きくりん情報局

虫に助けられた話

平成24年11月13日    8時    橋本市 曇 15CPM
                22時30分 橋本市 曇 19CPM
            14日  8時40分 橋本市 雨 19CPM
                20時40分 橋本市 曇 15CPM


 この2日間の測定値こそが普通の値です。

 0.1μSv/h を切っています。

 大阪市内も変わらず、0.12μSv/h。

 うちの自然農になりきれていない畑が、少々放射能汚染されているようだと以前書いた。

 自家製の微生物製剤を撒いたせいなのか、自然農の効果が出たのか、ほぼ正常値に戻った。

 数値を畑の小屋に忘れてきたので、次回書きます。


 民主党が、人権救済法の提出をあきらめたとニュースが。

 と思ったら、人権委員の資格を訂正する改正法を出そうとしているらしい。

 元犯罪者とか、破壊活動(テロ)団体に所属してるとか、そんな人は資格がない、と言う部分を削除するという。

 ほんまかいな  →  ここ

 そうか、彼らの支持団体に便宜を図ったのだな。

 いや、議員達の良識と、節操を信じるぞ!!!!


 今日は心身共にしんどいので、元気の出る話を一つ。


 以前、冬期には、近所の屋外のスケートリンクでフィギュアスケートの練習をした。

 スケート教室の講師で、今はもう無い北琵琶湖のリンクへ行った時のこと。

 屋外のリンクでは、光に釣られて蛾がよく飛んでくるのだが。

 近づきすぎると冷えて、氷に落ちてしまう。

 それを拾って手で暖めると、無事息を吹き返す。

 それをリンクの外へ出して、「もう近寄るなよ」と、声をかける。

 それを見ていた子供達が「何してるの?」と、集まって来た。

 「斯く斯く然々」と、説明すると、みんな嬉しそうに同じ事をしてくれる。

 あとで、引率の先生と生徒達からお礼の手紙が届いた。

 スケートを習いに行ったが、スケートよりも良い体験だったそうだ。
 
 そんな調子で、屋外リンクでは、しょっちゅう虫を拾って暖めリンクの外へ、と救出する。


 ある事がきっかけで、生き霊に憑かれて大変だった時のことだが・・・

 それも「愛とは?」と言う学びの一貫だったが・・・・終わって気付いた。

 とってもしんどかった~、「誰か助けて!」と叫びたくなるくらい。

 そんなある日、風呂に入っていたら、風呂の縁の水たまりに落ちてもがいている虫を見つけた。

 指に掴まらせて救出。

 「ゴキブリなんか即殺すのに、偽善だよな。」と、話しかけた。

 すると、「でもそんなあなたが好きだよ。」と、虫が。

 その瞬間、私が助けた沢山の虫たちの姿が見えた。

 みんな、私を助けに来てくれたのだった。

 「一寸の虫にも五分の魂」と言うが、恩を知っている彼らは人間以上ではないか。

 お風呂の中で、ひとしきり泣いた。

 私は泣き虫なのだ。

 男は泣いてはいかんぞ。

 ほどなく学びは終わって、元に戻った、と言うより少し強くなった。


 植物と会話した話を時々書くが、虫もなかなか素敵だ。

 神様の声が聞こえないのは、もう人間だけなのではないかと思う。

 本当は、結構簡単なのではないか。

 この12月21日までには、もう少しゆるんでおきたいな。

 蛇の話も書こうかな・・・・
[PR]
by drkikurin | 2012-11-14 23:25 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな