きくりん情報局

カテゴリ:放射線量( 288 )

テネモス

平成25年4月4日  9時20分 橋本市 晴 25CPM
            23時50分 橋本市 晴 18CPM
         5日  9時10分 橋本市 晴 16CPM
            20時40分 橋本市 曇 24CPM
         6日  8時30分 橋本市 曇 23CPM
            20時10分 橋本市 雨 22CPM


 およそ0.1μSv/hあたり(22CPM)をうろうろしている。

 私の計測器は、ガイガー管を使っているので、β線の検出割合が高く、少々割り引いて見て欲しい。

 早く、こんな測定は止めたいところだが、そうも行かない。

 いくつかニュースを・・・


 福島周辺で、動物たちの異常が相次いでいる。 → ここ

 まあ、そりゃあそうだろうさ。

 福島では15人中12人が奇形児を出産。 → ここ

 いくらなんでも奇形児の出生率が高過ぎやしないかな??

 震災前の東京の奇形児の出生率は、およそ5%(死産を除く)と、聞いた事がある。

 その上放射能汚染が加われば、あり得るかも知れないが、釣りかもしれない。


 笑っている人には放射能は来ない、なんて言っていた山下俊一教授が、海外の研究会でこんな事を。→ここ
 
 彼は、単に調査対象の福島県民が逃げて欲しくないと思っているだけではないのか?

 国内では心配ないと言い、海外ではデータをしっかり出す。

 本当なら鬼畜である。


 思い白いニュースがあった。

 国際的ハッカー集団アノニマスが、北朝鮮工作員の情報をハッキングした。

 NHK職員や、某大学教授など、日本人も多数含まれている。→ここ

 逮捕できない日本の法律が情けない。

 日本のマスコミは沈黙している。

 つまり、自分たちの中に工作員がいることを、認めていると言うことだ。

 NHKの受信料金は支払うべきではないな。
 
 受信料金が、対日工作に転用されてるような物だ。

 
 さて、夜明け前が一番暗いと言うが、まだまだ暗くなるのかな??

 虫や動物たちに教えられたことや助けられたことをまとめたが、植物たちから教えられたことがまだ。

 まとめたいと思っていたが、変なニュースを先に紹介してしまった。


 話は変わるが、マナウォーターに付いて教えて欲しいとの投稿があったので、気付く限り書いてみます。

 私も水の活性化に取り組んできたので。

 水を生き返らせる手本は、自然界の水の流れ。

 渦と大地への浸透とミネラルと音。

 マナウォーターを開発したテネモスの飯嶋さんは、直感的に何となく作ってしまう人で、「圧力が大事」としか言わない。

 マナウォーターの基本は、圧力と大地への浸透。

 活性炭と珊瑚その他のミネラル源と、圧力。

 温泉も地下深くの圧力と岩盤からのミネラルで活性化されるのだが。

 それらの総合だと思う。

 多分詰められてある、活性炭とミネラル源が鍵だろうか。

 しかし、水道の圧力を使って水道以上の圧力を作るとは、パスカルの原理的には可能だが、システムが私には見えてこない。

 自分で水の善し悪しを確かめる簡単な方法は、珈琲を淹れたとき、油膜が浮かないかどうかをチェックすること。

 良い水は界面活性力が高く、油膜が浮かない。

   ・・・・油膜が浮かなくても、逆浸透膜の水とアルカリイオン水は止めよう・・・・

 もう一つは、音を聞いてみること。

 耳に当てると何となく耳鳴りのような、「キ-ン!」とか、「ウーン!」と言う音が聞こえる(のは私だけか??)。

 良い音、きれいな音のする水(水だけではないが)は、良い水だ。

 良い水ほどゆらぎが大きく、それを扱う人の心のありようが影響する。


 ところで、テネモスのメンバーが、被災地で微生物による放射能の浄化を試みた話を聞いた。

 全然効かなかった。

 何ともならないので、みんなが大笑いしたら線量計の値が下がったそうだ。

 「おや?」と思い、もう一度みんなで笑ってみたら下がらない。

 心から笑わないと、放射能には影響がないようだとのこと。

 そんな団体なので、ある意味大きく期待している。   
[PR]
by drkikurin | 2013-04-06 23:30 | 放射線量 | Comments(2)

古民家再生その後

平成25年3月31日  9時30分 橋本市 曇 27CPM
             23時     橋本市 曇 20CPM
      4月1日   9時10分 橋本市 晴 31CPM
             20時40分 橋本市 晴 26CPM
         2日  9時10分 橋本市 晴 24CPM
             21時    橋本市 雨 30CPM
         3日  8時50分 橋本市 雨 25CPM
             21時    橋本市 曇 25CPM


 少々高止まりしているな。

 何か起きているのだろう。

 山梨の水道では、近頃もヨウ素131が検出されている。

 どうして問題にならないのか?

 半減期8日である。

 数週間以内に核反応があったと言う事だ。


 ラジオのニュースで、ホットスポット発見用の測定器が開発されたと言っている。

 日立アロカ製。

 指向性の高い装置で、線量の高い方向が分かるそうで・・・・

 そして、その線量は信用できるのかな?

 のどかなニュースだ。

 
 気になるニュースが少々。

 支那大陸で、新型インフルエンザで死者が出ている。

 H7N9だったかな?

 心配されていた強毒性のH5N1型ではない。

 さて致死率はどの程度か?

 かの国からの来訪者や在日外国人が多いのは、圧倒的に大都会。

 電車や劇場、人の密集するところは注意。

 がれきの焼却用対策で、N95マスクをしている人は、他の人よりは安全か。

 転ばぬ先の杖である。

 
 古民家の現状は、一部崩れた土蔵の修理に取りかかったところ。

 母屋は、業者がどうするのか決まらないと手を付けにくい。

 風水に明るい知人が、自分の事のように手伝いに来てくれている。

 彼には感謝の言葉もない。

 それにしても彼は何者だ??

 初めは玄関先に蛇が現れ、次に蔵のあたりに現れた。

 蛇は財運の象徴で、神様が家を見て回っているのだそうだ。

 そこで急ぎ蔵の修理に取りかかることになった。

 ノミを振るいながら、ふと目を転ずれば、山肌に山桜のピンクが鮮やかだ。

 極楽である。

 その集落の入り口に、桜の古木が立っている。

 見る度に鮮やかに咲いて行き、今日から散り始めた。

 これから毎年見せてもらえる。 

 一日でも早く住みたい。

 友人達に「祝引っ越し縁側コンサート」で演奏してもらおう。
[PR]
by drkikurin | 2013-04-03 23:30 | 放射線量 | Comments(2)

虫に教えられたこと

平成25年3月20日  9時20分 橋本市 曇 21CPM
             23時20分 橋本市 曇 20CPM
         21日  8時50分 橋本市 晴 17CPM
             20時30分 橋本市 晴 17CPM
         22日  8時50分 橋本市 晴 25CPM
              24時    橋本市 曇 14CPM
         23日  9時30分 橋本市 曇 17CPM
              22時10分 橋本市 晴 28CPM
         24日  9時     橋本市 晴 17CPM
              23時10分 橋本市 晴 17CPM

 
 測定結果が溜まってしまった。

 ブログになかなか時間を割けないでいる。

 22日に短時間だが高い値を記録したが、少し平均時間を長くしたら25CPMに収まった。

 高い日があるなと思っていたら、冷却装置が故障して、どうやらメルトダウン寸前だったらしい。

 ネズミがかじったとか??

 あんな高線量の建て屋にネズミが??

 原発作業員は、被曝量が限度を超えると1年間作業できなくなる。

 作業員の補充は何とかなっているのだろうか。

 
 前回から引き続き、動物たちや植物たちから教えられたことをまとめている。


 一つ目は、以前掲載した「虫に助けられた話」を。

 以前、冬期には、近所の屋外のスケートリンクでフィギュアスケートの練習をした。

 スケート教室の講師で、今はもう無い北琵琶湖のリンクへ行った時のこと。

 屋外のリンクでは、光に釣られて蛾がよく飛んでくるのだが。

 近づきすぎると冷えて、氷に落ちてしまう。

 それを拾って手で暖めると、無事息を吹き返す。

 それをリンクの外へ出して、「もう近寄るなよ」と、声をかける。

 それを見ていた子供達が「何してるの?」と、集まって来た。

 「斯く斯く然々」と、説明すると、みんな嬉しそうに同じ事をしてくれる。

 あとで、引率の先生と生徒達からお礼の手紙が届いた。

 スケートを習いに行ったが、スケートよりも良い体験だったそうだ。
 
 そんな調子で、屋外リンクでは、しょっちゅう虫を拾って暖めリンクの外へ、と救出する。


 ある事がきっかけで、生き霊に憑かれて大変だった時のことだが・・・

 それも「愛とは?」と言う学びの一貫だったが・・・・終わって気付いた。

 とってもしんどかった。

 「助けて!」と叫びたくなるくらい。

 そんなある日、風呂に入っていたら、風呂の縁の水たまりに落ちてもがいている虫を見つけた。

 指に掴まらせて救出。

 「ゴキブリなんか即殺すのに、偽善だよな。」と、話しかけた。

 すると、「でもそんなあなたが好きですよ。」と、虫が。

 その瞬間、私が助けた沢山の虫たちの姿が見えた。

 みんな、私を助けに来てくれたのだった。


 次は、新聞配達をして大学へ通っていた30年ほど前の日経新聞のコラム。

 確か「春秋」に載っていた話。

 うろ覚えです。


 ある日農作業をしていると、「助けて」と言うような、蝉の鳴き声がした。

 鳴き声の方を見ると、蜘蛛の巣に蝉が捕まってもがいていた。

 蜘蛛には気の毒だが、糸を払って逃がしてやった。

 放たれた蝉が、「ジッ」と鳴いた。

 その瞬間、森中の蝉が鳴くのを止めた。

 蝉のお礼に、森中の蝉たちが答えたようだった。


 これらは、地球に溢れる命達が持つ、当たり前の特性なのでしょう。

 彼らに恥じない生き方をしたい。
[PR]
by drkikurin | 2013-03-25 00:33 | 放射線量 | Comments(0)

公約違反のTPP

平成25年3月13日 20時30分 橋本市 雨 26CPM
         14日  8時30分 橋本市 曇 23CPM
              20時20分 橋本市 晴 17CPM
         15日  7時30分 橋本市 晴 22CPM
              21時50分 橋本市 晴 14CPM
         16日  8時30分 橋本市 晴 25CPM
             22時50分 橋本市 晴 24CPM
         17日  7時50分 橋本市 晴 16CPM
              22時20分 橋本市 晴 29CPM

   
 更新が滞った。

 今晩は、久しぶりに高い。

 数日前に福島で何かあったか、大阪から風に乗ってやって来ているか。

 両方か?

 大変な時代である。


 安倍総理が、TPPの交渉に参加すると表明した。

 オバマ大統領と会談で、何かあったのかな?

 「次は東海か、中南海ですよ」なんて言われたのかな。

 オバマ大統領でさえ、TPPの詳細にアクセスする権限はないのだ。

 おまけに締結後5年間は、参加国国民に詳細は公開されない。

 次の参加国による会合は9月。

 あと一回しか交渉チャンスがないのに、本気かな????

 おまけに日本は、既決事項を丸呑みしなければいけないと言う。

 これがポーズと、時間稼ぎであって欲しい。

 まかり間違えば、吸血鬼達がやってくる。

 私達は商品の内容を知る権利さえも奪われ、判断する自由も奪われる。

 いったい何があったのだ?


 出口王仁三郎さんが、「二分も残らぬぞよ、心してかかれ。」と言い残している。

 そんな時代が来るのか?

 大丈夫。

 未来を信じる私やあなたがいるから。

 今度移り住む山里に、1町の田畑と、6町の山林を入手した。

 そこで使うことになる井戸は、空海上人が掘ったもの(掘らせた?)だそうで、一度も涸れたことが無いのだそうだ。

 その水で暮らせる私達家族は幸せだ。

 まずは大地に足を付けて、命を育んでいきたい。
 
 そこから色々見えてくるだろう。

 山と田畑とお天道様と、一緒に暮らすぞ。

 ワクワクする。

 
 KAZUEさんから素晴らしいコメントを頂いた。

 そこで動物、植物たちの感動する話をまとめてみようと思ったが。

 TPPにショックを受けて、そちらにエネルギーが取られた。

 次回からまとめてみます。
[PR]
by drkikurin | 2013-03-17 22:58 | 放射線量 | Comments(0)

息子の1歳の誕生日

平成25年3月10日  8時    橋本市 曇 18CPM
         11日  2時30分 橋本市 曇 16CPM
              7時20分 橋本市 晴 17CPM
             24時    橋本市 晴 25CPM
         12日 20時10分 橋本市 晴 14CPM
         13日  8時30分 橋本市 晴 27CPM

    
 近頃確定申告やら古民家再生やら息子の誕生日やらでどたばたしている。

 測定値は、平和な値・・・・でもないが。 

 昨年の3月11日に妻が産気づいた。

 まさか3月11日に生まれるかと思ったが、50分ほど翌日にずれて、息子は誕生した。

 ようやく1年生きた。

 長くて短い。

 私自身は、ついこの前生まれたような気がするが、もう結構な歳である。

 今自分が子供を見つめる、同じ目線で母は私を見つめていたのだろう。

 その母も父も、そのまた母も父も。

 そんな風にして歴史は積み重なって行く。

 ご先祖様を大事にするにはわけがあるのだ。

 それだけではなく、今目の前にある様々な命には、それぞれ親がある。

 以前アゲハ蝶の幼虫を、ニンジンの葉っぱから引きはがして捨てていたとき、親のアゲハ蝶が盛ん私にぶつかって来た、と書いた。

 その話はねずきちさんのブログでも紹介してくれた。

 親とはそんなものなのだ。

 私達は、その繋がりの先端にいる。

 私が私に、あなたがあなたになるために、どれだけの時間がかかったのか?

 その結び目が、光の網の目のように見えたことがある。

 全ての命は、光で繋がっている。

 親が子を思い、子が親を慕う、それだけで幸せだ。

 
 今、世の変化が激しい。

 混沌の神様が甦ったからだとも思う。

 この変化にゆったり浸かって行こう。

 変化に乗れないと恐竜みたいになるのだろう。

 子供を、家族を守るぞ。

 力を抜いてね。

 大震災で亡くなった方々と生きている私達。
 
 共に、新たな時代を作りましょう。

 すみません、今日はこんな気分でなんらニュースは扱いません。
[PR]
by drkikurin | 2013-03-13 17:16 | 放射線量 | Comments(2)

反米の旗手チャペスの死

平成25年3月6日  7時40分 橋本市 晴 28CPM
            21時10分 橋本市 晴 19CPM
         7日  7時    橋本市 晴 15CPM
             22時20分 橋本市 晴 16CPM
         8日  7時20分 橋本市 晴 21CPM
             20時10分 橋本市 晴 15CPM
         9日  8時20分 橋本市 晴 26CPM
             13時20分 橋本市 晴 18CPM
             21時    橋本市 晴 21CPM


 なかなかアップできずに測定結果が溜まっている。

 近頃黄砂が飛んできている。

 それでも低い値なので、黄砂の放射能はそれほどでもないと言うことか。

 9日は、朝高い値だったので、念のため日中も調べた。

 問題のない値が続いている。

 大阪市内では、がれき焼却前から1割近く上昇して、その値を保っている。

 13CPMが0.1μSv/hのガイガーカウンターで、通常は17CPMだった。

 今は18CPM~19CPMの間が、平常値だ。

 ガイガーカウンターはβ線の感度が高いので、上記値が必ずしもμSv/hと換算できる値とも言えない。

 まあ、上昇していることは確かだが・・・どうなることやら。


 ベネズエラの大統領、チャペス氏が亡くなった。

 癌だったそうだ。

 反米の旗手だった。

 カダフィ大佐と言い、フセイン大統領と言い、反米の指導者は死ぬのが早いな。

 両国ともイスラム圏でありながら選挙を行い、女性が修学でき、医者になれた。

 中東の希望の星だった。

 イスラム圏で、数少ない民主主義国だったのだが・・・・・・

 アメリカは中東の民主主義国が嫌いなのだ。

 サウジとか、クエートは安泰。

 石油マネーで潤っている王族は、札束を焼いてバーベキューをしたりするそうだ。

 クエートがイラクに攻め込まれた時は、「ざまあみろ」と思った石油関係者が多々いたそうだ。

 田中角栄の症状も変だったな。

 聖路加病院の日野原先生は、毒物の権威だから、話を聞いてみたい。

 色々知っているのかも。

 常識は疑った方が良いだろうし、真実は知らされていないと思った方が良い。

 私の書いたことも、実は間違いなのかも知れない。

 何が起きているのやら。

 福一でも何が起きているのか??

 まだ寝ていないようだ。

 
 古民家の再生は、壊すことが終わって、いよいよ作るところに来ている。

 住むところを仕上げて、住めるようになったら田んぼと畑、そして山の世話を。

 いつになったら山の手入れに入れるのか?

 来冬かな・・・・・

 山の手入れに入ったまま、野生化してしまうかも・・・・

 子供達がワイワイ遊べる山にしたいな。

 荷物運び用に、軽トラも買ってしまった。

 我が家の家計では、車二台は維持できないので、引っ越しが終わったくらいに売りに出そうかな。

 それにしてもなんだか楽しい。

 山里に隠居しそうな勢いである。

 私達の日々は、お金を稼ぐためにあるのではないわけで。

 何も確かなことが分からない現在、土に触れて命を感じるその感触が、ただただ確かだ。

 迷ったら、大地へ帰ろう。


 今世の(前世もだったが)目的は、標語にするなら「融合」とか「結び」。

 何でもぶった切ってしまう私が、そう言うのもおかしいが。

 どこまで行けるかな。
[PR]
by drkikurin | 2013-03-10 00:02 | 放射線量 | Comments(0)

ブルーム、電磁波とスマートフォン

平成25年2月21日  9時40分 橋本市 晴 19CPM
             21時10分 橋本市 晴 24CPM
         22日  7時30分 橋本市 晴 24CPM
              23時50分 橋本市 晴 23CPM
         23日  7時30分 橋本市 晴 27CPM
              23時    橋本市 曇 20CPM
          24日  14時   橋本市 晴 19CPM
              23時50分 橋本市 晴 18CPM
         25日  8時20分 橋本市 晴 21CPM
              19時50分 橋本市 晴 20CPM



 風邪を引いた。

 久しぶりに38℃以上の熱を出して、ぐったりしていた。

 私が風邪を引くと「きくりんでも風邪を引く」とか、「鬼の霍乱」とか言われたが。

 そんなわけで、24日は朝に測定が出来ず、午後からの測定になった。

 
 今日11時30分くらいに、大阪市内の我が社研究室で、通常の2倍強の放射線量を計測して驚いた。

 すぐに収まったので、機械の故障かと思ったが、あとは通常通りに動いているので多分正常だったのだろう。

 関東の知人に聞いたら、そんなのしょっちゅうだよ、とのこと。

 畑仕事中に測定器の警報が鳴って、見たら10倍も跳ね上がっていたという。

 汚染源からのブルーム、気流が運んでくる濃い部分だ。

 福島から大阪に来るまでには、そんな濃いブルームは拡散するから、近い所だろうな。

 さてどこからだろうかな??(棒読み)

 こんな突発的に濃い気流が来たら、仲間内にも連絡出来ない。

 と言っても、短時間のものだから、気流の幅も狭く局所的なものだろうから、無駄かも。

 これが、幼稚園とか保育園にかからないように祈る。

 とにかく大阪市内の外出時は、マスクをして下さい。

 何もないかも知れないが、保険だと思って。


 先日、関東から友人がゆの里に泊まりに来ていた。

 アトピーがひどくなったのだという。

 お風呂の中で、「スマートフォンにしなかった?」と聞かれたらしい。

 その通りだったようだ。

 まさにその日、知人が、スマートフォンの周波数帯は危ないらしい、と言っていた。

 地デジの周波数帯もかなり・・・・と。

 軽汚染地域の人が、震災後よりもスマートフォン所有後の方が、激しくアトピーが悪化した?

 電磁波と放射能どっちが身体に悪いのやら。

 もちろん断定は出来ないし、もっと緻密な検証が必要ではあるが。

 例えば色んな臓器の細胞内分子の結合が、どんな周波数と共鳴して切れるのかとか、特に遺伝子など・・・

 脳波が、どんな周波数帯下では、どんな風に変化するとか・・・・

 本当は検証されているのではないか?

 ちなみに低周波の電磁波は、WHOによると発がんの可能性あり;クラス2Bに指定されている。

 何故か日本では報道されていないが。

 低周波だけ?

 昔、ハーモニックオシレーターという治療器を発明した科学者がいた。

 60Hzの低周波の電磁波を照射すると、植物のガンが消えたらしい。

 自分で確かめていないから、何とも言えないが。

 どっちが本当か分からない。

 まあWHOが言うんだから・・・・・・・・


 近代的な便利さの陰には、色んな危険が潜んでいる。

 離れたいわけではないが、山の中に引っ越すので、結果的に結構離れることになる。

 そこは幸い高圧線が通ってない。

 どこまで衣食住が自立できるかな。

 こんな時代だから、科学を生業としてきた者の反省としても、原点回帰したい。

 大地から離れない、価値観や宇宙観、宗教観などまで一体になった科学大系が出来たら良いな。

 そのエネルギーを使う時には、神様の恵を思うような・・・

 そいえば、昔はそうだったな。

 プロメテウスが、自分を犠牲にして神様の火を人にもたらしてくれた。

 今では一ひねりで火が付く。

 お伊勢さんでは、御火鑚具(みひきりぐ)で、毎日火を起こす。

 鞍馬寺の奥の院近く不動尊には、空海上人が灯したという火が、未だに燃やし続けられている。

 火は神聖なんだ。

 一番汚れた火は、やはり放射能と原子力ではないか?と思ったが・・・

 いやいや、毎日使う石油の火もガスの火も、その成り立ちを思えば神聖に思える。

 そうかそうか、なんでも神聖なのかも知れない。

 原子の火は宇宙の根源力で、一番神様に近いのかも。

 人類は禁忌に触れたのかも知れないな。
[PR]
by drkikurin | 2013-02-25 23:12 | 放射線量 | Comments(0)

北朝鮮核実験

平成25年2月12日  8時    橋本市 晴 23CPM
             23時50分 橋本市 雨 30CPM 0.087μSv/h
         13日  7時20分 橋本市 雨 27CPM 0.091μSv/h
   
 
 仕事で煮詰まっている。

 新しい商品の顔が見えない、と言うかどんな顔にするかイメージが湧かない。

 気分転換で、ブログを書いている。

 昨夜から線量が上がったと思っていたら、北朝鮮で核実験とのニュースが。

 地上近いところでの実験だったようだ。

 何かしら、線源らしきものが飛んできているような測定音である。

 ガイガーカウンターの値が高く跳ねているが、ベ-タ線源が飛来しているのだろう。

 μSv/hと併記しているものは、サーベイメーターによる測定です。

 空間線量が上がるほどの飛来物があるというのは、実はなかなか大変なのだ。

 政府機関の測定結果は、開示されているのかな??

 「アメリカと対等の交渉が出来るように」との北朝鮮の主張は正しい。

 きれい事をどれだけ言っても、核保有国が世界を動かしている。

 「私達は持っているし、実験しまくった。ついでに人の上でも使ってみたが、世界平和のため他国の所有は認めない。」

 アホか!と言うより、偽善者の極である。

 こんな連中から日本を守るためには、どんな手段があるのか?

 現政権はどんな舵取りをするのやら。 

 かの国の核開発は、どれだけの餓死者と引き替えたのか。

 自国民の人体実験でデータを集めた国もあるが。

 失われた命を思うと、恐ろしくも切ない。

  
 大阪市内の今朝は、通常より低いくらいで、北西の風が吹いている。

 ところが線量が上がってきたと思ったら、北風に変わっていた。

 舞洲の処分場由来ではない。

 これらは北朝鮮由来のものであろうと所見する。

 根拠には乏しすぎるが。

 黄砂にがれきに核実験と、大阪はトリプルパンチを食らっているようなもの。

 福一からのブルームを入れると、クワドラプルパンチか。

 測定の根拠を明らかにするためには、検出器用の素子が必要だが、まだまだ買えない。

 
 さて、人を幸せにする為の化粧品を作る・・・・どんな顔にするか・・・

 優しい顔かイケメンか、ソース顔か、大和撫子か・・・・もう少し悩むかな。

 大和撫子・・・いいかも。

 仕事に戻ろうか。

 短稿にて失礼。
[PR]
by drkikurin | 2013-02-13 16:12 | 放射線量 | Comments(0)

古民家再生

平成25年1月5日  7時20分 橋本市 曇 21CPM
              21時    橋本市 曇 20CPM
          6日  7時20分 橋本市 雨 17CPM
              20時40分 橋本市 晴 25CPM



 大阪市でがれきの焼却が始まって、どうなることかと思っていたが、意外と低い値。

 確かに福一から出る放射性物質の量からすると、桁違いに少ないが。

 それにしても近すぎる・・・・・

 出来たら何事もなく終わって欲しい。

 今日は大阪市内に西風が吹いた。

 舞洲からの風が、職場を通過しているはず。

 窓に向けた計測器は、お昼ぐらいにほんの少しだけ上昇した(17→19に)が、誤差の範囲だ。

 あとは、日々積もる放射性物質が、これから先2年でどれだけ蓄積するか。

 それにしても、そんなにがれきってあるのか?

 知人がサーベイメータを欲しいと言うので、機材を買ったアメリカの業者に頼んだら、送料込み650ドルでこんなセットを提案してくれた。

 Ludlum Model3 と、3”×3”のプラスチックシンチレーターのセット。 

 4500CPMで、およそ0.1μSv/h、高感度なので食品の5Bq以下の汚染も発見できる。

 その知人が購入をあきらめたので、断ればよいのだがせっかくなので、必要な方には紹介します。

 この感度を国内で求めたら、あったとしてもおよそ8万位はするかな。

 ご連絡下さい。

d0231730_23255158.jpg
 


 近頃、購入することになった古民家の掃除と整理に忙しい。

 ほどほど整理できたら、工務店に修繕をお願いする。

 昔の人は物を大切にする。

 しかし、大切にするにもほどがある・・・・・

 鉈が5振り出てきた。

 手斧が3振り。

 斧が2振り。

 大工道具(炭壺、鉋(カンナ)、のこぎり、のみ・・・・)

 ちびて稲の葉っぱほどに細った鎌が、何本も・・・・

 ぼろ布が山のよう。

 食器が山ほど・・・・朱塗りの良い物がたくさんあった。

 火鉢が5鉢。

 七輪一つ。

 貴重なざるが多数。

 屏風が2張り。

 鍬鍬多数。

 困ったのが、農薬、しかも除草剤・・・・

 期待した日本刀は無かった。

 古書が多数、「明治大帝」なんてあった。

 ドーナツ盤の懐メロも。

 少しヤフオクで換金し、へそくりに・・・・需要があるのかな??
 
 これから一部解体し、壁土や柱、瓦を保管する。

 どれだけ大事に出来るかな。

 土壁や土蔵は、そのうち自力で修理しよう。

 家の裏、北側は絶景だ。

 お風呂や、バーベキュー場にに良いかな。

 広い敷地をどう使おうか?

 衣食住とエネルギーをどれだけ自給できるか、色々やってみよう。

 衣は、妻が機を織る。

 食は田畑を家族で営む。

 住は、主に私が作ったり壊したり・・・エネルギーも作ろう。

 山に穴を掘って研究スペースを作り、放射線関係の実験をしたら、背景放射線が安定して楽なのだが。

 落盤でひどい目に遭いそうか?

 作業にお手伝いいただいた方には、柿山の柿の木を1本、向こう5年間お貸ししましょうか?

 とか何とか言って、山の下草刈りや手入れをしてもらいたいのだが、読まれてるかな??

 門のあたりにアースバックハウスを建てて、子供の遊び場、集まる場所にしたい。

 土に触れて、原点を思い出して欲しいのだ。
 
 アースバックハウスは、とにかく労働力が物を言うので、暑い季節の施工は不可。

 秋から冬の農閑期がよいかな。

 ガウディーみたいなデザインだと、背後の古民家と調和しなくなるが・・・・

 さてさてどうなりますか・・・いや、どうするか、だな。 

 こんな事は、未来を信じないと出来ない。

 もちろん信じてるさ。
[PR]
by drkikurin | 2013-02-06 23:29 | 放射線量 | Comments(4)

がれき焼却中の和歌山大阪

平成25年2月1日  7時30分 橋本市 晴 15CPM
             23時50分 橋本市 雨 16CPM
         2日  7時30分 橋本市 曇 20CPM
             20時    橋本市 晴 18CPM
         3日  8時    橋本市 晴 16CPM
             20時    橋本市 晴 14CPM
         4日  7時50分 橋本市 雨 21CPM
             20時20分 橋本市 曇 18CPM
 

 なかなか更新できずに(いつもそう言っている)データが溜まっている。

 汚染がれき焼却中なので、データを待っていた方は、おまちどおさまでした。

 なかなか更新してこないと言うことは、大したことないと言う意味です。

 大阪市のがれき焼却は、実は30日から始まっていたらしい。

 むしろ平常値より低めに推移している。

 大阪市内は微増・・・・でも誤差の範囲内。 0.13μSv/h程度。

 地べたの数値はやや上昇・・・・これは内緒。

 がれき焼却反対の活動をしている団体の構成員が、驚くほど線量計を持っていない、と友人が。

 反原発団体の左翼に乗せられてるだけなんだろうな。

 大阪の舞洲から飛散する汚染物質をモニターするには、アメダスによる風向と、そらまめ君をチェックしましょう。

 ここ→ アメダス風向 ソラマメ君・・・・ではPM2.5をチェックしましょう。

 北九州市では、がれきの焼却が終わった。

 もうがれきがないそうなのだ。

 大阪は宮古からと言ってるが、信じて良いのか??

 九州では福島ナンバーで、核物質マークのあるトラックが目撃されているが。

 
 近頃体罰に関するニュースがはやっているが。

 「カヌヒモトの思い出」という話を、小学校の教材で見た。

 大学院時代、家庭教師をしていて、国語の問題集にあった。

 読んで私が感動して涙ぐんでしまった。

 その教え子も、東京神田で二児の母なのだ。

 こんな内容だった。

 「カヌヒモト」とは、櫛の歯を「買った、盗んだ、拾った、もらった、取った」と数えて、「やーい○○ちゃんの櫛は盗んだ櫛だ~」なんてはやし立てる、子供の遊びなのだそうだ。

 おばあちゃんが小さかった頃の、櫛にまつわる思い出を孫に語っていた。

 お小遣いを持って、町の縁日で櫛を選んでいた「カヌヒモト・・・カヌヒモト・・」

 そしたら「泥棒だ~」との声にびくりしたら、子供が何かを抱えて逃げて行く。

 櫛を買うのもやめて、帰ることに。

 帰る途中神社の中で、少年の話し声がした。

 一人は隣町の上級生、もう一人はさっきの逃げていった男の子。

 その男の子が盗みを働いた子を叱っている。

 そしてその子の顔をバシッと叩いた。

 返す手で、自分の顔ももっと強くバシッと叩いた。

 その途端に盗みを働いた男の子は泣き出した。

 その上級生は、一緒に謝りに行ってあげるからお店に戻ろうと、その子を諭していた。

 その光景が、ずっと目に焼き付けたまま大人になったその女の子に、なんと隣町の大人になったその男の子との縁談がやってきた。

 二つ返事でOKした。

 その夫がいかに男らしかったか、曲がったことが嫌いだったか、優しかったか、孫に話して聞かせる。

 その夫は、戦争で死んだという。

 亡くなったあとも、ずっとずっと思い続けているのだ。

 こんな内容である。 

 体罰とは少々違う内容かも知れないが、この話を思い出した。

 体罰だろうが、叱責だろうが、内にその人を思う思いやりがあればそれでいいと思うが。

 この話を教材に選んだ選者はえらい。

 
 人の歴史、社会は織物のようだ。

 親が子を思う愛で繋がる盾の糸。

 伴侶を思いやる愛情、そして隣人や地域、国を愛する気持ちで繋がる横の糸。

 なのになぜ争いが起きるのか。

 もうそろそろ二元論から脱する時期なのではないか。

 本当の英知と愛に触れたいな。

 もう触れているのだろうが、気付かない無知が悔しい。

 例えば原子力に代わるエネルギーにしろ、放射性物質の制御にしろ、すぐそこに答えがあるのだろうけど、気付かないし分からない。

 己の知恵の無さが悲しい。

 それもプロセスなのだろうが。


 ところで、新しく住むことになった山の中の古民家。

 この9日から、取り壊すべき小屋などを取り壊すことにした。

 一旦エネルギーをリセットするのに良い日なのだそうだ。

 壁土や痛んでない柱、瓦は、大事に保管する。

 もし手伝って下さる方、冷やかしでも可ですが、どうぞいらして下さい。

 今の状態になるまでも、ありがたいことにたくさんの人が手伝いに駆けつけてくれた。

 みんな絶賛する、素敵な山間の土地です。

 私達家族が、いったいどんな暮らしを始めるのやら。

 まだまだ未知数ですが、なんだか楽しい。

 それにしても22年人の住んでいなかった家には、別の主がいたようだ。

 昼は場所を譲ってくれるようになったが、夜はまだいるようだ。

 このリセット期間に引っ越してくれるかな?

 楽しくて「わはははは!!」と笑いたくなるが、そしたらその主も引っ越しして行くのかな?

 そしたら真っ黒黒介だな、それは。
[PR]
by drkikurin | 2013-02-04 23:11 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな