見たら、うちの測定器の範囲では大丈夫で、安心した。

 1歳になる息子は麺類が好きなのだ。

 しかし、今1000Bq/kgあるのが、30年後に500Bq/kgになっても、どうなんだ?

 セシウムは水に溶けるから、雨の多い日本ではかなり流されて、線量は落ちるだろうが。


 世の中は大型連休中だが、継続的な休みに突入した私は、ずっと連休というか、休み無しというか・・・・

 支那では、H7N9型インフルエンザの患者数の公表を止めた。

 公表された百数十人の何倍の死者がいるのだろう?

 都会には近づかないに限るな。

 先日和歌山県内某所で行われたバザーでのこと。

 帰りがけに、知人のお店でドーナッツを買おうとした。

 そしたら妻が、そこからたくさんもらっていた。

 いつも色々世話になっているからと、色々理由を言ってくれた。
 
 いつも情報をいただいているから、とも言われた。

 関東の友人が言っていた、「情報と安全はタダだと思ってる者が多すぎる。」

 放射能測定をタダでやってくれと頼まれる事ばかりだそうで、いつも断っているそうだ。

 彼は自分の懐を痛めて、すでに100万円を超える機材を揃えている。

 それにたかろうとする人たちに比べて、なんと素敵な人たちだ。

 ブログを見てくれているだけなのに。


 植物に教えられた話を書こうと思ったが、また次回に。
[PR]
by drkikurin | 2013-04-30 23:49 | 放射線量 | Comments(0)

古民家再生その後

平成25年3月31日  9時30分 橋本市 曇 27CPM
             23時     橋本市 曇 20CPM
      4月1日   9時10分 橋本市 晴 31CPM
             20時40分 橋本市 晴 26CPM
         2日  9時10分 橋本市 晴 24CPM
             21時    橋本市 雨 30CPM
         3日  8時50分 橋本市 雨 25CPM
             21時    橋本市 曇 25CPM


 少々高止まりしているな。

 何か起きているのだろう。

 山梨の水道では、近頃もヨウ素131が検出されている。

 どうして問題にならないのか?

 半減期8日である。

 数週間以内に核反応があったと言う事だ。


 ラジオのニュースで、ホットスポット発見用の測定器が開発されたと言っている。

 日立アロカ製。

 指向性の高い装置で、線量の高い方向が分かるそうで・・・・

 そして、その線量は信用できるのかな?

 のどかなニュースだ。

 
 気になるニュースが少々。

 支那大陸で、新型インフルエンザで死者が出ている。

 H7N9だったかな?

 心配されていた強毒性のH5N1型ではない。

 さて致死率はどの程度か?

 かの国からの来訪者や在日外国人が多いのは、圧倒的に大都会。

 電車や劇場、人の密集するところは注意。

 がれきの焼却用対策で、N95マスクをしている人は、他の人よりは安全か。

 転ばぬ先の杖である。

 
 古民家の現状は、一部崩れた土蔵の修理に取りかかったところ。

 母屋は、業者がどうするのか決まらないと手を付けにくい。

 風水に明るい知人が、自分の事のように手伝いに来てくれている。

 彼には感謝の言葉もない。

 それにしても彼は何者だ??

 初めは玄関先に蛇が現れ、次に蔵のあたりに現れた。

 蛇は財運の象徴で、神様が家を見て回っているのだそうだ。

 そこで急ぎ蔵の修理に取りかかることになった。

 ノミを振るいながら、ふと目を転ずれば、山肌に山桜のピンクが鮮やかだ。

 極楽である。

 その集落の入り口に、桜の古木が立っている。

 見る度に鮮やかに咲いて行き、今日から散り始めた。

 これから毎年見せてもらえる。 

 一日でも早く住みたい。

 友人達に「祝引っ越し縁側コンサート」で演奏してもらおう。
[PR]
by drkikurin | 2013-04-03 23:30 | 放射線量 | Comments(2)

インフルエンザ、関東では

平成24年1月23日 22時30分 橋本市 曇 18CPM
         24日  7時20分 橋本市 雪 17CPM
             21時40分 橋本市 曇 23CPM
         25日  8時20分 橋本市 曇 21CPM
             19時40分 橋本市 曇 23CPM
             21時40分 橋本市 曇 29CPM
         26日  8時30分 橋本市 晴 16CPM
             21時30分 橋本市 晴 24CPM
         27日  7時50分 橋本市 晴 20CPM 


 およそ0.1μSv/h(22CPM)前後の値です。

 公称値よりは少し高め。

 時々、「あ、来てるな」と言うようなリズムの計測音が鳴ります。

 まだまだ安心しないでください。

 
 関東では乳幼児の突然死が増えてきていると言います。

 その情報にはデータがなかったので信憑性に欠けますが、およそ平年1年分の人数が1ヶ月で亡くなっていると言う内容でした。

 こちらはデータ込みですが、静岡で23日にインフルエンザでおよそ2570人欠席したそうです。

 通常1年通算で2000人前後なのだそうで、1日で1年分を上回ったとのこと。

 何故か東京よりは静岡が深刻??そりゃあ理由はあるでしょう。

 給食の牛乳が一番危ないかな、と所見します。

 放射能以前に、牛乳は体に悪いですから。

 それにしてもこんな状況で、「インフルエンザのワクチンを打とう!」にならないように注意してください。

 近頃のワクチンには色々添加物があります。

 チロメサールとかスクワリーンと言って、つまりは水銀です。

 おまけでアルミも入ってるそうです。

 水銀は自閉症の原因であると言われ、アルミはアルツハイマーの原因であると言われます。

 不妊症も副作用の一つです。

 その添加物濃度を無理なく体外排出するためには、計算上は体重125kg以上必要とか。

 それを子供に打つのです。

 インフルエンザは、ワクチンの接種量に比例して流行します。

 効果に疑問を持ち、中止した期間が一番発生率が少なかったそうですから。

 だまされないでください。

 放射能による免疫力低下とワクチンは、セット販売されるのでは?と勘ぐりたくなります。

 政府やWHOの指針は、「人口を減らす」の様に思えます。

 関東圏から健康相談を受けた知人が言っていました。

 「咳が止まらない」「経血が茶色い」「だるい」・・・。

 良いミネラル、つまりは海の塩を取ること玄米食が、消極的ですが効果的です。

 チェルノヴィリ原発事故後のロシアは、日本のみそを大量に輸入したそうです。

 不確定性原理の破綻、光速より早い粒子の発見など、無関係のように見えて、実は放射性物質の安定化に道が開けそうです。

 間に合え!!と祈る気持ちです。

 一番早いのは、やはり微生物による処理でしょう。

 ここにも塩が関わってきます。

 物理的な処理には、まだ少々時間がかかるでしょうか。
 
 その理屈は長くなるのでいつかまた。 
[PR]
by drkikurin | 2012-01-27 11:20 | 被爆 | Comments(0)

インフルエンザ

平成24年1月 1日  17時   橋本市  晴  23CPM
        2日  10時   橋本市  晴  23CPM
            22時10分橋本市  晴  18CPM
        3日  10時30分橋本市  晴  26CPM
            22時   橋本市  曇  27CPM
        4日  12時20分橋本市  雪  33CPM
            22時50分橋本市  曇  23CPM
        5日   8時   橋本市  曇  25CPM
            22時30分橋本市  曇  20CPM
        6日   8時   橋本市  晴  18CPM


 ようやく新年2回目のアップです。

 放射線量が微増です。

 冷温停止宣言がされましたが、根拠はあるのでしょうか?

 溶けた燃料が炉壁を突き抜けて、地面を降下中なのでは。

 早く手を打たないと、地下水がますます汚染されます。

 
 こんな折、中共のシンセンでH5N1型のインフルエンザで死者が出たとのニュース。

 このタイプのインフルエンザは、人→人感染がまだ出来ない状態なのか、微妙です。

 今後のニュースを注意深く見守りましょう。

 致死率が60%以上と、すぐに死んでしまうので、なかなか感染拡大しません。

 交通網の発展した大都市でこそ、パンデミックが起きる可能性があります。

 ちなみにタミフルやワクチンは効きません。

 と言うか、インフルエンザに効くワクチンはありません。

 国のデータにあります。
 
 効果が疑わしく、接種をやめていた時期が、一番発生率が低いのです。

 関わっていた方が、効かないと宣言しています。

 むしろ感染者を増やす接種を、何故するのでしょうか?

 諸外国ではワクチン接種がもたらした事故を、大々的に報道していますが、日本は??

 賢明な方は予防接種は拒否しましょう。

 予防接種で撲滅できた病気は無いそうです。

 汚染地域の方は免疫力が下がっていて、かかりやすくなるかと思います。

 口に入る物を気をつけて頂けるよう、望みます。

 
[PR]
by drkikurin | 2012-01-06 12:05 | 放射線量 | Comments(2)

インフルエンザ

平成23年12月3日 0時     橋本市   曇 19CPM
             10時30分 彦根市   曇 18CPM
          4日  8時    彦根市   曇 19CPM
             22時30分 橋本市   晴 18CPM
          5日  7時30分 橋本市  晴  24CPM
              23時15分 橋本市  晴  17CPM
          6日  7時10分 橋本市  晴  24CPM
              22時    橋本市  晴  29CPM
          7日  8時15分 橋本市  晴  27CPM


 一時期平常値に戻ってきていましたが、また高くなってきています。

 今年のお米は、昨年の5割り増しから2倍程度に収穫出来そうです。

 土も良くなってきて、こちらの技量も経験も上がってきたのでしょう。

 なかなかありがたいです。

 大地は恵に満ちています。


 新型インフルエンザのニュースがありました。

 強毒性のインフルエンザH5N1型の、人→人感染をするものが、実験的に完成したとのことです。

 公表してどうする!!

 突っ込みたくなりました。

 あまりにすぐに死ぬので、感染しにくいのですが。

 こんな時期にプレパンデミックワクチンを摂取したりすると、ますますウィルスの進化を早めます。

 スペイン風邪が猛威をふるった時期に、一人も死亡者を出さなかった療養所があります。

 ケロッグ博士の施設です。

 非常に原始的な手法です。

 科学的な手法に頼る必要はありません。

 人は強いのです。
 
 意志のある方はケロッグ博士の手法を調べて見て下さい。
[PR]
by drkikurin | 2011-12-07 09:41 | 放射線量 | Comments(0)

O-104その2

平成23年6月11日(土) 午後10時10分 橋本市  曇り  32CPM
                    10時30分 郡山市             1.7μSv/h 


10時くらいに測ったら、17CPMだったのが突然増えてきました。現在32CPMです。

どちらにしろ大したことのない値です。

郡山は大したことのある値です。数値が落ちて行きません。

前回病原性大腸菌の進化の話をしました。

インフルエンザも似たようなプロセスを経ます。

元々鳥の病気なのですが、人間と鳥が同居して、近い距離で生活するようになって、人に感染するように進化しました。

毒性の強いH5N1型のインフルエンザは、まだ人から人へ感染する能力は得ていません。

しかし、死亡率が60%と言いますから驚異です。

とあるお医者さんに、話を聞く機会がありました。

誰とは言えないので、私の独り言と思ってください。

伝染病が流行ったりすると、その遺伝子を解析したりする要請が来るそうです。

ところが以前流行ったSARSは、解析依頼が来なかったそうです。

そう言う場合は生物兵器である可能性が高い、とのことでした。

そう言えば、有色人種にのみ感染する奇妙な病気でした。

死亡率の高い伝染病は、かかるとすぐ死んでしまうから、広がりにくいのだそうです。

今は交通網が発達しているので、そうも言えない状況かも知れません。

豚インフルエンザが日本で流行った時は、兵庫の高校生が関西の第1号でした。

不思議なことに、病原菌への接触経路が全く分かりませんでした。

知人が地図を調べて、こんな事を言いました。

「その学校は、WHOの研究所と同じ駅を使っている。」

その駅を降りて山側に行くと高校、海側に行くとWHOなのです。

そこには豚インフルエンザの病原菌が持ち込まれていたかも知れません。

まあ、偶然の一致でしょうか。WHOが原因をねえ・・・・・・・・

なんだか訳の分からない話題になりました。

危機意識の強い私が書くと、あっちもこっちも危ないという話になります。

被災地では肺炎と、インフルエンザが流行っているようです。

放射線で免疫力が落ちたところに病原菌が入るからでしょうか。

チェルノヴィリの事故でも、肺炎が流行ってたくさん死んだとあります。

今放射性物質に汚染された食べ物が、出荷されています。

これらの放射線量も、浴びるのと同様に身体にダメージを蓄積します。

こうなってしまったのは、市場経済で、お金が最優先する世の中になった為でしょう。

育てやすければ、遺伝子組み換えでも何でも良い。

収穫直前に農薬もかける。 いや、これは消毒という行為で・・・・

自分の前からいなくなって、お金が代わりに残ればそれで良しなのです。

放射能なんてかわいいものかも知れません。

エネルギーのことは、次回にでも・・・書いていると話がそれてしまいます。

ご容赦を。
[PR]
by drkikurin | 2011-06-11 22:30 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな