きくりん情報局

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラウンドアップ 

平成24年 7月27日 20時30分 橋本市 晴 20CPM
          28日 11時20分 橋本市 晴 22CPM
              23時    橋本市 曇 25CPM
          29日  9時10分 橋本市 晴 26CPM
              22時30分 橋本市 晴 23CPM
          30日  7時50分 橋本市 晴 22CPM


 放射線量は落ち着いています。

 この暑さ、福島第一原発で処理作業をしている人達の不快指数は、200%を超えているのでは。

 先日書いたストロンチウムの記事の続きです。

 セシウム137もストロンチウム90も、生成率は6%前後でした。

 しかし、事故後、福島あたりの放射性堆積物の比率は、ストロンチウムの方が一桁少ない。

 比重の差なのか、検出方法の差なのか、分からない。

 理由はあるのだろうが、私は知らないと言うべきか。

 それにしても6Bq/kgは少ないな・・・・


 しかし毎日暑い。

 水無月とはよく言ったもので、雨がない。

 田んぼの水もいつまで持つやら。

 田んぼと別に借りている畑の隣の畑で、どうも除草剤を使っている。

 親切に、うちの畑の土手の一部にも撒いてくれているいるようだ。(T-T)

 モンサントの除草剤ラウンドアップ(根こそぎ)に関する記事があった。→ここ

 遺伝子の異常に関する記事。

 しかし何で、6.66μグラム/リットルなんて濃度で実験するんだ??
 
 水で薄めたとして、3リットルの水に、20μグラム入れた事になる。

 20μgって? 20グラムの100万分の1。

 2/300000000 に薄めて、血液と肝細胞に遺伝子異常が・・・とある。

 ついでに言えば、不妊効果もあるという。

 ラウンドアップ耐性を持つ遺伝子組み換え作物も、マウス実験では3代目には子供が出来ないという。

 これで人口抑制に繋がるのだから、良いことをしているとでも言うのか、勘弁して欲しい。

 ひょっとして、原発事故もその一環か?


 暑くて思考が巡らない・・・ 

 いっそ放射線管理主任者の国家資格を取ってしまえ、と、物理以外の生物学、化学、法律を勉強していたのだが。

 気がついたらもう締め切りは、とっくに終わっていた。

 ああ・・・・何で年一回しか試験がないの?

 夏ばても手伝って、脱力である。


 こんな暑さの中で、よく合氣道の稽古をしていたものだ。

 諸般の事情から稽古に行けていない。

 合氣道の稽古をすると、なんだか自分が取り戻せるように感じる。

 刀も振れていないな。

 

 それにしても暑さ厳しい折、皆さんもご自愛のほどを。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-30 14:11 | 放射線量 | Comments(0)

誰が得をする?

平成24年 7月24日  20時40分 橋本市 曇 14CPM
          25日   7時10分 橋本市 晴 18CPM
               20時20分 橋本市 晴 24CPM
          26日   5時50分 橋本市 晴 28CPM
               22時40分 橋本市 晴 24CPM
          27日   9時    橋本市 晴 21CPM


 線量は、少々落ち着き気味です。

 本来なら、20CPM前後が正常な値。

 福島の原発事故以来、線量の測定が日課になりました。

 一方、全国のストロンチウム汚染が、公開された模様です。

 測定は毎年行われていましたが、民主党の事業仕分けで仕分けられ、2年ごとになっていた。

 「2年に一回じゃだめなんですか?」とか、「α線β線γ線一度に測れないのか?」等と、技術の素人議員が、仕分けで吠えていたそうで。

 本当にろくな事をしない。

 60年代の核実験ブームの頃の10分の1とか。

 6Bq/kg ?

 核反応では、たとえて言うなら、235の重さの原子が、130と90位の原子に壊れる。

 ヨウ素131とか、セシウム137と、ストロンチウム90など。

 セシウムが、所により100万ベクレルを超えているのに、ストロンチウムが6ベクレル??

 何故??

 意図的な数字ではないのかな?
 
 民間で調べるしかないのだが、ストロンチウムはβ線しか出さないので、定量的な測定は難しい。

 私も挑戦してみるが・・・・いつになるやら。


 世間の話題はコスプレイとオスプレイ。

 橋下市長のコスプレイは、コメントを控えたいが。

 政治手腕で評価しろよ、と言いたい。

 それにしても大阪の首長は、痴漢だったりコスプレ好きだったり、これも住民の民度が現れているのだろう。

 電車の中での大阪人のマナーには、毎度辟易とする。

 
 一方オスプレイは、配備に反対する人が多い。

 事故の原因は、多分ジャイロ効果で、高速回転するローターの向きを変えるときに発生する応力が原因ではないかと思うのだが。

 その程度は、設計者達がはじめから知っているだろうから、なんらかの対策は立っているだろうか。

 いっそ垂直上昇機ハリヤーでも配備すればよいのに。

 沖縄の首長は、この二代帰化人が選ばれている。

 仲井真、稲嶺両氏。

 一般的な考え方として、支那のスパイ(草)であることを疑うべき。

 防衛力を強化することで、何処が損をするのか得をするのか。

 オスプレイの配備で、本当に困るのは誰?

 日本の大学では戦略論などの講座は、防衛大学にしか無くなってしまった。

 考えてみよう。

 「普天間の子供を守れ」と言っている人達は、沖縄の人?

 その人達は、反対運動に支障をきたすとして、小学校の移転を2度にわたって反対、つぶしている。

 子供を守るのではなく、自分のイデオロギーのために子供を人質に取っている外道である。

 普天間基地が出来たときには、周囲に小学校なんて無かった。

 子供を人質にするな。

 おまえ達が、体を張って止めろ。

 何に反対しているのかも分からない子供を動員するな。

 その子の頭で考えられるように育ってから、彼らに判断させろ。

 蛇足だが、ある巨大宗教団体の信者が「両親が信者で、良さを知っているから」と言っていた。

 両親がそうだったからじゃなくて、自分で考えて感じて信仰したのか?

 アメリカ人の、宗教学が専門で全米スチューデントアワードも受賞した友人が、こう言った。

    「両親が信者だから」なんて言うのは、自分で考えて信じているのじゃない。
          そういう輩を偽善者(Hypocrite)って言うんだ。

 子供には考える下地こそを与えて、自分の考えを強要するな。

 ましてや自分の活動に動員するな。


 米軍基地反対の集まりが沖縄であるときには、本土から来る活動家で沖縄のホテルがいっぱいになるそうで。

 経済効果のために、あまりそれを指摘しないらしい。

 
 沖縄は、その位置が不幸にも地政学的に重要な島だ。 
  
 ペリーも沖縄に寄港し、乱暴狼藉の限りを尽くしていった。

 100年来のアメリカの悲願だった沖縄を、彼らは手放さないし、支那も同様に欲しいのだ。

 どうすれば沖縄の同胞を守れる??

 先の大戦では、沖縄では唯一の地上戦が戦われた。

 沖縄を守るために、大和も、特攻隊も沖縄へ向かった。
 
 大和には、女性用のナプキンを50万個ほど積んでいたそうだ。

 世界最大の戦艦にナプキンを積んで戦地へ向かう、その優しさに涙が出ないか?

 大和は、特攻攻撃ではなかったのだ。

 残念ながら沖縄に届かなかった。

 沖縄は、本当に大事な土地。

 「沖縄県民斯ク戦へり。後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と太田中将も、言葉を残した。

 日本人にとって、様々な意味で、本当に本当に大事な聖地だ。

 「平和」を叫んでいれば守れる・・・わけがない。

 ジョンレノンの「イマジン」を、みんなで歌ったからと言って事態は動かない。

 彼は彼なりに戦った、真の勇者だったが。

 沖縄で平和を叫んでいる人達の後ろには、さてどんな背後関係があるのか?

 反原発運動の背後関係と重なるが・・・

 締めはいつもの繰り返し、 
 
 「きれいな言葉に気をつけろ。」

 「現実的に考えろ。」
 

 誤解の無いように付記するが、私は現実的に科学的に考えて、反原発だ。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-30 10:25 | Comments(0)

まだ寝ていない

平成24年7月20日 20時50分 橋本市 曇 31CPM
         21日  5時20分 橋本市 曇 34CPM
             20時    橋本市 曇 23CPM
         22日  8時30分 橋本市 晴 25CPM
             23時    橋本市 曇 24CPM
         23日  7時50分 橋本市 曇 17CPM
             20時10分 橋本市 曇 26CPM
         24日  8時40分 橋本市 晴 20CPM



 数日前、福一で爆発があったようです。

 その為か、少々高い値が続き、近頃落ち着いてきた。

 郡山の甥や姪に連絡しようとしたら、携帯を紛失、連絡できず。

 意外ともろい、情報網でした。

 でも、何度危ないと連絡しても、何も対策をしないし、避難もしない。

 心配がうるさいのかもしれない。

 千葉や群馬では、まだヨウ素131が検出されている。

 福島では、ヨウ素を測っていないようだ・・・・

 ヨウ素の半減期は8日。

 福一は生きている。

 ヨウ素が検出=核反応は停止していない

 セシウムにはカリウム、ストロンチウムにはカルシウムの摂取が効くが、ヨウ素はまんまヨウ素なので、事前にヨウ化カリウムなどを摂取しないと効果がない。

 特攻隊が派遣されているようだ。

 無事帰れよ。

 
 科学には裏と表がある。

 表の科学の代表は、ノーベル賞受賞者などの名の知れた科学者達。

 裏の科学で名の知れているのは、テスラ、サールなど。

 理研だったか電総研だったか、磁石の配置を工夫したら、その中に置いた物が消えたと言った科学者がいた。

 その科学者も1週間後には消えた。

 何処へ行ったのか?

 フィラデルフィアエクスペリメントを地でいってしまい、口にしてしまった。

 消されたのか連れて行かれたのか?

 そんな科学者達は意外と多い。

 こんな風に放射能の汚染が広がっているのは、裏の科学では放射能の制御法が確立されているのかもしれない。

 事故を誘発した彼ら自身が住めなくなっては困るからだ。

 
 大学で教わっている電磁気学の基本方程式、マクスウェル方程式は不完全であることを、日本人が解明した。

 日立総研の外村さん。

 先日亡くなられた。

 不完全であるのにもかかわらず、教科書は訂正されない。

 真実は学校では教えてもらえないのだ。


 なんとかこの局面を打破したい。

 その前に自分の生活基盤の、この会社が大きな実績を・・・まああの社長だから大丈夫。

 
 知人の、大好きな逸話がある。

 近所を徘徊している「御大師様」と呼ばれる、いわば物乞いのような変な人がいたそうだ。

 門前で施しを求めて追い払われたりすると、「この家が火事になりますように」なんて唱えていたそうで。

 本当に火事になったりしたそうだ。

 それを見ていた知人が、「そんなことしてたらあかんよ」と、一部屋あてがって面倒を見たそうだ。

 そこの子供達は、「うちらは御大師様に育てられた」と笑いながら言う。

 本当に御大師様だったのでは?

 イエス様は「一番貧しい者惨めな者が私だ」と言われた。

 ある日その御大師様が「○○家が幸せでありますように」と門前で手を合わせていたそうだ。

 御大師様が亡くなられた今も、その祈りは今も続いているのだろう。

 
 私達は身内も知り合いも含め、誰かの幸せを祈らないではいられない。

 そんな祈りが、日本が再生する原動力になるように、今日も祈りたい。

 笑ったら放射線量が下がったそうだから、祈ったらもっと下がるかも?

 一人一人が、再生の原動力だ。

 自分を信じて、他者という自分を信じよう。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-24 14:05 | 祈り | Comments(0)

祈りと仕事と子供達

平成24年 7月18日 22時    橋本市 晴 25CPM
          19日  8時20分 橋本市 晴 31CPM
              21時30分 橋本市 晴 19CPM
          20日  7時    橋本市 雨 23CPM
 

 昨日、田んぼの草抜が一段落し、ようやく息抜きが出来た。

 水をたたえた水田は美しい。

 およそ3ヶ月、水の中で稲が育ちます。

 稲は美しい。

 ついつい手を合わせたくなる。

 時々高い放射線量を記録するが、自然農は多分被害が軽微であるはず。

 測定も含めて最善を尽くす。


 ところで私は、経済的には化粧品の開発で生計を立てている。

 物理学的な思考は、あまり役に立たなかった。

 肩書きは役立っているようだが・・・・でも多少は役だったかな?

 一方、気功とかヨガ、植物や水と多少コミュニケーションが取れる感性は、かなり役だった。

 どんな成分がどう何処に効くか。

 冷ますのか暖めるのか。

 彼らに聞いて、それらを結んで化粧品にする。

 例えば悪者にされているパラベン。

 純粋な、命のない、方向性のない殺菌保存料。

 ところが流行は、生薬の成分で、殺菌保存すること・・・・

 生薬や漢方は、そのエネルギーや情報が、人体に取り込まれる。

 「殺す」と言うエネルギーまで取り込む。

 大丈夫なわけないのだが、そんな依頼が多い。

 なんと、気功家からのそんな要望もあった。

 でも一応プロフェッショナルなので(笑)、苦労してバランスを取る。


 開発の根底にあるのは、「これを手にした人が笑顔になるように」と言う祈り。

 うちの社長は、「一番先に、使った人が幸せにならなかん。」と言う。

 今時珍しい、まっとうな企業人。

 いつも社長と喧嘩をしながら、開発をする。

 その弾みで「誰の責任だ!」となったら、「俺の責任だ」と、はっきり言ってのけた。

 惚れたぜ!!(再笑)

 私みたいに、「民主党不景気のせいで・・・・」なんて言わない。

 この男の為にも、絶対に、もっともっと良いものを作ってやる。

 放射能汚染で、某生産組合が「うちの××の放射線を測るな!」なんて言ったが。

 そんな、お客さんのためにと言う目的を忘れた腐った守銭奴とは、レベルが何桁も違う。

 うちの化粧品は、自分の測定器の範囲内では、放射能を測ってある。

 大丈夫。

 農業も、化粧品開発も、合氣道も、科学も、・・・・も、みんな根底は祈り。

 誰かのそして万物の幸せを願う気持ち。

 お金が第一の経済人が多くなったが、まだまだ骨のある経営者はいる。

 
 「初心忘するるべからず」と言う。

  何のための仕事?

  何のための人生?

 
 先日出社途中に、近所の小学校の子供達の列と遭遇。

 先生と「おはようございます」と挨拶を交わしたら、すれ違った一人の男の子が「よっ!」と手をぱちんと合わせてきた。

 そしたら残りの列の男の子達全部が「よっ!」「よっ!」・・・と、ホームランを打ったバッターの出迎えみたいになった。

 みんな笑顔で手を振ってすれ違った。

 子供達は何が大事か知っている。

 うちの4ヶ月の息子も、目を合わせると、それだけでうれしそうに笑ってじたばたする。

 その全身を使った喜びの表現は、心底幸福な気持ちにさせてくれる。

 この子も何が喜びなのかを知っている。

 「私ではなく私達である」

 それが喜びなんだ。

 一番わかりやすい例は、恋愛だろう。

 小さな子供は、目があっただけで喜ぶ。

 自分を見つめてくれる視線がうれしいのだろう。


 さて、大人は、何が幸せだろうか?

 あとから与えられたいらぬ知恵とか価値観で、幸せの基準が雪だるまみたいに大きくなってはいないか?

 私のためではなく、私達のために、今できることをしたい。

 さて、今日ももう少しがんばるかな。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-20 13:21 | 祈り | Comments(0)

日本中に奇形児を?

 平成24年7月13日  21時    橋本市 曇 23CPM
          14日   7時40分 橋本市 曇 23CPM
               20時20分 橋本市 曇 29CPM
          15日   7時    橋本市 曇 27CPM
               20時20分 橋本市 曇 25CPM
          16日   6時50分 橋本市 晴 25CPM
               20時30分 橋本市 晴 29CPM
          17日   7時    橋本市 晴 19CPM
               20時40分 橋本市 晴 28CPM
          18日   6時    橋本市 晴 26CPM


 またも従軍慰安関連ですが、以下のホワイトハウスの誓願サイトで、ご署名願います。

 韓国人が直に日本と交渉せずに、他の国で既成事実を作ろうとする手口は、民主党と同じです。

 国際会議で、「TPPに参加します」とか、「消費税上げます」なんて宣言して既成事実を作り、その後国内で審議する。

 そんな民主党のやり方に似ています。

 実に姑息である。

 姑息なんて言葉も知らないだろうな。

 閣僚の6割ぐらいは帰化人とのことですから、さもありなんです。

 ホワイトハウスの誓願サイト。→ここ

 こんなのもありました。

 どんなに探してみても見つからなかった、ネッシー、ツチノコ、従軍慰安婦→ここ

 管元総理が、がれきを拡散させるのは、「奇形児が出ても、福島からだけでなくなり、補償の問題から逃れられるから」と、言ったとか。

 管元総理の元秘書の証言だと言います。 →ここ

 島田市の小学校では、校庭の土が、もう12万Bq/kgを超えたと。

 菅さんは、自分も国民一人一人も、同じ痛みを感じる人間だとは思っていないようだ。

 現職の総理もそうなのだろう。

 多分誰もが、彼らと同じ人間だとは思いたくないだろうが。


 人と自分が同じなのだと感じない。

 そんな精神構造がもたらしたのが、大津のいじめ自殺事件。

 中学のある皇子山界隈は、地元では有名な所ではありますが。

 自分が同じ目に遭ったら、どんなに苦痛かと言うことに思いが及ばない。

 人の痛みを痛いと思わない。

 子供は残酷なものだが、中学生が?

 自殺現場にいじめっ子3人がいたので、他殺の可能性もあるとの記事も見ました。

 双子の妹が強姦されるのを拒んで、かわりにいじめられた、ともあった。

 彼は妹を守り通したのだな。

 偉かったぞ。

 
 私は子供に合氣道を教えるとき、戦うべき時は恐れず戦え、と教える。

 もとより武道は、殺人の技術だ。

 「君らに技を教えると言うことは、刃物を渡すようなもの。信じて渡すから、悪用するなよ。」

 とも教える。

 怒られるかもしれないが、人体急所をしっかり教える。

 あの子達なら、きっと戦ってくれると期待する。

 
 私の尊敬する友人・科学者は柔道、空手の猛者だ。

 高校時代、いじめグループを一人で殲滅した。

 ボスを階段の下まで投げ飛ばし、前歯を全部折った。

 おかげで警察に連れて行かれたそうだが・・・

 でも彼の学年では、いじめはそれっきり起きなかったそうだ。

 理不尽な暴力とは戦わないと。

 かく言う私は、いじめられっ子だった。

 泣かない子だったので、それが面白くなくて泣かせようと、不良がよく絡んできた。

 小学校の終わりに、ようやく3人相手に喧嘩をした覚えがある。

 呼び出された神社に、たまたま別の上級生がいて、「やられてばかりじゃだめだ。戦えよ。」と、諭してくれたからだ。

 しかし、人を殴るのは気持ちが悪かった。

 人を倒すのが快感になったら、もう薬物中毒と同じ。

 人を傷つけずに自分を守るためには、と考えての合氣道だった。


 学校では、人権教育とか、仲良くとかを重視し、競争を教えなくなったように聞く。

 社会は競争なので、

 「卒業したあとで勝手に社会で揉まれろ。私達は教えない。」

 と言うこと。

 平和なんて嘘。


 優しいだけでは自分も大事な人も守れない。

 人類なんて、まだまだ進化の途上。

 正と反の間で学ぶことから、まだまだ抜けられないだろう。

 できるなら、良い事と、より良い事の中から、さらに良い事を学べるような知性を持ちたい。


 私の息子が、生後4ヶ月を過ぎた。

 意味不明の天使の言葉を、ほとんど話さなくなってきた。

 代わりに、俗に言う赤ちゃん言葉になってきた。

 だんだん人間の世界に降りてきているのを感じる。

 生まれたときは、皆天使だったのだろう。

 多分私も、あなたも。

 私達は何故ここにいるのか?

 何処へ行きたいのか?

 目に見えている現実が教えてくれている。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-18 13:11 | 被爆 | Comments(0)

合氣道

平成24年 7月 11日 23時    橋本市 雨 34CPM
           12日 11時20分 橋本市 雨 25CPM
               22時40分 橋本市 曇 25CPM
           13日  7時30分 橋本市 曇 31CPM
 

 何かあったのか?と言いたくなる数値です。

 まあ毎日が非日常です。

 被災地での甲状腺内部被爆の追加検査は行うな、と国の指示があったとか。→ここ

 被災地では、牛乳を飲まない子供達に対する先生の対応が問題になっているとも。→ここ

 それを聞いた藤村官房長官は笑っているのですが・・・

 非日常に慣れすぎたのかな?

 今年は自宅アパート前のミニ花壇に、ドクダミが繁茂しています。

 ドクダミは、内部被爆に良いとどこかで聞いた妻が、採取して乾燥させています。

 横浜の実家に送ると。

 自宅前のコンクリートやプランターなど、空間線量の5割増し程度の線量を観測します。

 採取したドクダミからは検出せず。

 測定器の限界もありますが。

 そうだな、ドクダミ酵母の抽出もやってみましょう。

 効果があれば幸いです。


 関西電力から、節電ともしもの時の計画停電のお知らせが来ている。

 大飯原発が稼働したので、火力発電所をいくつか止めるとの非公式な情報もある。

 なんだ、足りてるんだな、やはりね。

 人の生活を経済と金融で縛り上げ、操り人形のようにあつかう。

 それにマスコミも一役買う。

 マスコミを弱らせるのには、テレビ、新聞を見ないことが一番。

 テレビも売れてないようで、これは吉兆だ。

 これらのシステムがどこまで腐っているのか??

 エネルギーの調達、電力の生産、廃棄物の処理、みんな利権でがんじがらめ。

 一抜けた~!! と行きたいところ。

 そのために自分で作る!

 その前に自分で考えろ、と言うところか。


 ところで、支那が、「日本が喧嘩を売ろうとしている。スパイを送り込んで来ている。」と喧伝している。

 泥棒は、「泥棒だ~」と行って逃げるそうで、自分がそうしているのだろう。

 一日500件の暴動やデモが起きる国で、その矛先を他国に向けるのに、物を言わない国は都合がよいのだ。

 怒って強面に交渉すると、謝罪とお金を出す国だから仕方がない。

 武力の裏付けがないからだ。

 国を守るためにどうする??


 私もたしなむ合氣道は、戦うための戦略でもあり、哲学でもある。

 狭い意味での戦術とも言えるが。

 これは武術である。

 健康法ではない。

 平和な武道だが、それにしても負けない程度に強くないと意味がない。

 今までの武道は、いかに相手を倒すかを考えてきた。

 合気道の神髄は、「敵も味方も共に生きる事が出来る」だと勝手に思いこんでいる。

 渦の動きの中に相手を巻き込み、自分の側でもない、相手の側でもない、歩み寄れる場所に落ち着く。

 渦の動きとは、宇宙の動きそのもの。

 そんな技と哲学の大系に思える。

 将の将たる者の武道、と呼ばれる所以だ。

 
 
 我が国に刃を向ける他国と、お互いにwinwinの関係になれる戦い方は、あるはず。

 ずるい国は、わざと国同士を戦わせて、漁夫の利をねらう。

 日本の戦後の占領政策もその通り。

 国の中の対立構造を助長し、支配しやすくする。

 その代理人として、マイノリティーに権力を与える。

 日本だけでなく、東南アジアでも、インドネシアでも、中南米でも、それを実行してきた。

 東チモールの独立も、深読みすれば色々見えてくる。

 仲良くなれば簡単なのだが・・・・

 そうならないように、たっぷり利権で甘い汁を吸わせる。

 彼らの思考は魔物のようだ。


 日本は、戦う技術で仲良くなると言う、合気道的な戦略を構築すべきだ。

 が、政治家の顔ぶれを見ると、無理かな??と、希望をなくしそうになる。


 政治家の皆さんには何が一番大事なの?

 本当に大事なものは、死んでも持って行けるものであって、生活が第一ではない。

 普段接する、普通の善意のすてきな人達は結構知っている。

 そこに希望がある。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-13 13:40 | 祈り | Comments(0)

愛って?野菜達に教えられたこと

平成24年7月6日 23時20分 橋本市 雨 25CPM
         7日  9時    橋本市 雨 22CPM
            21時20分 橋本市 雨 31CPM
         8日  8時20分 橋本市 曇 34CPM
         9日  0時10分 橋本市 曇 25CPM
             7時50分 橋本市 晴 22CPM
            20時50分 橋本市 曇 18CPM
        10日  7時10分 橋本市 晴 21CPM
            20時40分 橋本市 曇 19CPM
        11日  8時20分 橋本市 曇 32CPM 
 


 パソコンの前に座る時間もなかなか取れず、更新が滞ってます。

 このところ、少々高い値が散見します。

 大飯原発が再稼働してから、こんな事が多くなりましたが。

 直接の因果関係は、距離的に考えて無いと思います。

 誰かが便乗して何かをしているのかもしれませんが、それも推測でしかありません。

 

 今回のテーマは、前回に引き続き、多少スピリチュアルなことを。

 と言っても、かなり現実的なことです。

 畑を初めて、かれこれ23年は経ちます。

 環境破壊を科学的な手段で食い止めるのではなく、農業を通じて植物たちに託そう、と思ったのです。

 そして、野菜達に色々教えられました。

 こんなことがありました。

 ある日サツマイモの収穫をしているうちに日が暮れ、満月が上ってきた。

 しばし見とれていると、回りからもなにやら感動の波動が・・・・

 独りで感動しているのと、大勢で感動するのは、ずいぶん違います。

 誰だと思ったら、サツマイモ達も月見をして「おお!」とやっていた。

 驚いた途端に、彼らの意識が入り込んできた。

 特売でも売れ残り、捨てられそうな直前に私に買われて、この畑にやってきた事。

 毎日毎日、お天道様が上り、そして沈み、雨が降ったり、風が吹いたり、そして時々私がやってきて声をかけて来た事。

 時々カセットレコーダーで音楽を聴かせてくれた事。

 そんな私が大好きだったと。

 あなたの所に来られてラッキーだった、とも聞こえた。

 彼らを食べるのか?と、躊躇してしまった。


 もう一回は、冬に備えサラダ菜などを藁で縛って、手入れをしていたとき。

 やはり仕事が遅くなって、満月が上ってきたのを覚えている。

 「こんなに世話をしているのに、食べちゃうんだもんな。すまないな。」

 なんて話しかけていたら、突然畑中の野菜達が「ウォ~ン・・・・」と歌い出した。

 その音が頭頂のチャクラから入り、ハートのチャクラで言葉にほどけていった。

 「ありがとう」
 「あなたが好き」
 「だから食べて良いんだよ」

 そんないくつもの思いが、一つの音になっていた。

 はじめから食べられることは了解していたようだ。

 なんと言うことだ。

 これほど何かを愛することが、今の人には出来るのか?

 こんな愛し方が出来たら、もう死んでも悔いはないな、と思えた。


 何故菜食なのか、ようやく分かった。

 彼らが食べることを許してくれているかどうか、それが大事だったのだ。

 イスラム教徒達は、教義に則った残酷でない方法で殺した畜肉を食べるという。

 キリスト教徒の、神様からいただいた食料なんだから食べて良いと言う解釈より、多々共感する。

 あれは「任せたぞ」と言う意味だったと思うが、「私達の物だ」と都合の良い翻訳ミスをしたようだ。

 食べるという行為は、生死を見つめる行為そのもの。

 商業的に扱えば、いつか破綻がやってくる。

 いや、遺伝子組み換えや農薬使用など、もう破綻がやってきていると言える。

 肥料の食べ過ぎで太った立派な?野菜が、果たして健康な野菜なの?

 原子力もふくめたエネルギー問題や、科学、成長を至上命題とする経済も含めて、人として生きるために、もう一度見直さないといけない時期だろう。

 改めて考えたい。

 私達は何?何故ここにいる?

 何が一番大事?

 こんな混沌とした、物と金の価値観が行きすぎた時代だからこそ、原点の「農」なんだ。

 狩猟採集も良いが、多すぎる人を支えられるような野山はもう無い・・・・原点すぎるか(笑)。

 田畑は先生だ。

 お天道様と、大地と川から恵みをいただく。

 植物たちはすばらしい。

 虫や動物たちもすばらしい。

 彼らには、神さまの声が聞こえているのだろう。
 
 彼らに恥じないように生きられたらな。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-11 11:28 | 祈り | Comments(3)

愛って?

平成24年7月3日 20時     橋本市 曇 21CPM
         4日  5時30分  橋本市 晴 25CPM
            23時40分  橋本市 雨 27CPM
         5日  6時50分  橋本市 雨 28CPM
            23時     橋本市 曇 24CPM
         6日  8時20分  橋本市 曇 23CPM



 放射線量が0.1μSv/hを切る日が少なくなってきた。

 和歌山は全国平均より少々高いが、0.1μSv/hを超えないはず。

 もちろんどこかに原因はある。

 ここのデータだけでは分からない。

 あ、田植えがほぼ終わりました。

 虫さされ痕がたくさん。

 あとは少々の陸稲の田植えが残ってる。 



 今日の話題は原子力とは全く関係ない

 私はきれいな言葉は嫌いだ。

 「自由」「平等」「人権」「平和」・・・・

 気軽に使うなと言いたい。

 ちょっと考えたら、両立しない概念なのは明白。

 だいたい私も含めて普通の人は、心の中が平和じゃない。

 軽く使う輩は、およそ詐欺師か政治家。

 選挙が近いかもしれない。

 自分で考えないと。

 ありがちなのは、様々な宗教団体の構成員の思考。

 「あの方がこう言っておられるから・・・」
 「ここにこう書かれてあるから・・・」

 そんな宗教は、思考力も、自己決定能力も奪う。

 考えることを放棄すると楽なのだろうな。


 「愛」と言う言葉についても、ずっとずっと考え続けてきた。

 「愛」って何だ?

 こんな強い言葉を気軽に使われたら、気色悪くてたまらない。

 今日のブログのタイトルを見て、「やばい!」と思った人もいたと思う。

 そもそも「愛」は、日本語には無かった概念だったはず。

 とある本で強烈な一言を見つけた。

 「愛は善も悪も知らない」

 魂まで届くほど、衝撃的だった。

 ついつい善悪でぶった切って、分けてしまっている自分に気がついたのだ。

 これを超える「愛」の概念には、今回の命では巡り会わないだろうと思った。

 ところがある日、突然やって来た。
d0231730_1332326.jpg

 軽い瞑想状態で、思考を巡らしているとき、近所の三上山(↑)が話しかけてきた。

 「あなたは私だよ。
  あなたは山であり川であり、大地であり、大気であり、水なのだ。
  私たちはみんな一緒。
  それを人間の言葉では「愛」って言うのだろ。」


 ひとしきり泣いた。

 俺って結構泣き虫だったんだ・・・・

 そう、私たちはみんな一緒なんだ。

 これ以上の「愛」の概念には、この命で巡り会うのだろうか?


 夜寝るとき、妻が息子に母乳を与えていたはずが、二人とも寝ていた。

 二人ともすごい格好・・

 その寝顔を見ていたら、じんわり幸せな気持があふれてきた。

 私たちは一緒。

 私もようやくここまで来たのだ。

 はちゃめちゃな私が、家庭を持てて、子供が降りてきてくれた。

 少しの間、スピリチュアルな話題を書こうかな・・・・
[PR]
by drkikurin | 2012-07-06 13:32 | 祈り | Comments(2)

福島からの避難者の手記

平成24年6月29日 21時    橋本市 晴 19CPM
         30日 21時30分 橋本市 雨 23CPM
       7月 1日  5時30分 橋本市 曇 34CPM
             22時    橋本市 曇 30CPM
          2日  5時    橋本市 曇 25CPM
             21時10分 橋本市 晴 19CPM
          3日  5時10分 橋本市 晴 25CPM


 時々注釈を入れるのですが、うちのガイガーカウンターDX2では、22CPM=0.1μSv/h。

 ちなみに、測定値の誤差は、統計学的にカウント数の平方根です。

 つまり25CPMなら、√25=5なので、25±5CPMと、考えてください。

 意味のある数値を出そうとしたら、10000CPMなどと計測できる、高感度測定器が有効になるのです。

 30日の朝の測定値は、測定したが記録漏れです。

 おや?と思わなかったので、たいした値ではなかった。

 7月1日の数値が高いのが、何かあったことなのかも??

 なかなか除染プロジェクトも進んでいません。


 それにしても、なかなか田植えが終わらない。

 昨日終わるはずが、日没順延である。

 近頃朝の測定時間がやたらと早いのは、早朝田んぼに出ているからです。

 田植えに時間を取られていたら、他の畑仕事が溜まっている。

 うれしいことに、思考はもう百姓そのもの。

 ところで、私の専門は物理学。

 と言うのは、「分ける」と言う、悪しき習慣での分析的現実認識だ。

 科学、農業、化粧品、合氣道、居合道、信仰、等々みんな一つに境目無く繋がっているのが私にとっての理想。

 全ては「祈り」と、言いたいところだが、それほど人間が出来ていない。

 つまりは「融合」とか「結び」が、私のこの人生のテーマです。

 だから色々やって、結んで行くのです。

 「専門は何ですか?」と聞かれて「融合」と答えても、まあ通じないか・・・・

 「ボケと突っ込みです」と、答えたりする。

 冗談はさておき、木曜には田植えを終わりたい。

 その後、下の田んぼの水漏れの対策、草刈り、等々を。

 早く放射能の問題を解決して、エネルギーの問題に取りかかりたい。

 「クリモフのナノ結晶太陽電池」なんて、興味がある。


 さて、気になる記事を二つほど。

 表に出ない、チベットでの焼身自殺による抗議 →ここ

 支那国内の支社閉鎖を避けたい新聞各社は、ネガティブな記事を載せない。

 弱い相手には、めっぽう強くて残忍なのが共産党軍。

 日本は、恩人(恩国)であるチベットを、何故見殺しにするのか。

 やはり、お金と利権、軍事力、自分だけの平和、なのか。

 昔の日本なら、絶対抗議していただろうに。

 宮沢賢治の童話に「世界人類全ての人が幸せでなければ、個人の幸せはありえない」とあった。

 我が家にテレビはないが、無慈悲な映像は心が痛い。


 これは福島から避難してきた人の声です。→ここ

 これは痛い話です。

 被災者の痛みではなく、私達日本人の痛みです。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-03 14:21 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな