きくりん情報局

橋下市政

平成24年3月27日 23時20分 橋本市 晴 17CPM
         28日  7時50分 橋本市 晴 23CPM


 放射線量は問題なし。

 少々忙しいので手短に書きます。

 がれきの地方受け入れに関して、福岡ではさまざまな事態が起きているようです。

 千葉から納入したがれきの、出荷したときの総放射線量(Bq値)と、処理施設が発表した値とが大きく食い違っているとの指摘があるようです。

 およそ98%が行方知れず。

 関門海峡に位置する処理施設です。

 瀬戸内海の漁業に直に影響します。

 追跡、究明を望みます。

 福岡市周辺から伝え聞く、心筋梗塞の多発は、それが原因なのか、本当に多発しているのかは正しい調査を待たないといけません。

 正しい調査をしてもらえるのかが問題ですが。

 死者の心臓組織の顕微鏡写真など、撮らないのでしょうか?

 これががれき受け入れの結果なのか、玄海原発が原因を作っているのかも、正しい調査が待たれます。

 大阪では、がれきを海に埋め立てると言っています。

 8000Bq/kgを何万トンも。

 その結果をシュミレートできないのでしょうか?

 痛みを分かち合うなんて口実でしょう。

 痛みは、海洋生物達すべても分かち合うことになりますが。

 一時の産廃業者への利益供与になるだけです。

 敵を作って戦って見せて、宣伝に使う。

 よくやる宣伝工作です。

 大阪府民は絶対阻止しましょう。 
 
 8000Bq/kgなんて、正気の数字ではありません。

 少々更新が滞るかもしれません。
[PR]
by drkikurin | 2012-03-28 15:37 | 放射性廃棄物 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな