きくりん情報局

2本の映画

平成24年10月23日 21時50分 橋本市 晴 17CPM
            24日  7時50分 橋本市 晴 31CPM
                22時30分 橋本市 晴 20CPM
            25日  7時10分 橋本市 晴 21CPM
                23時     橋本市 晴 29CPM
            26日  8時30分 橋本市 晴 22CPM
 

 相変わらず線量は乱高下。
 
 震災直後に近い値も・・・・何が起きているのか?

 でも人々の関心はどんどん薄れて行く。

 セシウム137やストロンチウム90の半減期は30年。

 その間、関心を失わずにいることは、なかなか難しいか。

 大阪で、遊園地の隣で汚染がれきを燃やすと言う、とんでもない事態にも、大阪市民の関心は薄い。


 ここ2日、2本のドキュメンタリーを見た。

 「フード.Inc」 「モンサントの不自然な食べ物」

 いずれも企業が耳順を追求するために、命の尊厳を無視していると言う事に尽きる。

 昔話の中に出てくる、キメラという妖怪、日本では鵺、そんな生き物を作り出す。

 命の尊厳よりお金が大事。

 工場のような場所で作物は作られ、家畜は糞尿にまみれて育てられる。

 飼料を食べさせないように、、ほどほど育ったら、オートメーションのライン上で屠殺される。

 あまりに哀れだ。

 植物も動物も意志があり、感情がある。

 それを大事に育てるのが農業ではないのか。

 100円のハンバーガーより、ブロッコリーの方が高い。

 結果として貧者は、病の塊になる。

 人の尊厳もここにはない。

 とにかく見ていただきたい。

 病原性大腸菌O-157は、牛由来であることをこの映画で知った。

 草しか食べない牛に、トウモロコシを食べさせることで大腸菌が変化したのだそうだ。

 狂牛病もそうだ。

 牛に共食いをさせていたことが原因。

 結局それを人が食う。

 恐ろしい。

 こんな事が出来るのは、宗教観が少なからず影響しているのではないか?

 南北アメリカ大陸を、ヨーロッパ諸国が侵略した時の残酷さには、身の毛もよだつ。

 飢えている時に食べ物を分けてくれたネイティブアメリカンを、殺し尽くして平気なのだ。

 ↑ これがサンクスギビングデーの起源なのだが。

 異教徒は動物と同じ。

 広島長崎への原爆投下も同じ宗教観からなされたのでは?

 日本では、動物も人間並みに扱ったりしたのだが。

 日本では、米も野菜も生き物として扱う。(過去形かも知れない・・・・)

 家畜を家族のように扱った。

 南部曲がり屋では、人と馬が同じ屋根の下で暮らしていた。

 自然の中で、自然のおかげで生きていられることを知っていた日本人ならでは。

 子供が起きてきたようなので、今日はここまで。

 短稿似て失礼。

 子供がいるというのは、何とも幸せである。
[PR]
by drkikurin | 2012-10-26 11:40 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな