「ほっ」と。キャンペーン

きくりん情報局

飯舘村 14/15

平成25年5月5日  9時30分 橋本市 晴 25CPM
            24時     橋本市 晴 13CPM
         6日  9時30分 橋本市 晴 28CPM
         7日  9時    橋本市 晴 18CPM
            23時20分 橋本市 晴 15CPM
 


 6日は、岸和田市で行われたイベントに行ってきた。

 夜は測定しはずだが記載漏れである。

 朝8時くらいに波切ホールに到着したが、線量が高かった。

 息子をどう扱おうか迷ったら、30分とせずに0.1μSv/h以下に下がったのでホッとした。

 気流だろうか、舞洲の焼却場からの飛来物だろうか?

 半日のうちに、線量がかなり揺れていた。

 そうだとして、山を一つ越えるだけだが、和歌山はずいぶん守られているのだなと感じた。

 
 そのイベントで、主催者が若いジャーナリストを紹介してくれた。

 祝島と福島を結んだ、ドキュメンタリー映画を撮っているのだそうだ。

 福島にも何度も足を運び、取材をしている。

 頭が下がる。

 その映画への寄付を、募集しているそうで、共感された方はご寄付願います。

 名称「スナメリチャンネル」  HP→「スナメリチャンネル

 HP内の「ドキュメンタリー映画を製作しています」を、クリックすると、映画の情報や寄付口座が表示されます。

 彼が取材した、飯舘村の牧場主の話が印象的だった。

 避難地域にある牧場に飼っている馬たちをほうっておけなくて、一人戻って馬の世話をしているのだそうだ。

 詳しい話をネット上から探した。→ ここ

 今年生まれた子馬15頭のうち、14頭が一ヶ月あまりで死んでしまったそうだ。

 以前の記事でリンクしたHPには、福島で生まれた赤ちゃん15人のうち、12人までが奇形児だったと言うのがあった。

 それに近い比率だ。

 切ない内容だが、是非記事を読んでください。

 
 そのイベントで、自然農で知り合った若い夫婦が出店していた。

 実はその夫婦の隠れファンなのだが。

 底抜けに明るい奥さんが、またよくコロコロ笑う。

 少年のような旦那が、それをニコニコ見ている。

 イベントの終わりに、売れ残ったおこわを、「失礼ですがもらってください」と、持ってきた。

 帰宅してから晩ご飯にいただいたら、おいしかった~~♪

 人柄が味に出るんだな。

 知り合えて良かった。

 自然農で知り合った人たちは、素敵な人が多いな。

 こんな人たちが、確実に世界を変えて行く。
[PR]
by drkikurin | 2013-05-08 00:29 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな