きくりん情報局

少々休憩 あさっての話 その1

平成24年8月20日 23時40分 橋本市 晴 28CPM
         21日  7時20分 橋本市 晴 32CPM
             20時    橋本市 晴 36CPM
         22日  9時40分 橋本市 晴 25CPM
             20時30分 橋本市 晴 22CPM
         23日  8時40分 橋本市 晴 30CPM
 

 放射線量が少々高め。

 何が起きているのやら。

 先日「にんにこ夏休み」にちょっとだけ参加し、子供の遊びの手伝いをしてきた。

 実際は自分が一番遊んでた。

 あの子達を汚染地域に返すのは辛い。

 こんなニュースもある。 → ここ

 子供達の甲状腺に、しこりなどがかなりの確率で見つかっているとある。

 無事であれ、と祈っている。

 
 水のシリーズをちょっと中断して、問い合わせのあった事を、とりとめもなく書きます。

 
 放射能ではなく、オゾン層の破壊で地球が危機に瀕したとき、地球はなにをする?

 と考えたとき、「火と水の洗礼」を思い出した。

 以前、某太陽電池会社にいたとき、新しく入社した男に「人類は火と水の洗礼を受けるのだろうな。」と話した。

 「何でそんなことを知っているんですか?」と、彼。

 「おまえこそ何で知ってる?」と、私。

 彼とはお互い退社後の今でも友人である。

 「火と水の洗礼」は、ヨガで言う修行の最終段階に経験する、水による浄化と火による浄化のことを言います。

 ノアの箱船の神話が真実だとして、人類の水の洗礼は終わってる。

 次は「火の洗礼」。

 磁気的な地軸が、今揺れている。

 ダイナモ効果と物理学用語では言うが、回転するコマがくるくる揺れること。

 磁極が反転することになるかもしれないと、ふと思った。

 その前後1ヶ月程度は、バンアレン帯が消失し、宇宙線で地表が灼かれる。

 そして、オゾン層は復活するのではないか、とひらめいた。

 「火の洗礼」である。

 その時は、トンネルの中にでも逃げなければいけないか。

 第二のノアの箱船かな。

 日本でもオーロラが見えるだろう。

 ただの直感である。

 それ以前に、今現在放射線に灼かれているが・・・・

 水の話ではなく、火の話になった・・・・


 次はジレンマの話の続きである。

 以前、自殺霊に憑かれた事をちらりと書いた、かな?

 無理心中した二人のうち、女性の方。

 男の方が思い詰めて、「あの世じゃなきゃ結ばれない」と、無理矢理心中。

 女性の方は「え?まじで・・・」と言っているうちに、死んでしまった。

 殺された方なので、許せば成仏したのに、相方が心配で、死んでも付き合って留まってしまった。

 時期が来て、人に取り憑く程度には動けるようになったところ、私の友人が拾って来たのだった。
 
 なんだか氣が重く、変な思考に陥るので、ちょっと探してみたら私じゃないのがいた。

 取り憑かれる、というのは、似ている所があるからから。

 私も彼女も、同じ課題を抱えていたのだった。
 
 課題は「本当の優しさ」。

 ただ優しいのは、相手の為にならないこともある。

 本当に優しい女性だった。

 駅前で経をあげている修行僧の方に、読経をお願いした。

 般若心経を唱え終わったあと、「女性ですね」と、一言。

 分かる坊さんがいるんだなと、彼女が憑いていたからこその出会いもあった。

 私の修行は彼女の修行になる。

 そろそろ成仏することになったらしいある日。

 なんだか掃除がしたくなった。

 せっせと掃除をしながら気づいた。

 「おかしいぞ?俺はこんなにきれい好きじゃない。」と後ろを振り返る。

 「おまえか!気持ちは分かるけど、体を動かすのは俺だろ。」と私。

 「それもそうよね。」と、彼女。

 お互い大笑い。

 ひとしきり笑って、気づいたら成仏していなくなっていた。

 またいつかどこかで会えるかな?

 自分が自分であることを認識していないと、彼女の思いと私の思いが区別できない。

 ジレンマの一つ。

 怒りが湧いたとき、ちょっと思いとどまろう。

 「これは私か?」

 「私達は一緒」を実行するには相手が問題になったりするが、本当は感ずるもの全てが私。
 
 出会うものは全て私である。


 昨夜、あることに腹が立って寝付けない私に、生後5ヶ月の我が子が寄ってきた。

 まだハイハイの出来ない我が子は、ゴロゴロと寝返りを1回転半ほど。

 そして、やさしく頭をなでてきた。

 朝には、怒りがかなりほどけていた。

 赤ちゃんはすごい。

 どっちが親だ?

 親がしっかりしないから、子供がしっかりしてるのだろう。

 親ばかを越えて、私は「馬鹿親」と宣言する。

 「馬鹿親連合」を結成、賛同者求む!

 そのうち「きくりん情報局」が「馬鹿親ブログ」に変わるかも。 


 一応物理学が専門だけど、こんな体験が多々あって、実は好き。

 科学で証明できたら良いね。

 そしたら科学から、魂の進化が始まる。

 そろそろ科学の話をしないといけないかな??
[PR]
by drkikurin | 2012-08-23 14:50 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな