「ほっ」と。キャンペーン

きくりん情報局

愛って?野菜達に教えられたこと

平成24年7月6日 23時20分 橋本市 雨 25CPM
         7日  9時    橋本市 雨 22CPM
            21時20分 橋本市 雨 31CPM
         8日  8時20分 橋本市 曇 34CPM
         9日  0時10分 橋本市 曇 25CPM
             7時50分 橋本市 晴 22CPM
            20時50分 橋本市 曇 18CPM
        10日  7時10分 橋本市 晴 21CPM
            20時40分 橋本市 曇 19CPM
        11日  8時20分 橋本市 曇 32CPM 
 


 パソコンの前に座る時間もなかなか取れず、更新が滞ってます。

 このところ、少々高い値が散見します。

 大飯原発が再稼働してから、こんな事が多くなりましたが。

 直接の因果関係は、距離的に考えて無いと思います。

 誰かが便乗して何かをしているのかもしれませんが、それも推測でしかありません。

 

 今回のテーマは、前回に引き続き、多少スピリチュアルなことを。

 と言っても、かなり現実的なことです。

 畑を初めて、かれこれ23年は経ちます。

 環境破壊を科学的な手段で食い止めるのではなく、農業を通じて植物たちに託そう、と思ったのです。

 そして、野菜達に色々教えられました。

 こんなことがありました。

 ある日サツマイモの収穫をしているうちに日が暮れ、満月が上ってきた。

 しばし見とれていると、回りからもなにやら感動の波動が・・・・

 独りで感動しているのと、大勢で感動するのは、ずいぶん違います。

 誰だと思ったら、サツマイモ達も月見をして「おお!」とやっていた。

 驚いた途端に、彼らの意識が入り込んできた。

 特売でも売れ残り、捨てられそうな直前に私に買われて、この畑にやってきた事。

 毎日毎日、お天道様が上り、そして沈み、雨が降ったり、風が吹いたり、そして時々私がやってきて声をかけて来た事。

 時々カセットレコーダーで音楽を聴かせてくれた事。

 そんな私が大好きだったと。

 あなたの所に来られてラッキーだった、とも聞こえた。

 彼らを食べるのか?と、躊躇してしまった。


 もう一回は、冬に備えサラダ菜などを藁で縛って、手入れをしていたとき。

 やはり仕事が遅くなって、満月が上ってきたのを覚えている。

 「こんなに世話をしているのに、食べちゃうんだもんな。すまないな。」

 なんて話しかけていたら、突然畑中の野菜達が「ウォ~ン・・・・」と歌い出した。

 その音が頭頂のチャクラから入り、ハートのチャクラで言葉にほどけていった。

 「ありがとう」
 「あなたが好き」
 「だから食べて良いんだよ」

 そんないくつもの思いが、一つの音になっていた。

 はじめから食べられることは了解していたようだ。

 なんと言うことだ。

 これほど何かを愛することが、今の人には出来るのか?

 こんな愛し方が出来たら、もう死んでも悔いはないな、と思えた。


 何故菜食なのか、ようやく分かった。

 彼らが食べることを許してくれているかどうか、それが大事だったのだ。

 イスラム教徒達は、教義に則った残酷でない方法で殺した畜肉を食べるという。

 キリスト教徒の、神様からいただいた食料なんだから食べて良いと言う解釈より、多々共感する。

 あれは「任せたぞ」と言う意味だったと思うが、「私達の物だ」と都合の良い翻訳ミスをしたようだ。

 食べるという行為は、生死を見つめる行為そのもの。

 商業的に扱えば、いつか破綻がやってくる。

 いや、遺伝子組み換えや農薬使用など、もう破綻がやってきていると言える。

 肥料の食べ過ぎで太った立派な?野菜が、果たして健康な野菜なの?

 原子力もふくめたエネルギー問題や、科学、成長を至上命題とする経済も含めて、人として生きるために、もう一度見直さないといけない時期だろう。

 改めて考えたい。

 私達は何?何故ここにいる?

 何が一番大事?

 こんな混沌とした、物と金の価値観が行きすぎた時代だからこそ、原点の「農」なんだ。

 狩猟採集も良いが、多すぎる人を支えられるような野山はもう無い・・・・原点すぎるか(笑)。

 田畑は先生だ。

 お天道様と、大地と川から恵みをいただく。

 植物たちはすばらしい。

 虫や動物たちもすばらしい。

 彼らには、神さまの声が聞こえているのだろう。
 
 彼らに恥じないように生きられたらな。
[PR]
by drkikurin | 2012-07-11 11:28 | 祈り | Comments(3)
Commented by タラ at 2012-07-11 13:30 x
読んで泣いちゃいました。
最近、雑草(って呼ぶのも気が引ける)抜きや鍬での雑草取りに気持ちが引っかかってたので、植物の気持ちを教えてもらって、じんときました。
Commented by drkikurin at 2012-07-11 22:37
 書き込みありがとうございます。
 私も彼らの気持ちが伝わってきたとき、泣けました。
 泣きながら畑作業を続けましたね。
 その畑が、ある時なんとも寂しそうにしていました。
「どうしたの?」と聞いても答えない。
その晩でした、畑の貸し主が、借金が返せずに畑が人手に渡ったことを、電話で詫びてきたのは。
 あの別れは辛かったです。
Commented by タラ at 2012-07-12 12:48 x
語らないところが切ないですね。またもらい泣きです。

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな