きくりん情報局

畑にて

平成25年6月7日  8時50分 橋本市 晴 20CPM
         8日  0時30分 橋本市 晴 27CPM
              8時    橋本市 晴 23CPM
             21時40分 橋本市 晴 21CPM
         9日  13時    橋本市 曇 16CPM
             22時10分 橋本市 雨 24CPM


 ようやく惠の雨が降った。

 植物たちも大喜び。

 私が素直に喜べないのは、雨の前日になると、飛行機が何かをまき散らしていたから。

 もう一つは、この水曜日に麦刈りの助っ人が、11人もやってくるのに、雨だと麦が刈れないこと。

 きっと龍神さんが、気を利かせてくれると思うが。

 それにしても、航空機からの散布は勘弁して欲しい。

 作物は、屋根の下で暮らしているわけではないから。

 そう言えば、某ブログでお米の販売が始まっていた。

 四国のお米で、放射能フリーであると。

 ちゃんと測っていると書いてあるが、小型シンチレーション式デジタル線量計だった。

 低い線量だから大丈夫、なんて書いてある。

 測定では、空間線量に、被測定物から発せられる放射線が重なって計測される。

 低放射能の被測定物であれば、微々たる上昇だ。

 うちのガイガーカウンターDX-2で判別付かなかったお米からは、130Bq/kgほどの放射能が検出された。

 四国の米なので安全だとは思うが、測定は非常にお粗末だ。

 巷はこんなもんだ。

 うちの機材は、まだ役に立っている。

 それが困った事態なのだが。

 
 今年の収穫を終えた麦からは、ひどい奇形は見付かっていない。

 麦ののぎ、殻から伸びているとげのような部分に、パーマがかかっているような物が一株だけ有った。

 これも、単なる出穂時の事故だったのかもしれない。

 農業をしていると、気候がおかしいのがよく分かる。

 作物が健康に育てるような、当たり前の自然が国内にはどれだけ残っているのだろう?

 心配するよりは作っちゃえ!!的な技術が、自然農。

 広まって欲しいな。

 
 引っ越し先の畑に苗を植えようと、畝立てをしていると、葛の芋がたくさん採れる。

 ついつい絞って、水で晒して葛粉にしてしまう。

 もう十分なだけ有るから、いつかオーガニックマーケットにでも出そうかな。

 畑で何かを育てる前に、大自然からのお裾分けをいただいているわけだ。

 寒葛粉じゃないから、少しだけ青臭いが。

 それにしても、火曜水曜と雨が降らないで欲しいな。

 早い収穫時期の裸麦の収穫は終え、ご飯に混ぜて炊いている。

 プチプチした食感が心地よい。

 手伝いに来て下さる方々へ、お土産にしたい。

 そのために、明日はとうみがけまで済ませようかな。

 来年は作付けを増やそう。

 今日は単なる農業ブログになってしまった。
[PR]
by drkikurin | 2013-06-10 00:00 | 農業 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな