きくりん情報局

メルトダウン

 線量の計測が出来ないので、関西地方の放射線量計測は、お休みです。

 福島原発の1号炉も他の炉もメルトダウンをしてた様だ、と報道があります。

チャイナシンドロームと言う、ばかばかしい非科学的な言葉もありますね。

なんぼ高温を長時間維持できても、物理的に地球の裏側まではゆきませんね。

日本の原子炉は、炉内の水が失われると、核反応が押さえられる構造になっています。

その構造故に、燃料棒や制御棒が溶けて炉の底に落ちて集まったとして、それで再臨界は非常に起きにくいと所見します。

しかし、MOX燃料を使っている3号炉だけは分かりません。

プルトニウムは比較的少量で核反応が起きますから。

観察は続けないといけませんが、もともと情報が隠蔽されているので、なんとも推測しにくいですね。

原子力政策は「公開」が原則の一つに当ていますが、お構いなしですから。

塩素の同位体が発見された、と聴いて、塩素がどうして?と思ったら、核反応で発生する中性子が、注入した海水の塩化ナトリウムに当たって生成されるのですね。

なるほどと思っていたら、「間違いでした」と、訂正発表あり。

それが本当ならば、再臨界の可能性がありますから。

どちらを信じて良いのやら・・・・・・・
[PR]
by drkikurin | 2011-05-30 23:28 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな