きくりん情報局

地震??

平成26年 2月5日  9時10分 橋本市 晴 12CPM
          6日  3時     橋本市 晴 23CPM


 高かった線量が、今朝いきなり落ちた。

 地震の直前は、放射線量がいきなり落ちると聞いた事がある。

 他の線量計でも、放射線量は通常よりかなり低い。

 夜になって戻ってきたが。

 今日は雪が降ったので、蓄積された大地のエネルギーも少々流れる。

 結果として、それほどの地震は来ないだろうかと思う。

 私だけの感覚ではないようだが、地震の前には気のレベルでの揺れが来る。

 気の揺れが、ゆらりゆらり・・・とやって来て、「おや地震かな?」と思っても、物理的には何も揺れない。

 それから2、3日以内に、本当の地震が来る。

 どなたか経験ありませんか?

 今日は、ほんのかすかにその感覚があった。

 たいしたエネルギーではなかったので、心配なし。


 およそ70年間隔で起きる関東大震災が心配されていたが、来ない。

 蓄積されているのか、どこかに放出したのか。

 東北の栗駒山系で、とんでもない地震が起きたことがあったが、それがそうだとも言われるが。
 
 以前、地震予知のために、各地の地脈を探して回った。

 その真上に原発が建っていたりする。

 地の要所だから、そこを壊せば日本は壊しやすくなる。

 為政者は、そう言ったあちら側の囁きに相性がよいのだろうな。

 公共工事もそうだ。

 何故こんな祈りの土地を削ってしまうのだろうか、と言う工事が多い。

 昔の人たちは、日本を守る為に色々な仕掛けを残した。

 多分まだまだ大丈夫なのだろうが、それでも一つ一つ壊されている。

 居間住んでいる橋本市も、都会的な繁栄ではなく、山河を大事にした故郷としての町作りを望む。
[PR]
by drkikurin | 2014-02-06 03:33 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな