きくりん情報局

日本中に奇形児を?

 平成24年7月13日  21時    橋本市 曇 23CPM
          14日   7時40分 橋本市 曇 23CPM
               20時20分 橋本市 曇 29CPM
          15日   7時    橋本市 曇 27CPM
               20時20分 橋本市 曇 25CPM
          16日   6時50分 橋本市 晴 25CPM
               20時30分 橋本市 晴 29CPM
          17日   7時    橋本市 晴 19CPM
               20時40分 橋本市 晴 28CPM
          18日   6時    橋本市 晴 26CPM


 またも従軍慰安関連ですが、以下のホワイトハウスの誓願サイトで、ご署名願います。

 韓国人が直に日本と交渉せずに、他の国で既成事実を作ろうとする手口は、民主党と同じです。

 国際会議で、「TPPに参加します」とか、「消費税上げます」なんて宣言して既成事実を作り、その後国内で審議する。

 そんな民主党のやり方に似ています。

 実に姑息である。

 姑息なんて言葉も知らないだろうな。

 閣僚の6割ぐらいは帰化人とのことですから、さもありなんです。

 ホワイトハウスの誓願サイト。→ここ

 こんなのもありました。

 どんなに探してみても見つからなかった、ネッシー、ツチノコ、従軍慰安婦→ここ

 管元総理が、がれきを拡散させるのは、「奇形児が出ても、福島からだけでなくなり、補償の問題から逃れられるから」と、言ったとか。

 管元総理の元秘書の証言だと言います。 →ここ

 島田市の小学校では、校庭の土が、もう12万Bq/kgを超えたと。

 菅さんは、自分も国民一人一人も、同じ痛みを感じる人間だとは思っていないようだ。

 現職の総理もそうなのだろう。

 多分誰もが、彼らと同じ人間だとは思いたくないだろうが。


 人と自分が同じなのだと感じない。

 そんな精神構造がもたらしたのが、大津のいじめ自殺事件。

 中学のある皇子山界隈は、地元では有名な所ではありますが。

 自分が同じ目に遭ったら、どんなに苦痛かと言うことに思いが及ばない。

 人の痛みを痛いと思わない。

 子供は残酷なものだが、中学生が?

 自殺現場にいじめっ子3人がいたので、他殺の可能性もあるとの記事も見ました。

 双子の妹が強姦されるのを拒んで、かわりにいじめられた、ともあった。

 彼は妹を守り通したのだな。

 偉かったぞ。

 
 私は子供に合氣道を教えるとき、戦うべき時は恐れず戦え、と教える。

 もとより武道は、殺人の技術だ。

 「君らに技を教えると言うことは、刃物を渡すようなもの。信じて渡すから、悪用するなよ。」

 とも教える。

 怒られるかもしれないが、人体急所をしっかり教える。

 あの子達なら、きっと戦ってくれると期待する。

 
 私の尊敬する友人・科学者は柔道、空手の猛者だ。

 高校時代、いじめグループを一人で殲滅した。

 ボスを階段の下まで投げ飛ばし、前歯を全部折った。

 おかげで警察に連れて行かれたそうだが・・・

 でも彼の学年では、いじめはそれっきり起きなかったそうだ。

 理不尽な暴力とは戦わないと。

 かく言う私は、いじめられっ子だった。

 泣かない子だったので、それが面白くなくて泣かせようと、不良がよく絡んできた。

 小学校の終わりに、ようやく3人相手に喧嘩をした覚えがある。

 呼び出された神社に、たまたま別の上級生がいて、「やられてばかりじゃだめだ。戦えよ。」と、諭してくれたからだ。

 しかし、人を殴るのは気持ちが悪かった。

 人を倒すのが快感になったら、もう薬物中毒と同じ。

 人を傷つけずに自分を守るためには、と考えての合氣道だった。


 学校では、人権教育とか、仲良くとかを重視し、競争を教えなくなったように聞く。

 社会は競争なので、

 「卒業したあとで勝手に社会で揉まれろ。私達は教えない。」

 と言うこと。

 平和なんて嘘。


 優しいだけでは自分も大事な人も守れない。

 人類なんて、まだまだ進化の途上。

 正と反の間で学ぶことから、まだまだ抜けられないだろう。

 できるなら、良い事と、より良い事の中から、さらに良い事を学べるような知性を持ちたい。


 私の息子が、生後4ヶ月を過ぎた。

 意味不明の天使の言葉を、ほとんど話さなくなってきた。

 代わりに、俗に言う赤ちゃん言葉になってきた。

 だんだん人間の世界に降りてきているのを感じる。

 生まれたときは、皆天使だったのだろう。

 多分私も、あなたも。

 私達は何故ここにいるのか?

 何処へ行きたいのか?

 目に見えている現実が教えてくれている。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-18 13:11 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな