きくりん情報局

自然農

平成23年6月18日(土)  午後9時  橋本市  雨  22CPM
                   福島県  郡山市  曇り          1.8μSv/h
                   宮城県  角田市  曇り          0.28μSv/h
 

 宮城県角田市から、久しぶりにデータが。

 身内に不幸があったとのことでした。

 今日は麦刈りをしようと思ったら雨が。

 何ともなりませんね。

 天任せです。

 農業をしていると、自分がどれだけ殺生をしているかがよく分かります。

 ある時、生き物を殺める心の痛みも、お金で買っているんだなと気づきました。

 知人のオーストラリア人は、菜食主義です。

 アフリカに旅行に行った時、歓迎に目の前で生きた牛を料理してくれたのだそうです。

 その時初めて、「食べることはその命を頂くことだ」と、理解したのだそうです。

 自分の手で殺せる生き物だけ食べるようになったのだそうです。

 私もそれに近いです。

 でもある時、野菜の意識が「ストン」と心臓のあたりに落ちてきたことがありました。

 畑中の野菜が「ウォン・・・」と歌い出したのですが、その暖かいエネルギーが、心臓のあたりでほどけて言葉になりました。

 「あなたが好き。だから私を食べて良いんだよ。」

 その瞬間野菜の一生が見えました。

 朝日が昇って、夕日が沈む、雨の日は潤って、風の日は風に吹かれ、虫にかじられたり・・・

 そして時々私がやって来て、音楽を聴かせながら、水をくれたり、声をかけて来る。

 彼らは、人に食べられることを知って、なお許していたのです。

 その時、佛教の言う菜食主義の意味が理解出来ました。

 その命が許してくれるなら、食べて良い。

 植物たちは、神様の声が聞こえているのでは、と思うことが多々あります。

 彼らほど誰かを愛せたら、もうこの命なんていらない、素直に思えます。

 動物たちもそうだと言います。

 獲物を追っている狩人に、その動物が許してくれる瞬間があるのだそうです。

 食肉業者の方が言っていました。

 殺す時に、目を見て「食べられておくれ。おまえの命をくれないか。」と話しかけるのだそうです。

 すろと暴れずに殺されてくれるそうです。

 血が通常の2倍抜けるそうで、もちろんその方が格段においしいのだそうです。

 イスラムの教えでは、教義に則った残酷でない方法で殺めた肉を食べます。

 私達の宗教観に近いと感じます。

 私達の命は、私の物でなく、それら食べられてくれた命を全て背負っています。

 それどころか、命を自分まで繋いでくれた、無数のご先祖様達の祈りも背負っています。

 私達は、その祈りの一番先頭にいるのです。

 食べ物を生産し、世に出すという行為は、神聖なものです。

 誇りを持って頂きたく思います。

 命を育てる行為は、子育てと同じです。

 与え過ぎず、優しすぎず、厳しすぎず・・・・・

 たくさん採ろう、効率的に採ろう、なるべく高く売ろう・・・・などと考えると、道を誤ります。

 農家の皆さん、今が転換期ですよ。
[PR]
by drkikurin | 2011-06-18 22:06 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな