きくりん情報局

情報の隠蔽

平成23年6月13日(月)  午後9時  橋本市  晴れ  24CPM
                         郡山市               1.8μSv/h


 和歌山の放射線量はやや高め。

 郡山は相変わらず衰えを見せません。

 学者達が、スリーマイル島の事故では死者は出なかった、とか、チェルノヴィリの事故では死者は二百数十名だったと言います。

 もちろん公式発表です。

 アメリカでは、上記2事件の前後の、出生率や、乳児死亡率を改ざんしていたことがばれています。

 カリフォルニア州に至っては、母数を大きくする為に毎月5000人程度、出生を多めに登録していました。

 トータルで、乳児死亡率が変わらない様にするためです。

 挙げ句の果てに、計測された放射能がゼロ、とか、甚だしいのはマイナスなんて言うのもありました。

 もちろん放射能にマイナスはあり得ません。

 バックグラウンドの自然放射能もあるのに、ゼロとかマイナス・・・・

 我が国の政権政党よりも、嘘が下手だったようです。
[PR]
by drkikurin | 2011-06-13 21:15 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな