きくりん情報局

郡山の放射線量

平成23年5月31日(火) 午後9時 郡山市  曇り  1.6μSv/h 

 福島県郡山市中心部の放射線量は、相変わらずなかなかひどいです。

 法で定められた1mSv/yを適用すると、住民の避難やら除染やらどうしたらよいか分からないので、法を見ないことにしたわけです。

 本当に大丈夫だと思っているなら、自分の子息を海外には出さないでしょうね。

 もともと管総理の思いつきの視察で、圧力の上がった格納容器の排気が延長されたのではと、言われています。

2号炉での予測がちゃんと立っていた書類があるようです。 
 22:50 炉心露出
 23:50 燃料被覆管破損
 24:50 燃料溶融
 27:20 格納容器設計最高圧到達。格納容器ベントにより放射性物質の放出
と、計画書があったのです。

SPEEDIで放射能拡散予測をして、海上に排気が流れる風向きのタイミングを狙い、1号炉の排気を3時半に予定していたのです。

 それが実行されていれば、水素爆発も起きませんでした。

 これほどの放射能汚染も起きなかったでしょう。

 SPEEDI予測をやり直させていたりしていますので、管総理の思いつき視察による排気延期は多分間違いないと思います。今後しっかり追求していただきたいです。

しかしこの総理を選んだのは、間違いなく日本国民です。

提出されようとしている人権救済法が可決されれば、こんなブログの主は逮捕されるのでしょうね。

彼らは言論の弾圧や、国富の流出、領土の損失には一所懸命です。

「生活が第一」などがスローガンなら、国民は堕落するのは当たり前です。

子供手当や高校・高速道路無料化、目先に人参をぶら下げられて走ってしまった馬みたいです。

お金をくれるからと投票したさもしい国民が、そのつけを払う事になったのです。

内閣不信任案が提出されるそうですが、遅かったですね・・・・

エネルギーシステムのことを書こうと思いましたが、つい怒ってこんな話に。

大好きな子供達が、危険にさらされているのが辛いのです。

平常心に戻らなければ・・・・・
[PR]
by drkikurin | 2011-05-31 23:24 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな