きくりん情報局

良識的な学者の怒り

平成23年7月28日 午後9時半 橋本市  晴れ  23CPM
         29日 午前8時半 橋本市  晴れ  32CPM


 何とも落ち着かない数値が続きます。

 個人が測定して断片的な掲示をしても、少ししか役に立ちません。

 国策として、モニタリングポイントで継続的にモニターし、アメダスのように表示すれば高線量の原因も特定できます。

 まあ、してもらっては困るのでしょうか。

 気象庁の放射能拡散予知システムの発表を、IAEAにはしても、国民には隠していましたから。

 以下は国会での科学者の証言です。

 実際に現地で行動し、戦っている科学者の怒りの声です。

 不覚にも涙が出ました。

 衆議院厚労委員会にて
[PR]
by drkikurin | 2011-07-29 11:36 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな