きくりん情報局

郡山

平成23年6月15日(水) 午後9時  橋本市  曇り  21CPM
                        郡山市  晴れ         1.7μSv/h


 郡山は変わらず、避難した方が良い値です。

 改めてお断りしますが、私の所有するガイガーカウンターはアナログ式のもので、1μSv/h以上ではないと、シーベルトで表示出来ません。

カウント数と、シーベルトの補正が出来ればよいのですが、身近に精度の良い測定器がないので、一分間の計数管のカウント数で表示しています。

 ちなみに麦刈りで疲れ切って、文章がよれよれだと思います。

 それでも全体の1/3位しか進みませんでした。

 明日も晴れてくれ、と祈る気持ちですが、明日の予報は曇りのち雨(泣)。


 今日のニュースでは、と言ってもテレビは見ないので、ネット上のですが、作業員の被曝が報道されています。

 作業環境にもよるのですが。

 法に定められた値を超えて、仕事をしていたと。

 原発は、下請けや、孫請け、曾孫請けの作業員達の被曝無しには運用出来ません。

 定期点検で、原子炉内を、ぞうきんで拭き掃除するそうです。

 積算被曝量が、限度を超えていたと・・・・・

 郡山の放射線量は、一年いると確実に10mSvを超えるでしょう。

 流通している東北の食材を食べることによる内部被曝も加味すると、かなり厳しい値になります。

 こちらの違法性もきっちり問題にしてもらいたいのです。

 何度も書きましたが、子供達はかなり放射線に敏感です。

 法律上、民間人の許容年間被曝量は1mシ-ベルトです。

 ちなみに飲料水は、10Bq/kgだったはず。

 国際標準は、1Bq/kgです。現在は暫定基準値として300bq/kgです。

 ミルクの中のヨウ素131による内部被曝と死亡率の関係は、3.7Bq/kgあたりから急上昇すると以前書きました。

 鼻血を出す子供達が増えている、と聞きます。

 免疫力が落ちているのでしょう。

 日本人は、海藻を食べるのでヨウ素は足りていて、被害は最少になるのではと期待しますが。

 未だに国は動かないので、政権に変わって頂くしかないのでは。

 民主党が政権を取ってから、「直近の民意」と言う言葉は使われなくなりました。
[PR]
by drkikurin | 2011-06-15 21:30 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな