きくりん情報局

反米の旗手チャペスの死

平成25年3月6日  7時40分 橋本市 晴 28CPM
            21時10分 橋本市 晴 19CPM
         7日  7時    橋本市 晴 15CPM
             22時20分 橋本市 晴 16CPM
         8日  7時20分 橋本市 晴 21CPM
             20時10分 橋本市 晴 15CPM
         9日  8時20分 橋本市 晴 26CPM
             13時20分 橋本市 晴 18CPM
             21時    橋本市 晴 21CPM


 なかなかアップできずに測定結果が溜まっている。

 近頃黄砂が飛んできている。

 それでも低い値なので、黄砂の放射能はそれほどでもないと言うことか。

 9日は、朝高い値だったので、念のため日中も調べた。

 問題のない値が続いている。

 大阪市内では、がれき焼却前から1割近く上昇して、その値を保っている。

 13CPMが0.1μSv/hのガイガーカウンターで、通常は17CPMだった。

 今は18CPM~19CPMの間が、平常値だ。

 ガイガーカウンターはβ線の感度が高いので、上記値が必ずしもμSv/hと換算できる値とも言えない。

 まあ、上昇していることは確かだが・・・どうなることやら。


 ベネズエラの大統領、チャペス氏が亡くなった。

 癌だったそうだ。

 反米の旗手だった。

 カダフィ大佐と言い、フセイン大統領と言い、反米の指導者は死ぬのが早いな。

 両国ともイスラム圏でありながら選挙を行い、女性が修学でき、医者になれた。

 中東の希望の星だった。

 イスラム圏で、数少ない民主主義国だったのだが・・・・・・

 アメリカは中東の民主主義国が嫌いなのだ。

 サウジとか、クエートは安泰。

 石油マネーで潤っている王族は、札束を焼いてバーベキューをしたりするそうだ。

 クエートがイラクに攻め込まれた時は、「ざまあみろ」と思った石油関係者が多々いたそうだ。

 田中角栄の症状も変だったな。

 聖路加病院の日野原先生は、毒物の権威だから、話を聞いてみたい。

 色々知っているのかも。

 常識は疑った方が良いだろうし、真実は知らされていないと思った方が良い。

 私の書いたことも、実は間違いなのかも知れない。

 何が起きているのやら。

 福一でも何が起きているのか??

 まだ寝ていないようだ。

 
 古民家の再生は、壊すことが終わって、いよいよ作るところに来ている。

 住むところを仕上げて、住めるようになったら田んぼと畑、そして山の世話を。

 いつになったら山の手入れに入れるのか?

 来冬かな・・・・・

 山の手入れに入ったまま、野生化してしまうかも・・・・

 子供達がワイワイ遊べる山にしたいな。

 荷物運び用に、軽トラも買ってしまった。

 我が家の家計では、車二台は維持できないので、引っ越しが終わったくらいに売りに出そうかな。

 それにしてもなんだか楽しい。

 山里に隠居しそうな勢いである。

 私達の日々は、お金を稼ぐためにあるのではないわけで。

 何も確かなことが分からない現在、土に触れて命を感じるその感触が、ただただ確かだ。

 迷ったら、大地へ帰ろう。


 今世の(前世もだったが)目的は、標語にするなら「融合」とか「結び」。

 何でもぶった切ってしまう私が、そう言うのもおかしいが。

 どこまで行けるかな。
[PR]
by drkikurin | 2013-03-10 00:02 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな