きくりん情報局

カテゴリ:原発の構造( 7 )

核融合科学研究所の実験

平成25年2月7日  8時    橋本市 曇 13CPM
             20時40分 橋本市 曇 18CPM
          8日  8時    橋本市 晴 17CPM
             20時40分 橋本市 曇 18CPM
          9日  5時20分 橋本市 曇 12CPM
             21時50分 橋本市 晴 26CPM
         10日  9時    橋本市 晴 18CPM
             23時50分 橋本市 晴 0.08μSv/h
         11日 9時10分 橋本市 晴 0.08μSv/h
             21時30分 橋本市 曇 22CPM


 10日に電池が残り少ないのに気付き、2回だけサーベイメータで測定したデータを載せた。

 忙しくて更新できなかった。

 平和な値だが、確かに何か高密度の線源が飛んできてるような反応が時々ある。

 大阪市内に比べて、和歌山への影響は非常に少ないと言えるが、がれき焼却はまだ始まったばかりだ。


 購入した古民家の、崩れかけた門の形の小屋とか、離れを解体した。

 9日に、友人関係20名ほどで、寄ってたかって壊した。
 
 10日以降は妻と二人で、壁土や木材をひたすら集めて、積み上げている。
 
 それにしてももったいない。

 100年近く前の木材とか藁、竹、瓦、みんな生かしたいがそうも行かない。

 昔の物は、全て土に帰って行くもので作られている。

 屋根裏から見つかった、古い竹の道具などは、ひょっとしたら欲しい人がいるのではないかな?

 2㎝幅くらいの竹を、針金ではしご状に組んである。

 私は、刀の目釘に少々使おうと思うが・・・・いる人はご一報を。

 みんなみんな、もったいない。

 土蔵から、大東亜戦争開戦の詔が出てきた・・・誰かいるかな?

 それにしても、いつになったら住めるやら。 


 巷では、核融合科学研究所の重水素実験が危ないと、話題になっている。

 道を間違えていたら、私もあそこで研究していたのだ。

 それにしても危ないと言われる程度のプラズマパラメーターが実現できるようになったのか。

 ようやくとも言えるが・・・私が研究を辞めてから25年である。

 HPを見たら、「トリチウム実験はやりません」とある。

 重水素実験のみ行うのだ。

 重水素による核融合反応(D-D反応)では、トリチウムと重水素の反応(D-T反応)の10倍の温度が必要と言われていた。

 D-T反応を行わないなら、磁場閉じ込めによる核融合反応は、もう50年先も不可能だろうな。

 めでたしめでたし。

 D-T反応では、高エネルギーの中性子が出る。

 発電に使えない。

 発生するエネルギーの80%が中性子に、20%がヘリウム原子核(α線とも言える)に運動エネルギーとして与えられる。

 ヘリウム原子核は電荷を持つので、MHD発電でエネルギーを取り出せる・・・・・と言われているが・・・

 高エネルギーの中性子で、ウラン238をプルトニウムに変換して、高速増殖炉で燃やす計画は、却下されたのかな?

 D-D反応では、反応の50%はトリチウムを生成する。

 それをどう処理するのか?

 燃やすともれなく放射性のトリチウム水が出来上がる。

 半減期12年、18keVのエネルギーなので、通常の測定器では検出が難しい。

 それにしても、たいした量は発生しない。

 福一で発生したらしい?トリチウムの量に比べたら屁のようなものだ。

 それよりも、トリチウムが発生するほどの高温高密度のパラメーターが達成できたら、それこそ拍手かな。

 その程度だから、あまり心配はいらない。

 阪大の常温核融合の方が、はるかに希望がある。

 あまりに主流から離れているから、学会から見向きもされないが。

 今の原子炉もそうだ。
 
 トリウム型原子炉は、遙かに優れていたが、主流から外れていた、プルトニウムまで燃えてしまうことで、どこも実用化を進めなかった。

 科学の世界なんてそんなもの。

 主流から隠れた部分にこそ真実があると思って良い。

 マクスウェル方程式さえ間違っているのを承知で、教科書に載っているのだ。

 近似的には合っているのだが。
 
 例えば、質量が無い光の波動方程式ではある。

 今日は難しい話で失礼。


 高槻市でコバルト60やセシウム137が検出されたと言う書き込みがあった。

 先日の取り壊しに大阪から手伝いに来てくれた人たちは、みんなN95マスクだった。

 「大阪では必須なんです」と。

 恐ろしい話だ。
[PR]
by drkikurin | 2013-02-11 22:35 | 原発の構造 | Comments(0)

福島の嘘

平成24年4月2日 22時20分 橋本市 晴 22CPM
         3日  7時30分 橋本市 曇 15CPM
         4日  1時40分 橋本市 晴 18CPM
             7時50分 橋本市 曇 24CPM
            21時10分 橋本市 晴 24CPM
         5日  7時40分 橋本市 晴 15CPM
            21時30分 橋本市 雨 25CPM
         6日  7時30分 橋本市 晴 24CPM
   

 突出した線量は、観測されなくなってきました。

 春の季節風のおかげかもしれません。

 色々書きたいのですが、今日も手短に。

 ドイツのテレビが、福島の第一原発に潜入取材して番組を作ったようです。

 ドイツは、いい意味でも悪い意味でも原発アレルギーです。

 そんな目線も準備しながら見てください。

  ここ→  福島の嘘 ドイツZDFテレビ

 私も全部に目を通していませんが。

 
 指摘されているような問題以外にも、問題は山積しています。

 1.とにかく原子炉と、核反応を止める、遮蔽する。

 2.拡散を食い止める。
 
 3.除染する。

 の三つが急務です。

 三号炉の、プルトニウムを含むMOX燃料の問題も、全く語られなくなりました。

 メルトダウンした炉と燃料、何処まで到達したのかも語られません。

 巨額の予算を割いて、早急に取りかからないと。

 アレバに任せていては、お金だけ搾り取られる。

 早く総選挙をして舵取り役を変えないと、このまま危機的な状況が続くのでしょう。

 
 こんな時に、総理は増税に命をかけるそうな。

 デフレ期に、インフレ対策を提案するのか?

 そんなに日本の基礎を壊したいのか。

 どうせなら4号炉の、核燃料プールの補強工事で命をかけてきてくれ。

 現場の邪魔かな?

 必死で守っている技術者、作業員達こそ、私達のために命をかけているのだ。
[PR]
by drkikurin | 2012-04-06 12:33 | 原発の構造 | Comments(0)

冷温停止

平成23年11月8日  0時50分 橋本市 曇  22CPM
            8時50分 橋本市 晴  26CPM
           20時    橋本市 晴  22CPM
        9日  8時20分 橋本市 晴  28CPM 


 微妙に放射線量が上昇しています。

 先週くらいには通常値に戻ることが多かったのですが、何が起きているのやら。

 キセノンの話題を少々書きました。

 福島第一原発は冷温停止状態にあると、ニュースが(政治家が)言っています。

 本当??

 何処の温度を測っているのでしょうか?

 メルトダウン、メルトスルーしていたのでは??

 核燃料は、たぶん固まり状態で炉壁最下部にたまったのでしょう。

 さらに炉壁を破り、原子炉建屋床に到達してるのではなかったでしょうか?

 その温度を測ったのか?

 温度計は何処についている?

 ついでに地下に潜りつつあるのかも・・・それに大量の水をかけています。

 ヨウ素が検出されたり、キセノンが出たと言うことは、緩やかでも核反応は続いています。

 地下にトンネルを掘り、燃料の先回りをして防護壁を作り、地下水脈への到達を防がなければいけないと思います。

 これは無かったことにはできない、口先だけでごまかせる問題ではありません。

 確か昔の格言に、賢者は最悪を想定して・・・と言うのがありました。

 一刻も早く動いて欲しく思います。

 そういえば、「西をねらうなら、東で音を立てろ」と、確かこんな格言もありました。

 孫子だったかな・・・・?

 尖閣諸島周辺、スプラトリー環礁などでの軍事行動などの中共の行動は、実は中東やアフリカでの行動への目くらましか?と考えたりします。

 読み過ぎでしょうか?

 両方とも本気かもしれません。

 アメリカが瀕死の状況で、軍事費もままならない状況で、片務的な日米安保条約が果たして機能するのか疑問です。

 日本はこんな風に、国内に、震災処理や防衛力増強などの民需があるのです。

 たっぷりお金をつぎ込めばよいのです。

 財源は国債。

 円の価値が少々下がり、円高解消、雇用促進、良いことずくめですが。

 真逆のことが、政府、政権与党は大好きです。
[PR]
by drkikurin | 2011-11-09 15:43 | 原発の構造 | Comments(0)

原発の冷却

 平成23年3月28日 午前8時  橋本市   晴れ       22CPM

 平常値より微妙に高い値が続いています。測定していると分かるのですが、放射線を検知するリズムがいつもと違うので、何かが違うと言うことが分かります。でもまだまだ大丈夫ですよ。

 今回の原発事故で明らかになった原発の諸問題をシリーズで書こうと思います。
 私の立ち位置は、物理学者として反原発です。
そのため、多少悲観的な書き方になるかも知れませんが、ご容赦ください。

 今回の大津波で非常冷却用のディーゼルエンジンが故障し、冷却できなくなり、炉の熱を取れずに多々苦労しています。非常停止しても、核反応は緩やかにはなりますが続くのです。

 津波がかからないように建てたと言っていますが・・・・
200年に一度の災害のための予算は仕分けられた後、仕分けた当人が節電担当大臣というジョークもおまけで付いてきました。

 原発だけではないのですが、発生する熱を全て電力に変換できません。かなりの熱を排出しなければならず、大量の海水で冷まします。
 これは炉心の放射能を含んだ冷却水ではありません。念のため。

 どのくらい大量かというと、敦賀の原発では敦賀湾の水が日に2回入れ替わると言われるほどです。まあ取水した水と排水した水では7℃の温度上昇があるので、敦賀湾は温泉のようになってしまうはずで、少々この例えは無理があるのでしょうが。それにしても毎分数十トンのレベルで使います。

 さて、その巨大ポンプとパイプラインに海藻が着かないように、塩素を投入します。
 よく塩素で消毒と言いますが、塩素は毒物なので、「消毒」はおかしいだろう!と、私ならつっこみます。

 結果として大量の温排水が海水温を上げ、塩素を大量に海に放出し、生態系を壊します。
 温排水は、海水に溶けていたCO2を大気中に放出します。
 これがCO2を出さないエコな発電だと言っていた人間は、実態を知っているのでしょうか。
 責任を取って頂きたいですね。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-28 11:15 | 原発の構造 | Comments(0)

耐震設計

 平成23年3月24日 午後10時30分  橋本市  晴れ        24CPM

  前回は、地震の揺れの単位について書きました。

  さて、原子力発電所は、どの程度の揺れに耐えることが出来るように設計されているのでしょうか?

  東海大地震が懸念される浜岡原発は650ガル

  中越沖地震に襲われた柏崎刈羽原発は500ガルです。
 
  柏崎刈羽原発は、耐震限界値の4倍の揺れに耐えたのです。
  世界中が絶賛したのですが・・・・・・・

   
[PR]
by drkikurin | 2011-03-24 23:25 | 原発の構造 | Comments(0)

大阪での線量

平成23年3月22日 13時50分 大阪市 晴れ   19CPM

 急遽手に入れたガイガーカウンターのキットが、無事組上がり、無事作動しました。
 大阪では通常の値です。

 さて、チェルノヴィリ原発の事故と、今回の福島原発の事故を比較したいと思います。
 
 チェルノヴィリ原発は黒鉛を減速剤にした、プルトニウム製造用の原子炉でした。
 高エネルギーの中性子をなるべく減速させずに、ウラン238に当て、効率よくプルトニウムを製造します。

 一方福島原発は、電力を目的とした、沸騰水型原子炉です。

 原子炉とは困った物で、出力を押さえるとXe(ゼノン)ガスが出ます。
 ガスが発生すると水に浸かった燃料棒がむき出しに近くなり、中性子が減速されず、加速的に反応が進む様な構造、それがチェルノヴィリ原発でした。正のボイド係数と言います。

 一方日本国内の原子炉では、福井にある高速増殖炉もんじゅ以外は、ガスが発生し、燃料棒が露出し始めると、反応を抑えるように働く構造です。負のボイド係数と言います。


 楽観的に考えるに、今回の事故では、炉が非常停止し、余熱が色々悪さをして、冷却機能が失われたことも追い打ちをかけて、様々な事故が起こっていると所見します。
 
 今回は臨界爆発は無いと、楽観的に考えます。

 ただ、3号炉はプルトニウムを混ぜたMOX燃料を使っております。
 反応の早いプルトニウムが混ざっているため、この推測がどの程度当たるかは分かりません。

 現場で必死の作業を続けておられる技術者、自衛隊、消防、皆さんの働きに、希望を繋ぎます。

 細胞壁が破壊される線量の理論値を遙かに超えて、作業を続けておられます。
 ペトカウ理論と言いますが、あまりに悲観的な数値なのかも知れません。
 
 何だか分かりませんが、自信があります。
 日本は大丈夫です。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-22 14:17 | 原発の構造 | Comments(0)

原発からの排ガス

 平成23年3月21日 午後4時50分 橋本市  晴れ  21CPM    (通常は10~20CPM)

 さて、原子力発電所にはでかい煙突がありますが、何を排出しているのでしょうか?
 
 核反応の際には様々な放射性物質が出ます。
 その中にヨウ素があります。
 何種類もあるのですが、およそ8日で放射能が半分になると思って下さい。
 数時間で半分になるものもあります。

 発生したガスは、タンクに貯められます。
 半減期が短いので、そのうち放射線を出さなくなります。
 そして大気中に放出されます。

 昨年12月の佐賀県の玄海原発では、MOX燃料と呼ばれる、プルトニウムとウランの混合燃料を使った実験をしていました。反応の早いプルトニウムが混ざっているために、予想外のヨウ素の大量発生に見舞われたようです。

 そこでタンクに貯めきれなくなり、深夜2時くらいに放出したのではないかと推測されます。
 
四国某所では通常の1000倍の放射線量だったようです。
 
 
[PR]
by drkikurin | 2011-03-21 17:01 | 原発の構造 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな