きくりん情報局

水に怒られた話

平成24年11月2日 23時10分 橋本市 晴 14CPM
           3日  8時20分 橋本市 晴 18CPM
               23時     橋本市 晴 21CPM
            4日 13時    橋本市 晴 20CPM
                21時40分 橋本市 晴 15CPM
             5日  9時    橋本市 曇 20CPM
                20時50分 橋本市 晴 22CPM


 放射線量が落ち着いた。

 なんだ、元に戻るんだな。

 発生源も、おとなしくしているようで安心した。

 ちなみに月曜日の大阪市内は0.12μSv/h。

 平常通り、と言っても大阪は高いんだ。

 がれきの焼却もまだのようだ。

 反対派がテントを張っていて、それを阻止するためにバリケードが築かれていると、ネットのニュースにあった。

 通行の邪魔になるので、反対するにもルールを守って欲しいと、市からの要望が書いてある。

 そこで、通行の邪魔になるバリケードをこしらえた市は、おもしろい。

 ぼけと突っ込みの漫才のようだ。

 それにしてもバリケードとは、本気だな。


 所で、今までに何度かお水から怒られたことがある。

 ある水を混合する際の順番を勘違いしていたら、「おまえは分かっていない!」と言われた。

 近頃は、またある水から「私を世に出せ」と、怒られた。

 非常に波動が緻密で、結ぶ力がとても強い。

 人が肉体を持ってこの世にあるためにはこれが限界、と言えるレベルの細かな波動。

 その人の向いた方向に結んでくれる。

 ついでにあっちの世界まで。

 良いも悪いも無い。

 「愛」って、そんなものだろう。

 常に光の方向を向いていれば問題ないが、人は弱いからなあ。

 光と闇の間で学ぶように、自分で選んだのだからそんなもんさ。

 弱さを自覚すれば良い。

 どちらを向いているか、自分を見つめる良いきっかけにもなる。

 それにしても、怒られたというのは、言葉が悪いかな。

 強く要求されたと言うべきか。

 しかし、そう言われてもなあ・・・・・・

 私は大好きだが、苦手な人が多いのだ。

 そばに置いておくと、ずっとお宮さんの中にいるような気持ちになる水。


 地球の今この時は、結ぶ事が大事・・・じゃないかな?

 何も信用出来なくなるが、最後は人と人との結びが決め手になる。

 人と大地、大気、水との結びはもちろんだが。

 自分の為に命をかけてくれる人が、何人いるか?

 自分が命をかけることが出来る人が、何人いるか?

 お金を信用している人が多い世の中だからこそ。

 こんな風にして、大事なことが気付かれずに、世は暮れて行くのかなあ。

 あ、「水と命と祈り」のシリーズ、続編を書きたいな。

 川で泳いだら、何かに抱かれていた様な感触があったこととか・・・

 そう、「千と千尋の神隠し」に出てくる、龍神さんの背中にいたような感触、とかそんな話を。

 どこまで書いたかな?
[PR]
by drkikurin | 2012-11-05 23:58 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな