きくりん情報局

農協

平成23年6月9日(木) 午前8時半 橋本市  晴れ  17CPM

今日も和歌山は全くの平常値に戻っています。

関西は平和です。

昨夜知人から農協のことを聞きました。

彼の知り合いが、「無農薬でやる」と言ったが為に、村八分にされたとのこと。

友人の農業の先生が、無農薬で苺を栽培しているところへ、農協の職員がしょっちゅう尋ねてくるそうです。

「頼むから農薬を撒いてくれ。何かあったら困るから。」

いっそその場で振りかけて食わせれば良いのにと、以前書きましたか・・・・

苺は洗わずに菓子などに使われます。

こちらは直ちに健康に被害があったりします。

放射能が検出されるぐらい、気にしないことでしょう。

無農薬の農作物は、全市場のゼロコンマ数%程度と言われます。

こちらもお金が健康に優先する、市場型の農業になってしまいました。
[PR]
by drkikurin | 2011-06-09 10:25 | 放射能に負けない食べ物 | Comments(2)
Commented by 緒方 at 2011-06-10 08:16 x
きくりんさん、こんにちは
農薬や肥料は、農協の貴重な財源なんでしょうね。
結局は、どの世界でも、似たような構造があるんですね。
Commented by drkikurin at 2011-06-10 12:11
 悲しいかなそうなんでしょうね。お金が絡まないと、何事も進まないです。有機栽培の農産物を消費者が選んで買うとか、逆に危ない商品は買わないとか、消費者が選択してくれれば意外と早く動くかも知れません。これもお金絡みですが。

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな