きくりん情報局

パラベン

 10月1日 20時    橋本市 曇 34CPM
     2日 11時    橋本市 晴 18CPM
     3日  9時    橋本市 晴 29CPM


 二日の夜は、測定を忘れて寝てしまった。

 相変わらず、測定値は乱高下。

 何かあるかもしれないので、測定は欠かせなかったのだが。

 
 水の話を書こうと思ったが、少々忙しいので、数分で書けるネタを。

 毎度書くが、私の仕事は化粧品の開発。

 エネルギー分野から足を洗って畑をやってたら、化粧品会社から声がかかった。

 科学的に実証されていなくても、効けば売れるのが面白い。

 美しい人を増やすのも、環境問題とも言えるか。

 
 私は防腐剤でパラベンを好んで使う。

 生薬の成分でも出来るが・・・以前生協の依頼でやったことがある。

 パラベンは、化学的に防腐をする。

 少々刺激がある。

 もちろん菌の繁殖を許さないのだから、それなりに刺激はある。

 元々命がない化学物質なので、生体のエネルギー「気」にはそれほど影響ない。

 ヨーロッパの研究では、「毛を剃ったマウスに塗布しても、吸収はわずか。

 さらには血液中からは、検出されなかったので、かなり早く代謝される。」

 と、報告があった。


 私は、生き物のバランスが好き。

 足、根は暖め、頭、実や花は冷ますエネルギーがある。

 人もそうだ。

 そんなバランスを化粧品の中に盛り込み、出会う人を幸せにしてくれるように祈りを込める。

 バランスをそのままに、命のないパラベンは防腐を受け持ってくれる。

 生薬、生き物由来の防腐成分は、「殺す」に近いエネルギーを持つ。

 他者を許さない、免疫的なエネルギー。

 何故か甲状腺付近を活性化(少々がさつに)するものが多い。

 それを化粧品に盛り込むと、生き物としてのバランスが壊れる。

 思いっきりバランスの悪い生薬の組み合わせで、菌の生きられない環境は可能だが。

 生薬の情報は、体にも共鳴する。

 それを避けた、バランスを壊さない処方を探求し続けてはいるのだが。

 パラベンフリー商品が喜ばれるが、そんな理由から私は疑問を持つ。

 中小の会社が、自社製品の宣伝の為に、パラベンへのネガティブキャンペーンをしたのが始まりではないかな?

 「腐らない」を、求めることがそもそも不自然なのだ。

 腐る化粧品なんてものもあるが・・・・・

 
 生き物は、生まれて成長し、老いて死ぬ。

 全てエキサイティングだ。

 それらをそのまま受け入れたい。

 喜怒哀楽全て善し!!

 今取り組んでいる自然農は、今ある作物や草、虫たちの死の上に、新しい命を育む。

 ご先祖様のおかげ、を農業的に行っているようなものだ。

 求めず貪らずに、あるものをありがたく受け入れる。

 そんな人格になれたら良いな。←これが私には難しいか。

 まだまだだなあ・・・ 

 人として、何処まで行けるのだろうか。


 追加記事です。

 遺伝子組み換え作物を使用している商品などの一覧を発見しました。

 今度上映会のある「モンサントの不自然な食べ物」関連です。

 お役立て下さい。→ ここ
[PR]
by drkikurin | 2012-10-03 12:54 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな