きくりん情報局

カテゴリ:放射線量( 288 )

会津若松へ

平成23年3月27日 朝8時  橋本市  24CPM

地震直後ぎりぎりに手に入れたガイガーカウンターのキットを組み立てたものを、要望があった支援活動で福島に行かれる方に、お貸ししました。

放射能は人間の感覚では分からないと言うこともあるのでしょう、現地はなかなか切迫感が無いそうです。ボランティアの方々や、現地の安全の認識に役立てていただけたら嬉しいです。

福島、会津若松あたりの状況が伝えられたらアップいたします。

支援に駆けつけている皆さんもがんばれ!
[PR]
by drkikurin | 2011-03-27 11:07 | 放射線量 | Comments(0)

微生物と水

平成23年3月26日 夜11時30分  橋本市 晴れ    24CPM

 全く問題ありませんが、少々高めの線量です。測定器の反応がいつもと違うので、やはり何かが起きているのでしょう。

 福島原発の冷却系の再稼動のニュースを待ちわびているのですが、まだです。
 現場の技術者の皆さんは、まだまだ息もつけないことでしょう。
 がんばって下さい。

 原爆の死の灰が降った広島長崎では、翌年にはもう植物が生え始めたそうです。
 
 米軍は、「30年は草も生えないだろう」と予測していました。
 まあそれでも落としたのですが。

 被爆地では微生物が放射性物質を食っていた、と報告されています。
 その研究を続け、成果を上げている研究所があります。

 チェルノヴィリ原発の事故で死の灰が降った北欧の森では、あちこちにきれいな泉が湧いたそうです。
 それらの泉が、森を浄化していったと、北欧のスピリチュアリストが言っていました。

 どちらも非科学的と言えますが、何かしらの真実は含まれているでしょう。
 
 生きた大地には、まだまだ知られていない力があるのだと思います。
 私たちは、大地や大気、水も合わせて一つの命、私たちなのだと思います。
 
 東北の大地と森と海の痛みを我が事と感じながら、「がんばれ」と、祈りを送ります。

 
 
[PR]
by drkikurin | 2011-03-27 00:17 | 放射線量 | Comments(0)

今朝の放射線量

 平成23年3月25日 午前8時30分  橋本市    晴れ     21CPM

 朝の放射線量をアップします。

  高速増殖炉について少々書きます。

 福井に建設された高速増殖炉もんじゅ。
 知恵の神様のお名前を頂いている割にはなかなか?な施設ですが・・・・・

 通常燃料棒の周りは水で満たされます。
 水は、飛び出してくる中性子にブレーキをかけます。
 
 中性子にブレーキをかけると、ウラン238に衝突しプルトニウムを生成する率が減ります。

 もんじゅでは、中性子にブレーキをかけない、大きな原子の金属、ナトリウムを使用しています。
 たくさんプルトニウムが出来て、今度はプルトニウムが核反応で燃え、燃料を入れ替えなくても
 延々と発電を続ける、しかも核廃棄物が少なくなる・・・かも・・・と言う夢・・の原子炉です。
 
 ナトリウムは水に触れると水素を発生し、その水素は酸素と反応し爆発しやすい気体です。
 不確かですが、昔水素が原因の火災を起こしていたように記憶しています。
 核反応以前に、ナトリウムをコントロールし切れていないようです。

 なかなか無理な構造なので、しょっちゅう事故を起こし、幸い臨界試験まで行けません。

 個人的には、あきらめて頂きたく思います。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-25 11:06 | 放射線量 | Comments(0)

今朝の線量

平成23年3月24日  8時30分  橋本市  晴れ(薄く雲あり)      27CPM

  ほんの少し高めの線量です。 このところ朝に高い傾向があります。

  地震の揺れの強度に、ガル、と言う単位があります。
  加速度のことです。
  980ガルが重力加速度と同じ。
  およそ900ガルだった阪神大震災では、体が浮くほどの揺れだったことになります。
 
  中越沖地震では2000ガル
  岩手宮城内陸地震では4000ガル
  これらではもう、上下に放り投げられているほどの揺れであることが分かります。
  
  今回の震災では2900ガル
  
  重力の3倍程度の揺れです。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-24 09:16 | 放射線量 | Comments(0)

今朝の線量

 平成23年3月23日 午前8時 橋本市 晴れ    17CPM

 ようやく通常値に戻ってきました。
 このところの少々高い値でも心配はないのですが、何かが起きていたことを推測させます。

 現場で文字通り必死に作業をしている方々に、心から感謝します。

 ご無事でご家族の元へ帰られることを、切に祈ります。

 では仕事に行ってまいります。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-23 08:44 | 放射線量 | Comments(0)

今朝の線量

 平成23年3月22日 8時 橋本市 曇り   34CPM (通常は10~20CPM)

 少々高いです。 心配ないレベルですが、数日前に何事かが起きていたというのは推測出来ます。
 では仕事に出かけます。

 行ってきます。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-22 08:38 | 放射線量 | Comments(0)

測定器

 私の使用しているガイガーカウンターを紹介しておきます。
 米国サイニクス社のDX-2です。
 仕事でつきあいのある業者から数年前に購入しました。
 もしもの時に・・・・・まさかね・・・・こんなのが役立つようなら世も末・・・・・ 
 なんて考えていたらそのまさかの3回目が今回の東北大震災に伴う福島原発の事故です。

 1回目は北朝鮮の核実験。国は「大丈夫」と言っていましたが、午後から放射線量が3倍に増えました。

 2回目は昨年末12月9日の玄海原発の事故です。
  12月9日深夜通常1000倍近くの異常値が四国で観測されたとの情報を得て、11日に観測しました。かなり収まっていましたが、事故2日目で通常の2倍ほど。雨でした。
 
 今度で3回目です。
 
 放射線量は低くても、体内に取り込んだ場合の内部被爆は、安全値がありません。

 関東、東北の方は、雨には濡れないように、チリは吸い込まないようにご注意願います。

 そのうち詳しく書きます。d0231730_1385448.jpg
[PR]
by drkikurin | 2011-03-21 13:13 | 放射線量 | Comments(0)

本日のガイガーカウンター測定値

 そろそろ関東近辺での放射線量も落ち着いてきたみたいですね。
 少々遅くなりましたが、福島原発の事故にあたり、住居の和歌山および勤務先の大阪で測定した放射線量を公開するブログを作りました。
 参考にしていただけたら幸いです。

 ちなみに関西圏では通常の放射線量は20CPM(一分あたりのカウント数)以下です。
 これは私の持っている測定装置を、一分間に何本の放射線が通過したか、と言う値です。
 放射線量が多い時は、マイクロシーベルト(μSv)で測定出来ますが、そんな事態は来て欲しくないですね。

 平成23年3月21日 午前10時現在 橋本市 天気;雨   24CPM
 
 
 今後、原発の持つ諸問題なども取りあげてゆきます。
[PR]
by drkikurin | 2011-03-21 12:35 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな