きくりん情報局

死んだ男の残したものは

平成23年12月28日 7時50分 橋本市 晴  24CPM
              21時40分 橋本市 晴 24CPM
          29日 8時     橋本市 晴 23CPM
              22時    橋本市 雨 14CPM
          30日 8時30分 橋本市 晴 22CPM
              21時30分 橋本市 晴 18CPM
          31日  8時    橋本市 晴 23CPM
               22時30分 橋本市 晴 38CPM
平成24年1月1日   8時10分  橋本市 曇 18CPM
 

 大晦日夜の、高い数値が気になります。

 年内にもう一件はアップしようと思いつつも、年が明けてしまいました。

 明けましておめでとうございます。

 今年は壬龍、水の中の水の年です。

 水にまつわる色々な事が予想されます。

 ちなみに我が家では、子供が誕生します。

 こんな年に生まれてくる子供は、いったいどんな子供なのだろうと、ワクワクしながら待っています。


 昨年末、ある詩人の女性と、お話しする機会に恵まれました。

 素敵な初老の女性です。

 その方が、谷川俊太郎さんと、共著で出版されたと。

 「一夜だけの詩遊び」

 その中で、見覚えのある詩がありました。

 「死んだ男の残したものは」谷川俊太郎さんの詩です。

 私は、子供心に、高石ともやの歌と記憶しています。

 次のフレーズに、共著の女性のコメントがありました
 
 「死んだ彼らの残したものは、生きてる私、生きてるあなた・・・」

 昨年の震災でなくなった方々の残したものは、まさに生きている私達である、と。

 亡くなった方々、ご先祖様たち、その願いと祈りは、生きている私達に注がれています。

 その思いをいただいて、今を生きたいと思います。

 今年も、万物が幸福であり平和であることを祈って、今日の元旦を祝いたいと思います。  
[PR]
by drkikurin | 2012-01-01 12:23 | 祈り | Comments(2)
Commented at 2012-01-06 03:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by drkikurin at 2012-01-06 12:14
 いつもながら、やるねえ。リラックマさんが軽汚染地域にいることは、日本にとって本当に有益だったと思います。
 こちらのベクレルモニター作成は、ノイズとの戦いで苦労しています。計数管をケーブルで引き出して、鉛の容器に入れようと改造していたら、ノイズが乗って1カウントを2とか3とカウントしてしまいます。同軸ケーブルでも同じ。もう少し時間がかかりそうです。これが出来たら、4万円以内で食品などの測定器が出来るので、がんばってみます。
 それにしても鉛インゴットの切断は、重労働です。刀で一刀両断したい。でも刀がもったいない・・・
 フルボ酸の培養か・・・フミン酸フルボ酸を掘当てて、販売している人がいるが、培養してるか聞いてみよう。
 

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな