きくりん情報局

4号炉

平成24年1月11日  7時20分 橋本市 晴  24CPM
             22時    橋本市 晴  21CPM
         12日  8時    橋本市 晴  18CPM
             21時30分 橋本市 晴  26CPM
         13日  8時    橋本市 晴  18CPM


 上記測定値では、およそ220CPMで1μSv/hです。

 和歌山の公称値は、およそ0.07μSv/hくらい。

 実測値では、0.1μSv/hを超すのがふつうです。

 郡山の甥に、測定しろと小言を言ったら、送ってきた数値が、1.3μSv/hでした。

 春よりも増加しています。

 どうするつもりなのか、自分の運命も風任せのようです。

 見えないことが本質で、見えることは陰のような物。

 見えない物が見えるようになったら、もう事態は決まっている。

 手遅れ。

 技術屋の卵の甥が、自分で動かない限りは望み薄かもしれません。

 被爆は確率なので、幸運が彼らにほほえみかけてくれることを望みます。

 
 放射線量増加の原因を作ったと思われる福島第一原発4合炉は、変な壊れ方をしています。

 事故当時、停止状態だったのに水素爆発をしています。

 何故こんな壊れ方をしたのか、誰も説明できていません。

 壊れた建屋の中に、ショットガンタイプの核爆弾が写っている、と、海外のジャーナリストが指摘しています。

 一番簡単なタイプの核爆弾で、材料と道具さえあれば私でも作れる。(そりゃあ材料と道具があれば、誰でも作れますね。)

 その貯蔵プールが空だき状態だったとか。

 核廃棄物は、燃え尽きたのではなく、効率が悪くなったから破棄されます。

 だから水につけて冷まし続けないと、核反応で加熱してしまいます。

 原発推進派は、核廃棄物の処理について、明確なビジョンを示していません。

 日本中の原発の、使用済み燃料貯蔵プールは、かなり過密状態です。

 どう処理するのでしょう。

 核燃料からプルトニウムを取り出そうとすると、廃棄物の量は増えます。

 処理したら、さらに廃棄処理が難しくなります。

 トリウム型原子炉で、廃棄物も燃やしてしまうのが次善の策だと思います。

 研修者が存命のうちに、プロジェクトを進めないといけない。

 廃棄物がミニマムになった時点で、トリウム原子炉を廃止。

 それまでに、新しいエネルギーを創造しないといけません。

 もうあるともいえますが。

 
 それにしても、食品の汚染が心配です。

 リラックマさんのコメントにあったスペクトロメーターは、安くて一般人にも入手できそうです。

 使用にはある程度の専門知識が必要そうです。

 農業関係で困っている人たちを、ちょっとだけ助けられるかもしれません。
[PR]
by drkikurin | 2012-01-13 13:40 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな