きくりん情報局

始まり

平成23年10月27日 0時15分  橋本市 晴 16CPM
              7時50分  橋本市 晴 25CPM
              22時45分 橋本市 晴 26CPM
          28日 8時30分 橋本市 晴 23CPM
               11時40分 橋本市 晴 20CPM
          29日 8時     橋本市 晴 20CPM
          30日 0時30分  橋本市 曇 25CPM
              8時      橋本市 曇 29CPM


 またしばらくアップ出来ませんでした。

 放射線量は、時々ピークがあっても、落ち着いてきたようです。

 まあ、そのピークは、福島由来ではないと確信してはいます。

 
 汚染地域の中学3年生女子が、クモ膜下出血で亡くなったようです。

 岩手県一関市、とあります。

 その中学の中庭には、10マイクロシーベルトを超える高濃度汚染ポイントがあったそうです。

 亡くなった生徒は運動部で、その中庭での運動が多かったそうな。

 高線量が新聞で報道されるまでは、生徒、保護者には伝えず。

 クモ膜下出血では、国も企業も、放射線障害が原因とは認めないでしょうね。

 因果関係を立証するのは、かなり難しいでしょうか。

 それらの地域では、嘔吐や下痢を伴う風邪が流行しているとのこと。

 怖い現実を見ようとしない者が多い。

 見なければ、無いような気分になる。

 頭だけを隠すダチョウの比喩そっくりです。

 実際放射能は感覚では捉えられない。

 感覚として表に現れた時にはもう遅い。

 何とも切ない。
[PR]
by drkikurin | 2011-10-30 10:05 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな