きくりん情報局

世界は変わる

平成25年4月22日  8時40分 橋本市 晴 16CPM
             20時40分 橋本市 晴 16CPM
         23日  8時50分 橋本市 晴 30CPM
             20時20分 橋本市 曇 20CPM
         24日  9時10分 橋本市 雨 27CPM
             22時     橋本市 雨 18CPM


 乱高下している。

 風の具合だろうか。

 現場は大変なのだろう。

 
 田んぼではお米の種下ろしをした。

 作業中、腕の中を蛙が跳びはねて行く。

 種下ろしの翌日、ちょうど恵みの雨が降った。

 外で蛙が鳴いている。

 良い季節だ。


 以下の話は、科学の話から著しく逸脱するので、免疫のない方はスルーしてください。

 妖怪話です。

 鞍馬山での、多分生涯で一番印象深かった体験を書きます。


 あちらの世界で起きたことは、こちらの世界に投影します。

 つまり世界は変わる。

 あとは私達がどちらを向いて歩くか、ただそう言う話です。


 関西に移り住んで二年目、平成二年の五月満月祭でのこと。

 一年に一度だけ、サナト=クマラ様が金星から降り立つと言う祭りに行った。

 子供の姿をしていて、孔雀に乗っていると言われる神様。

 女嫌いだそうで、女性を連れて行ったら、クマラ様を祀る魔王堂の結界内で胸が苦しくなった。

 そのお祭りの夜、とある氣功の団体の女性と知り合い、話し込んでいたら本当にクマラ様が降りて来た。

 ドカン!!!という感じで、いきなり巨大なエネルギー体が現れた。

 巨大な存在を前にして、ハートのチャクラが心地よく震えた。

 言葉が出ないほど、震えた。

 強烈に心地よかった。

 
 詳しくは書けないが、その年の秋ぐらいから、お山の様子が変になってきた。

 何が起きているのか、確かめたい欲求もあって、平成3年の5月満月祭に行ってしまった。

 そこに来たのは、巨大な妖怪。

 信者さん達の祈りのエネルギーを、パクパク食べていた。

 昔ウルトラQで、「バルンガ」という怪獣が出たが、そんな感じ(古いぞ!)。

 後で聞いた話、本物のクマラ様は、上空まで来ていたとのこと。

 降りてしまうと、それだけで焼き尽くして終わらせてしまうので、人に任せたようだとのこと。

 その時に下にいた仲間の妖怪に、背中を刺されたらしい。

 彼らは何をしたいのか?

 彼らがしたいのは、人と同じで一種の権力欲。

 鞍馬山は、そっち側の存在達にとっても、陸の要(かなめ)らしいのだ。

 自分たちが支配する世界を作りたいと言う事だろうが・・・・本当に人間っぽい。

 まあ、現実的な肉体を持った人間達もかなり関わっているらしいから。

 さて、何故私が刺されなければいけなかったか?

 私には、多分前年のクマラ様と出会ったエネルギーの名残が有ったからかも知れない。

 背中の傷は、元々あったらしいと言うことも原因の一つか。

 行くべきではなかったと、後で霊感友達に言われたが・・・

 その傷を治す作業が、結局私を以前より強くした。

 自分という存在を1から積み上げ治す作業を、ずっと続けたのだ。
 
 自分を見つめ続ける、自分を認識し続ける作業は、傷をえぐるのでなかなかしんどかった。

 でも治したら、120%の自分になっていた。

 それでもまだ不完全ではある。

 
 それ以来20年以上鞍馬には行っていない。

 もう解決しているかも知れないが。

 こんな話を書いて良かったのか?

 
 こんな妖怪話で何が言いたいのか?

 地球は一大変革期であると言う事。

 あちらの世界でも色々起きている。

 あっちの世界は、物が動かない純粋なエネルギーの世界だから、事がおきると早い。

 こちらの世界は、物質を動かすので、動きは遅いのだ。

 物質の持つエネルギーは、相対論(E=mC×C)にも明らかなように、とんでもなく大きい。

 それが動くためには、時間というエネルギーも多々必要だからだ。

 どっちに動くかは、一人一人の向いている方向が決める。

 いきなり反対方向へは動かしにくいが、ちょっとずつでも向きを変えれば、反対方向へも動かせる。

 合氣道と同じかな。

 神様ではなく、私達が創って行く。

 身の回りの手の届くところから、些細なことでよいから、みんな何かを始めよう。

 ん?もう始めていると。

 そりゃあ、こんな変なブログを見てる人たちだからなあ・・・・言うまでもないか。

 「おまえががんばれよ」と、返される立場かも。
[PR]
by drkikurin | 2013-04-24 23:08 | 祈り | Comments(1)
Commented by おやじポエマー at 2013-04-27 23:16 x

お話ありがとうございます。
”世界は変わる”そのお題に集約しているのを感じてしまいます。
おやじポエマーです。

あちらの世界の理をお教え頂いてありがたいと思っております。
私は見えも感じることも出来ないのですが、
私のこころの中で、コの世界と同じ・・?少し大きな世界があると思ってしまうのです。

あちらのせかいで、悪い意味でも”人間っぽい”ってことは、
いい意味での”人間っぽい”も存在するんですかね〜〜。
いいや、きっと存在していますよね。

静寂の中にある”凛”としたきくりんさんの見えている世界、
自分の心を導く欠けらにと感じております。
(少し大げさですかね〜笑)
私も少しづつですが、始めようと思っております。
また機会があればお話ください。

お心、お体にはお気をつけください。

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな