きくりん情報局

インフルエンザ、関東では

平成24年1月23日 22時30分 橋本市 曇 18CPM
         24日  7時20分 橋本市 雪 17CPM
             21時40分 橋本市 曇 23CPM
         25日  8時20分 橋本市 曇 21CPM
             19時40分 橋本市 曇 23CPM
             21時40分 橋本市 曇 29CPM
         26日  8時30分 橋本市 晴 16CPM
             21時30分 橋本市 晴 24CPM
         27日  7時50分 橋本市 晴 20CPM 


 およそ0.1μSv/h(22CPM)前後の値です。

 公称値よりは少し高め。

 時々、「あ、来てるな」と言うようなリズムの計測音が鳴ります。

 まだまだ安心しないでください。

 
 関東では乳幼児の突然死が増えてきていると言います。

 その情報にはデータがなかったので信憑性に欠けますが、およそ平年1年分の人数が1ヶ月で亡くなっていると言う内容でした。

 こちらはデータ込みですが、静岡で23日にインフルエンザでおよそ2570人欠席したそうです。

 通常1年通算で2000人前後なのだそうで、1日で1年分を上回ったとのこと。

 何故か東京よりは静岡が深刻??そりゃあ理由はあるでしょう。

 給食の牛乳が一番危ないかな、と所見します。

 放射能以前に、牛乳は体に悪いですから。

 それにしてもこんな状況で、「インフルエンザのワクチンを打とう!」にならないように注意してください。

 近頃のワクチンには色々添加物があります。

 チロメサールとかスクワリーンと言って、つまりは水銀です。

 おまけでアルミも入ってるそうです。

 水銀は自閉症の原因であると言われ、アルミはアルツハイマーの原因であると言われます。

 不妊症も副作用の一つです。

 その添加物濃度を無理なく体外排出するためには、計算上は体重125kg以上必要とか。

 それを子供に打つのです。

 インフルエンザは、ワクチンの接種量に比例して流行します。

 効果に疑問を持ち、中止した期間が一番発生率が少なかったそうですから。

 だまされないでください。

 放射能による免疫力低下とワクチンは、セット販売されるのでは?と勘ぐりたくなります。

 政府やWHOの指針は、「人口を減らす」の様に思えます。

 関東圏から健康相談を受けた知人が言っていました。

 「咳が止まらない」「経血が茶色い」「だるい」・・・。

 良いミネラル、つまりは海の塩を取ること玄米食が、消極的ですが効果的です。

 チェルノヴィリ原発事故後のロシアは、日本のみそを大量に輸入したそうです。

 不確定性原理の破綻、光速より早い粒子の発見など、無関係のように見えて、実は放射性物質の安定化に道が開けそうです。

 間に合え!!と祈る気持ちです。

 一番早いのは、やはり微生物による処理でしょう。

 ここにも塩が関わってきます。

 物理的な処理には、まだ少々時間がかかるでしょうか。
 
 その理屈は長くなるのでいつかまた。 
[PR]
by drkikurin | 2012-01-27 11:20 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな