きくりん情報局

今朝の線量

 平成23年3月23日 午前8時 橋本市 晴れ    17CPM

 ようやく通常値に戻ってきました。
 このところの少々高い値でも心配はないのですが、何かが起きていたことを推測させます。

 現場で文字通り必死に作業をしている方々に、心から感謝します。

 ご無事でご家族の元へ帰られることを、切に祈ります。

 では仕事に行ってまいります。
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-23 08:44 | 放射線量 | Comments(0)

大阪での線量

平成23年3月22日 13時50分 大阪市 晴れ   19CPM

 急遽手に入れたガイガーカウンターのキットが、無事組上がり、無事作動しました。
 大阪では通常の値です。

 さて、チェルノヴィリ原発の事故と、今回の福島原発の事故を比較したいと思います。
 
 チェルノヴィリ原発は黒鉛を減速剤にした、プルトニウム製造用の原子炉でした。
 高エネルギーの中性子をなるべく減速させずに、ウラン238に当て、効率よくプルトニウムを製造します。

 一方福島原発は、電力を目的とした、沸騰水型原子炉です。

 原子炉とは困った物で、出力を押さえるとXe(ゼノン)ガスが出ます。
 ガスが発生すると水に浸かった燃料棒がむき出しに近くなり、中性子が減速されず、加速的に反応が進む様な構造、それがチェルノヴィリ原発でした。正のボイド係数と言います。

 一方日本国内の原子炉では、福井にある高速増殖炉もんじゅ以外は、ガスが発生し、燃料棒が露出し始めると、反応を抑えるように働く構造です。負のボイド係数と言います。


 楽観的に考えるに、今回の事故では、炉が非常停止し、余熱が色々悪さをして、冷却機能が失われたことも追い打ちをかけて、様々な事故が起こっていると所見します。
 
 今回は臨界爆発は無いと、楽観的に考えます。

 ただ、3号炉はプルトニウムを混ぜたMOX燃料を使っております。
 反応の早いプルトニウムが混ざっているため、この推測がどの程度当たるかは分かりません。

 現場で必死の作業を続けておられる技術者、自衛隊、消防、皆さんの働きに、希望を繋ぎます。

 細胞壁が破壊される線量の理論値を遙かに超えて、作業を続けておられます。
 ペトカウ理論と言いますが、あまりに悲観的な数値なのかも知れません。
 
 何だか分かりませんが、自信があります。
 日本は大丈夫です。
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-22 14:17 | 原発の構造 | Comments(0)

今朝の線量

 平成23年3月22日 8時 橋本市 曇り   34CPM (通常は10~20CPM)

 少々高いです。 心配ないレベルですが、数日前に何事かが起きていたというのは推測出来ます。
 では仕事に出かけます。

 行ってきます。
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-22 08:38 | 放射線量 | Comments(0)

祈り その2

 平成23年3月21日 午後10時半  橋本市 雨  20CPM (通常は20~10CPMです)

 知人からのメール拡散のお願いがあり、アップいたします。
 引用メールのまた引用ですが、読んで、よろしければ拡散して、一緒に祈ってください。

----< 以下本文、原発の現場で働いているご家族からの依頼です。>----
みなさん、
どうかお願いがあります。
祈りを、皆さんの祈りを、
今、福島原発で命がけで我々の国、この日本を、国民を、あなたを、
あなたの家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳から上、もう子育ても終わりに近いので思い残す事は無いと志願者となったようです。
その様な志願者が50名

時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募ったのです。
中国電力の原発勤務40年というある男性が
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
翌朝、いつも出勤する時のように「じゃあ、いってくる。」
と言って玄関を出たそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで昨日(16日)、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら、私達は今、この時を、この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロに近かったんです。
今のこの時間は彼等のおかげなのです。お願いです皆さん
祈って下さい!
皆さんの祈りを、
作業が成功するように祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!

----------< 引用ここまで >-------------

 臨界寸前であった、とはニュースには出来ないでしょう。
 半径300km・・・と言うのも、多分チェルノヴィリのデータが頭にあったのでしょう。
 数値に突っ込まないでください。

 今回、原発の爆発を阻止するために、命がけで負けられない戦いをしている方々を知ったことで、戦中の、出征する兵士を見送った家族の気持ちが初めて分かりました。
 あきらめたり逃げたり倒れることすら出来ません。
 みなさん死を覚悟しておられます。
 
 今回の事故を予見していた方から、同様のお願いが届いています。
 正午と午後3時、午後8時に祈りますので、祈り合わせをお願いします、とのことです。
 もし覚えておいていただけたら、この時間に合わせて祈ってください。
 
 よろしくお願いいたします。
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-21 23:43 | 祈り | Comments(0)

原発からの排ガス

 平成23年3月21日 午後4時50分 橋本市  晴れ  21CPM    (通常は10~20CPM)

 さて、原子力発電所にはでかい煙突がありますが、何を排出しているのでしょうか?
 
 核反応の際には様々な放射性物質が出ます。
 その中にヨウ素があります。
 何種類もあるのですが、およそ8日で放射能が半分になると思って下さい。
 数時間で半分になるものもあります。

 発生したガスは、タンクに貯められます。
 半減期が短いので、そのうち放射線を出さなくなります。
 そして大気中に放出されます。

 昨年12月の佐賀県の玄海原発では、MOX燃料と呼ばれる、プルトニウムとウランの混合燃料を使った実験をしていました。反応の早いプルトニウムが混ざっているために、予想外のヨウ素の大量発生に見舞われたようです。

 そこでタンクに貯めきれなくなり、深夜2時くらいに放出したのではないかと推測されます。
 
四国某所では通常の1000倍の放射線量だったようです。
 
 
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-21 17:01 | 原発の構造 | Comments(0)

低線量被爆

 被爆の種類について少々書きます。
 
 まず放射線にはα線、β線、γ線、(X線;γ線より少々波長が長い)があります。
 α線 ヘリウムの原子核
 β線 電子線
 γ線 短波長の電磁波

 放射線治療などでガンを焼くのはγ線(X線)です。透過力が強く、鉛の板でもおよそ8cm以上の厚さがないと止められません。
 
 β線は、電子線なので磁力で曲げられ、金属の薄い板などで簡単に止まります。

 α線は、粒子なので衣服程度で止まります。

 原爆などで直接被爆するのは、γ線です。
 かなりの強度でないと細胞壁を破壊出来ません。
 細胞壁を壊すには16mSv程度の線量が必要です。
 外部被爆と呼ばれるのは、主にγ線で外から焼かれることを言います。

 一方体内に放射性物質を取り込むと、取り込まれた物質の集まる場所に取り込まれます。
 ヨウ素は甲状腺、ストロンチウムは骨、セシウムは骨や生殖器
 そこで放射線を出すので、付近の細胞が焼かれます。
 このときは、透過力のないβ線、α線が問題になります。
 体内に取り込まれると、1μSv程度、外部被爆の約一万分の一で細胞壁を破壊します。
 これを低線量被爆と言います。
 
 放射線科学の授業では、放射能に安全な基準は無いと、はっきり教わります。

 気をつけていただきたいのは、食べ物に付いている放射性物質だったり、
 空気中に漂うチリ、雨に吸着して落ちてくる降下物です。
 
 原発に近い地域、原発の風下に当たる地域では、外出時のマスクが有効ですし、
 雨には濡れないように、と言うのは正しいです。
 放射線量が比較的小さくても安心しないよう心がけて下さい。


なお、原発に関する面白いアニメ「源八おじさんとタマ」を見つけましたので、リンクしておきます。


[PR]
# by drkikurin | 2011-03-21 16:43 | 被爆 | Comments(0)

祈り

 平成23年3月21日 午後3時40分 橋本市  雨上がり       20CPM
 
 30CPM台だった昨日より線量が少々落ち着いてきた様に思います。

 東北地方の神様は、関西地方の神様と少々趣が違います。
 ”アラハバキ” と呼ばれる古代の神々です。

 多分この神々からインスピレーションを頂いているだろうアーティストに「姫神」があります。
 被災された方々、被災地で命を省みずに戦っている技術者、自衛隊員、消防隊、警察官、被災者達・・・・
 この人達に祈りが届くようにと、「姫神」の音楽(「遠い風」)をバックに祈っています。

 これほど日本に、祈りのエネルギーが集まることは今まで無かったでしょう。 
 そして、被災地東北の人々の行い、技術者達の奮闘が世界を驚かせています。
 世界を覚醒させつつあると言えるのではないでしょうか。

 祈ることしかできません。
 亡くなられた2万もの人々の魂も、残された愛する人々を護ろうとしている・・・・
 「頑張れ!頑張れ!」
 
[PR]
# by drkikurin | 2011-03-21 16:06 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな