きくりん情報局

大阪の水道水 その2

平成24年10月9日 20時10分 橋本市 晴 25CPM


 突然のアップです。

 大阪市の水道局ホームページによると、0.02Bq/lと、β線量が元に戻っていました。

 本当であれば、ひとまず安心。

 ついでに言わせてもらえば、そのβ線のエネルギーが何keVなのか分かっているはずで・・・

 0.02Bq/l とあるので、多分かなりの計測器であるはず。

 それも公表してくれたら原因物質が分かるのだが。

 外注かな?

 とりあえず、ホッと一息でした。

 それにしても、山梨県の水道汚泥中の放射性物質に、ヨウ素131が含まれている。

 半減期8日。

 数週間前の核反応で生成した事になるが。

 どこから飛んできたのかな?

 こんなデータが出ると言うことは、まだ日本は情報統制がされていない証。 → ここ

 喜ぶべきか。
[PR]
by drkikurin | 2012-10-09 22:32 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな