きくりん情報局

お断り

 ガイガーカウンターが、しばらく手元から離れますので、関西の放射線量のアップが出来ません。
東北から報告があった時だけ、放射線量をアップします。

ニュートンという科学雑誌があります。

昔、東大の故竹内均教授が編集者として、創刊した雑誌です。

「原発と放射能」、と言う特集を組んでいたので買ってみました。

内容は、福島第一原発の現状、放射能リスク、原子力の解説、浜岡原発停止の理由・・・など。

例えばここでも、「自然界の放射能と比較してこの程度、でも結局分からない」など、各国の公式発表のみを記載しています。

ウランの埋蔵量も、これだけあるから100年は大丈夫、と。

しかしその埋蔵量がウラン238も含むのか、それともウラン235のデータなのか不明。

ウラン235は全ウランの約0.7%しか含まれていないので、読者が計算して検証する必要あり。

ウランは世界中に分布するとありますが、とある資本が過半数を支配する・・・・とは書けないですね。

東大は権力におもねるというか、権力その物でもあったりするので、その体質が残っているのでしょうか。

御用雑誌、と感じました。

学生のときは読んでいましたが、世の中の裏を知って少しひねた大人になってみると、なかなか素直には読めないですね。  
[PR]
by drkikurin | 2011-05-30 14:47 | 祈り | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな