きくりん情報局

左半身

平成25年11月12日  10時     橋本市 曇 20CPM
          13日   7時30分 橋本市 晴 24CPM
                21時20分 橋本市 晴 18CPM
          14日   8時50分 橋本市 晴 21CPM
                22時10分 橋本市 晴 17CPM
          15日  10時30分 橋本市 雨 27CPM
          16日   0時50分 橋本市 晴 27CPM
                 9時40分 橋本市 晴 22CPM
                22時30分 橋本市 晴 26CPM


 放射線量は安定している。

 有機野菜などの販売を手がける、オルターの社員さんに聞くチャンスがあった。

 千葉あたりでも、野菜の放射能は検出されなくなったそうだ。

 めでたい。

 一方宮城県南部の知人の庭で、震災直後の土壌汚染が1600Bq/kg、現在が1500Bq/kgだと。

 放射能(セシウム)はもっと減衰するはずなのが計算が合わないのは、まだまだ放射性物質が降っているから。

 なんとかしないと・・・

 オルターという会社は、チェルノヴィリの事故直後から、食品の放射能測定を始めたそうな。

 1Bq/kgまで測るそうだ。

 多分半導体(Ge)型測定器だろうか、結構な装置を導入したのだな。

 こんな業者の奮闘はありがたい。

 もうそろそろ忘れたいところだが。

 今後海洋に流れた汚染物質は、段々と薄まり、穏やかに全海洋を汚染して行く。

 どんな浄化システムが作動するのかしないのか。

 ウミガメやイルカの大量死のニュースも聞く。

 ヒトデもそうらしい。

 ウミガメの場合は海に漂うゴミが原因であることが多いし、イルカや鯨は潜水艦のソナーが原因だったりする。

 ともかく人は気付くべきだ。

 自分の口に入る物を注意するのももちろん、排出する物も注意しないといけない。

 地球の生態系の歯車として、ちゃんと機能しているか・・・・していないのは明白だが。

 ではどうするべきか、手の届くところから始めなければ。

 私達は何を求めてどこへ行きたいのだ?

 
 プライベートでは、購入した古民家にはまだ住めていない。

 登記の問題がまだ解決しない。

 何が引っかかっているのやら。

 意外と、住む私達の問題かも知れない。

 こちらは時間がかかるかな。

 それにしても身体の左側ばかり痛める。

 私は左側の氣が強く、オーラーも大きい。

 そして色が青紫。

 客観的で未来時制の思考の色。

 思考に偏重した、やや(多々?)アンバランスなメンタリティーなのだ。

 左側の羽がもげている、と言われたこともあるが、多分ずっと長いこと引きずっている魂の問題なのだろう。

 いい加減気づけよ、とのお告げか。

 世も末だなと思いながら、本当に世も末になるまでには直したいものだ。 
[PR]
by drkikurin | 2013-11-16 23:09 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな