きくりん情報局

物作りの矜恃

平成23年5月22日(日) 午前9時 橋本市 曇り  18CPM

 平常値です。

 地球を一回りした放射性物質なら、こんな昼と夜の周期は無いでしょうか。

 やはり近所の原発を疑うべきでしょう。

 宮城の知人、関東某所の知人双方ともぼやいていました。

 農作物の供給元が放射能の測定を拒んでいるのだそうです。

 計測した値を公表したら、怒鳴り込まれるかも知れないと。

 私は化粧品を研究開発しています。

 私の作った化粧品が、実際に誰かを助けて、誰かを幸せにしているのを見るのがうれしいです。

 逆だったら?

 そんな仕事はしません。技術者の矜恃です。

 核融合の研究をしていた折、尊敬していた先生方が、実は核融合と高速増殖炉のハイブリッド発電所を視野に入れて、とにかくダーティーでも良いから核融合を実現させようと計画していたことを知りました。

 人類の未来・・・と言いながら、自分のための研究をしていたのです。

 テレビで見る原子力関連の、東大閥の研修者達と同じです。

 即座に核融合からの撤退を決めました。
 
 農産物の生産者はどうでしょうか?

 自分の生活が危ういからと、放射能測定を拒否するというのは、もはやプライドはないのでしょうか?

 「農薬散布」をいつの間にか「消毒」と言い換え、収穫前にも散布し、市場に出すようでは、もはや誇りも何も持ち合わせていないのでしょう。

 自分の作った作物を口に入れる子供達の事を、考えていないのでしょう。

 日本人も腐敗が進んできました。

 農業の未来は、自然農に取り組んでいる若い者達に期待します。

 今時の若者は素晴らしいです。
[PR]
by drkikurin | 2011-05-22 09:01 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな