きくりん情報局

汚染水の漏れ

平成25年8月15日  9時10分 橋本市 晴 21CPM
         16日  0時20分 橋本市 晴 31CPM
               9時30分 橋本市 晴 21CPM
             24時     橋本市 晴 23CPM
         17日  9時     橋本市 晴 18CPM
         18日  3時10分 橋本市 晴 23CPM
               8時10分 橋本市 晴 25CPM
         19日  0時30分 橋本市 晴 21CPM
              10時30分 橋本市 晴 0.13μSv/h (サーベイメーターにて) 
         20日  9時40分 橋本市 晴 30CPM
              22時     橋本市 晴 25CPM
 

 測定結果がまたまた溜まっている。

 時々30CPM(0.17μSv/h)を超える。

 困ったものだ。

 19日はイベントで、疲労のため夜は測れず。

 昼に、NaIクリスタルのプローブで測ったγ線の値だ。

 さて、どんなことになるのやら。

 
 福島では甲状腺癌の患者が、18人に増えた。

 まだまだ増えるだろう。

 記憶によると、自然発生の30倍近かったのではないか?

 でもこんなものではない。

 いつになったら気付くのか。

 見ないからと言って、現実は無くならない。 


 汚染水のタンクから、汚水が漏れたとのニュースも。

 大変な事態なのだが、今まで放出された放射性物質の量からすると、桁違いにかわいい量だ。

 そんな風に思えるほど、大変な事故だったのだ。

 福一近海と、海流に沿った海域の海産物以外には、はっきりとした影響は出にくいだろう。

 どうするのか、答えは無い。

 でも何とかしなければいけない。

 広島と長崎を再生させた自然界の浄化能力は、東日本を浄化できるのだろうか。

 日本は、世界的に見ても生物が多様だそうな。

 それに助けられてきたのだが、その多様性が生きているのか。

 
 プライベートでは、炎天下での耕作放棄地再生作業が続いている。

 手作業で。

 夏に弱い私には、なかなかきつい。

 そんなわけで、更新が滞りがちになります。

 
[PR]
by drkikurin | 2013-08-20 23:42 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな