きくりん情報局

親というもの

平成25年7月10日 10時    橋本市 晴 17CPM
             21時30分 橋本市 晴 18CPM
         11日  9時10分 橋本市 晴 17CPM
         12日  3時50分 橋本市 晴 23CPM
             14時     橋本市 晴 19CPM
             23時40分  橋本市 晴 19CPM
         13日  8時50分 橋本市 曇 16CPM
              22時10分 橋本市 曇 30CPM
 

 測定時間がかなり不規則だが、力尽きて寝てしまうことがたびたびあるからだ。

 時々測定値が跳ねる。

 どこから来るのやら。

 絶対安心せず、観察と対策は続ける。

 福島では、双頭の子供が生まれ、すぐに死んだとか・・・・某ソースから。

 切ない。

 風疹が原因ではないだろう。

 
 現在の農作業は、奥手の麦の刈り入れと脱穀、とおみがけ。

 明後日あたりから田んぼの草取りを。

 雨が降らない。

 自然農を始めて4年目の田んぼは、まだまだ水持ちが悪く、水が溜まらない。

 結果として、草が茫々と生え、草刈りに時間と体力が費やされる。

 仕方ないから、来年は土手際だけ耕耘機を借りて耕すかも知れない。

 耕すと、たくさん収穫できるのは知っている。

 それで持続可能な農業が出来るかどうかに疑問を持っているだけなのだ。

 土をひっくり返すことによる微生物秩序の破壊と、人力以外の使用の二点。

 しかし、人力のみで農業による自立は難しいかも・・・・と近頃考えている。

 しかし農作業は暑いな。


 昨日、良いものを見た。

 うちの窓の外、フェンスを猫が越えてきた。

 何か変だと思ったら、子猫を咥えている。

 子猫にネットが絡んでいて、子猫だけがフェンスに引っかかってしまった。

 大変だと、妻が外へ駆け出す・・・・息子を抱えた私に「ハサミ持ってきて!」。

 ネットをハサミで切って、子猫をひとなで、下に置いて早々に退散。

 その様子を親猫が遠くで見ていた。

 家に入って窓越しに見ていたら、親猫がやって来て、無事子猫を咥えて連れていった。

 妻が気付かなければ、あの子猫はどうなっていたのだろう。

 良かった~。

 子供を持つと、親の子に対する気持ちがよく分かる。

 近々猫の恩返しでもあるのかも・・・・・どんな??
 

          
[PR]
by drkikurin | 2013-07-13 23:11 | 祈り | Comments(2)
Commented by sono at 2013-07-19 22:42 x
今夜、たまたま猫の恩返しの映画してたのでちょっと驚きでした。橋本もやはり線量高いんですね.....。心がけときます。

娘ら、キクリンさんの話、時々してますよ。
Commented by drkikurin at 2013-07-21 22:32
 線量が跳ねる時が時々あります。北風が吹く時がそうみたいです。
 どうなるのやら。
 娘さん達と近頃遭遇しませんね。また激しく遊ぼうねと伝えてください。

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな