きくりん情報局

菅原真樹 刀

平成24年 9月24日 20時10分 橋本市 曇 25CPM
          25日  6時40分 橋本市 晴 31CPM



 いつもより更新のスピードが速いぞ・・・・

 ちょっと手が空いたので、更新できるうちに更新をと。


 近頃、かなりはずれた内容で、記事を書いています。

 原子力の問題と、関西圏の汚染状況を届けるブログでしたが。

 原子力に関して、その問題点は書き尽くしてしまった気がします。

 前の記事を読んで下さい。

 改めて断りますが、上記計測結果は、DX2と言う原始的なガイガーカウンターによる測定結果です。

 22CPM(1分あたりの放射線検出本数)が、0.1μSv/hです。

 誤差による振れ幅が大きいので、サーベイメーターによる測定値にするかもしれません。

 
 そんなわけで、また好き勝手なことを書きます。

 さて、前回の記事にあった菅原さんの刀について、もう少し書かせて下さい。

 刀鍛冶の田中さんに電話をして、お礼を言ったついでに少し話し込んだ。

 以前打ってもらった私の刀は、緑のオーラを発していたが今回はそれもないこと。

 すばらしい存在感だが、自己主張をしていないこと。

 まるで菅原さんが振って、気を込めてくれるのを待っているように見えること。

 それが、見せて頂き鞘をはらって柄を握ったとき、つい気持ちを込めそうになるのを、ふとためらった理由。
 
 無心で打てたのではないか?と。

 名刀であると、確信していること。

 田中さんは、その通り本当に無心で打てた、とのことだった。

 自分の主張を入れず、ただ玉鋼と向かい合ったのだと。

 彼は30代、研ぎ師も30代だそうで。

 この若さで・・・・恐ろしい30代だ。

 それでも刀鍛冶だけでは生活は苦しいようで、でもこの技術と精神は継承して頂きたいな。


 三種の神器の一つは剣だ。

 何故剣なのか?

 何故鏡なのか?

 何故玉なのか?

 みんな人それぞれに答えはあるだろう。

 私達日本人は、民族の原点を思うべきだろう。

 これほど混迷した世の中だ。

 今こそ原点に返ってみよう。


 気になるニュースは多々あるが、少しだけ・・・

 民主党の党首選で、野田さんが選ばれた。

 解散しないから選ばれたのだろう。

 公約を破り、やると言ったことをしないで、やらないと言ったことをする。

 増税を争点に選挙すると負けるから、選挙前に決めてしまう。

 予算が通らないけど、解散したくないから、各省庁には節約を呼びかけ・・・本気か??

 公務員は、給料の遅配が起きそうだな。

 民主主義を殺したのが民主党・・・・ジョークにもならない。
 
 国の予算が決まらず、公務の滞りを招きそうなのに、自分たちの権力維持が大事なのだ。

 宮崎正弘さんが看破していた、「外国人政権」と。

 日本が大事なのではなくて、自分の生活が大事なのだ。

 次の選挙では、しっかり見よう。

 あまりにひどくて、日本人としての自覚を思い起こさせてくれたのは、民主党、韓国、支那だ。

 あらためて、「ありがとう」と、退場してもらおう。

 さて一方自民党の党首選は。

 大手メディアが「石破先行!」と報道している。
 
 バンドワゴン効果と言ったかな?勝ち馬に乗れ、と言う投票誘導だ。

 相変わらず卑怯だ。

 彼らが当選させたくないのが安部さん。

 つまり安部さんが一番ふさわしいと言うことだろう。


 それにしてもエネルギー問題の解決は急務だ。

 原子力はもちろん、石油や天然ガスも有限の資源だ。

 いつまでもあると思うな父と母、じゃなくてウランと石油天然ガスだ。

 たまった核廃棄物を燃やして減量するため、余剰のプルトニウムを燃やすために、トリウム型原子炉の実用化が急務だと所見する。

 これも核エネルギーだが、ウラン型の原子炉から出た使用済み燃料の減量化が終わるまでの運用とすればよい。

 小型でシンプル、安全(比較的に)。

 原潜にも最適なのだが・・・・

 日本も原潜を10隻も持って、あちこち忍ばせておけば、何処も侵略してこないだろう。

 ついでにMHD推進で、とか・・・話がそれた。

 その間、数十年の間に、環境負荷のない本当の新しいエネルギーを作らなければ。

 持つ物と持たざる物の上下関係の秩序を維持するシステムは、終わらせないと。

 等しく分け与えられるようなエネルギーが望まれる。

 そうか、トリウムは資源が偏在していないどこでもあるから、選択されなかったのかな?
 
 それにしても、石油がなければ今の機械化された農業も出来ない。

 たとえ生産できても運べない。

 たとえ食料が手元にあっても、煮炊きできない。

 石油が無くなると、たくさん人が死ぬことになる・・・都会限定だが。 

 
 科学から退いた理由は、どんな技術でも使う人が悪ければ悪い技術になる、そんな理由から。

 人が信じられなくなったのかな。

 当時の私に、農を選ぶ以外選択の余地が無かった。


 科学は「剣」と同じ。

 剣・・権・・拳・・みんな似たようなものだと、合氣道の師、西尾昭二先生に教えられた。

 「剣は凶器にも利器にもなるんだよ」と。

 使う人、使い方次第なのだ。

 ついつい使いたくなるのが人というもの。

 でもいろいろな人に触れて、人と地球の未来を信じたくなってきた。

 まず自分を信じるか・・と・・・ん?
[PR]
by drkikurin | 2012-09-25 12:55 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな