きくりん情報局

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

元素転換

平成26年4月9日  9時30分 橋本市 晴 24CPM
             23時10分 橋本市 晴 21CPM
        10日 23時40分 橋本市 晴 26CPM
        11日  6時10分 橋本市 晴 21CPM
        12日 24時     橋本市 晴 26CPM
        13日  9時     橋本市 曇 21CPM
             23時10分 橋本市 曇 22CPM
        14日  8時20分 橋本市 晴 21CPM
        15日  0時40分 橋本市 晴 18CPM
              6時50分 橋本市 晴 25CPM
             23時     橋本市 晴 21CPM


 放射線量は、問題なし。

 むしろ現状ではPM2.5とか、農薬の方が問題か。

 
 三菱で、元素転換による放射性セシウムの無害化に成功したとのニュースがあった。

 めでたい。 → ここ

 こんなニュースが日経新聞に載るのだから、時代は変わったな。

 「嘘つき新聞日経」なんて記事も上げたが、これは嘘でないことを望む。

 ニュースソースに乗らない個人研究家でも成功したとの知らせもある。

 未来は明るい。

 消費税増税で経済がまた下降を始めているのも、きっと何かの啓示なのだろう。

 お金を拝むのはもう止めようと言う事だろうか。

 中共のバブル崩壊も秒読み。

 その中共に空母を売ったり、そのEUへの違法移民の窓口になっていたウクライナでも色々起きている。

 国柄に見合った出来事なのだろうかな。


 ところで、先日お会いした戦中派の紳士から、とある本を受け取った。

 シャウベルガーの研究や哲学をまとめた本だ。

 興奮するほど面白い。

 そのうちかいつまんでアップしようかな。

 例えば以前書いた「水は記憶する」と、同じようなことを書いている。

 そこで気付いたこと。

 原子炉の冷却に、大量の海水が使われる。

 藻が付かないように、大量の塩素が投入され、それが海に流され、温水と共に生態系を激変させる。

 それが問題と思っていたが、原子力というおぞましい波動を、水は至近距離で記憶してしまうのだ。

 そちらの方が、はるかに自然界にとっては害悪なのだと、気付いた。
 
 その紳士からその他の文献を多々渡されて、「研究して欲しい」と、託された。

 まずは取りかかってみたい・・農作業の後かな・・・

 で、私で良いのかな??


 余談だが、先日久しぶりに刀を抜いて振ってみた。

 光がほとばしる。

 刀が喜んでいるのがよく分かる。

 私のオーラーの色は青紫から紫。

 通常は私の色で光るのだが、緑がかっていた。

 浄化の色から創造の色へ??

 何かが変わってきたのかも知れない。

 
 山は新緑に変わりつつあり、山菜、特に蕨がたくさん採れ始めている。

 もうじき蕗が採れる、のびるもゼンマイも、蕨もイタドリもうまいぞ~。

 息子の誕生祝いに植えた果樹も、多々芽吹いてきた。

 わけも分からずウキウキしてくるが、その中にほんのわずかだけ不安のエネルギーが内在している。

 捨ててしまえと思うが、さてはて・・・・

 この地球では、相反することから学ぶようにプログラムされている。

 平和や愛や希望や、きれい事の中からさらにきれいなことを学ぶようには出来ていない。

 気付きのためのアンチテーゼとして、捨てずにおくべきか、迷うな・・・・
[PR]
by drkikurin | 2014-04-16 23:31 | 放射能除去 | Comments(3)

蜂がいない

平成26年3月31日  9時50分 橋本市 晴 22CPM
              23時50分 橋本市 晴 19CPM
       4月 1日  8時     橋本市 晴 23CPM
              24時     橋本市 曇 20CPM
          2日  9時40分 橋本市 晴 25CPM
              23時20分 橋本市 晴 23CPM
          3日  6時20分 橋本市 晴 26CPM
              23時20分 橋本市 雨 28CPM
          4日 13時20分 橋本市 曇 29CPM
              23時     橋本市 曇 32CPM
          5日  6時30分 橋本市 晴 28CPM
              22時50分 橋本市 晴 29CPM
          6日 23時40分 橋本市 晴 17CPM
          7日  9時50分 橋本市 晴 25CPM
              24時     橋本市 晴 26CPM
          8日 10時40分 橋本市 晴 14CPM
          9日  1時20分 橋本市 晴 23CPM
 

 3日から線量の高い日が続いたが、収まってきた。

 何かが起きていたのだろうかな?

 情報は無し。

 
 近頃恐ろしく思うのは、春の花盛りの畑に、蜂がほとんど来ないこと。

 近所の養蜂をしている方も、我が家の前を通りかかる度に「蜂がおらん」と、ぼやく。

 蜂がいなくなれば、人類は5年と持たないと何処かで読んだ。

 原発やエネルギー問題など色々有るが、目の前で展開している些細な事実が怖い。

 現代農業という座視で呼んだが、ネオニコチノイド系の農薬を使用すると、基準値の10分の1でも蜂の巣は崩壊して行くという。

 名前の知れている農薬は、「ダントツ」「スタークル」そして養蜂家さんが言っていた、「一発」だ。

 もしどなたか農家の方でこれを読まれているのなら、今年の作付けからはこれらの農薬を止めて欲しい。

 そして、有機農にしてくれとまでは言わないから、在来の有機リン系の農薬にもどして欲しい。

 水溶性のネオニコチノイド系農薬は安定で分解しにくく、無臭で蜂も気付かない。

 そして植物も吸い込み、大地にも浸透して行く。        
  
 EUでは禁止されたが、日本では基準がゆるめられた。

 EUに輸出できなくなった在庫を、日本と東南アジアに押しつける算段かも知れない。

 
 もう一つ、危惧すること。

 ケムトレイルがひどい。

 ケムトレイルと、蜂がいなくなっていることの因果関係はないのか?

 昨日4月7日、太陽の回りに虹が丸くかかっていた。

 美しさのあまり、手を合わせてしまった。
 
 一方でふと、ネガティブなことを考えた。

 7日の空には飛行機が撒いたケム(微粒子)が広まっていて、これが虹の成因ではないかと考えた。

 間違いであることを望む。

 

 春はウキウキするが、百姓は忙しくなって来た。

 身体がなかなかしんどい。

 先日6日、とある神社の催し物に出た。
 
 午後にミゾレが降った。

 我が家の山にも降ったようだ。

 出始めていた蕨が軒並みやられた。

 楽しみにしていたのに、しもやけのようになっていた・・・残念。

 神社の催事でこれなのだから、何かあるのだろう。

 個人の努力では及ばないことも多々ある。

 地球の自浄能力を信じるしかないか。
[PR]
by drkikurin | 2014-04-09 02:14 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな