きくりん情報局

通貨の不思議

平成23年10月23日  1時40分 橋本市 曇 18CPM
             7時20分 橋本市 晴 22CPM
            22時    橋本市 曇 31CPM
        24日  7時50分 橋本市 曇 21CPM
            23時20分 橋本市 晴 30CPM
        25日  7時25分 橋本市 曇 13CPM
            21時20分 橋本市 晴 21CPM
        26日  8時    橋本市 晴 16CPM



 このところ、時々ですが正常値に戻る日が出てきました。

 もちろん20CPM以下の日です。

 トルコの大地震で、隣国の原発が事故とのニュースもあります。

 和歌山が台風で被害を受けた際、トルコは特別な援助をしてくれました。

 和歌山は早急に援助をして、恩に報いるべきです。

 とりあえず県から100万円支援金が支払われたとかいうニュースがありましたが・・・・・

 もっと気前よくドカンといかんかい! と、たきつけたくなります。

 リビアではカダフィ大佐が殺害されました。

 民主化の暴動、とニュースでは言っています。

 本当??

 カダフィ大佐はアフリカ統一通貨に反対し、独自の金貨で通貨を発行しようとしていました。

 また、リビアの地下には、膨大な、確か「ブルーダイア」と呼ばれる帯水層があります。

 石油も出ます。

 アフガニスタンやイラクの例に漏れず、中東では民主化は根付きません。

 独裁が、治安を一番安定させていたのではないでしょうか?

 サダム=フセインの統治では、女性も職業に就くことができました。

 女性の医者もいて、教育も受けられました。

 中東で一番自由な国でした。

 アメリカのイラン攻撃でどうなったか、ご存じの通りです。

 通貨を金貨で作られたら、つまり金兌換貨幣を作られたら、やすい元手で紙幣を印刷していた銀行屋の親玉たちはたまらないでしょう。

 今の日本は、律儀にも札を印刷して使っていません。

 中共やアメリカは印刷しまくって、それで政府の支払いを済ませています。

 そりゃあインフレになるでしょう。

 日本はそんな通貨に比べ、高くなるのは当たり前です。

 つまり、金貨を発行されては、そちらへ人々のお金が回ってしまい、アフリカの通貨はリビアの金貨に淘汰されるでしょう。

 銀行屋がそれを許すわけはありません。

 正しいことをしようとした者の末路は悲惨ですね。

 折しも日本ではTPP批准へ向けて、正しい認識もなく、議論もなく、戦略もなく、邁進しようとしています。

あるサイトで見つけましたが、TPPを批准すると以下の危険があるとのこと。

 •狂牛病の月齢制限撤廃
 •郵政資金の国内運用禁止
 •遺伝子組み換え作物
 •ポストハーベスト
 •日本で禁止されている添加物や医薬品の使用認可
 •労働力の自由化
 •言語障壁の撤廃
 •混合診療の解禁
 •国民皆保険制度の撤廃

 例外なく、障壁を撤廃と言うことなので、このくらいは朝飯前で突きつけてくるでしょう。

 自国民を守るために、国内法を遵守するどころか、国内法を撤廃しなければいけなくなります。

 そういう治外法権的な条項が盛り込まれています。

 アメリカの廃棄物をメキシコに埋設しようとして、メキシコ政府が差し止めたら、アメリカは条約違反と訴えました。

 メキシコ政府は膨大な違約金を支払いました。

 これはもう明治初期の不平等条約以上です。

 推進しようとしているマスコミもその標的なのに、さっぱり気づかないようです。
[PR]
by drkikurin | 2011-10-26 17:11 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな