きくりん情報局

久々の郡山から

平成23年5月9日(月)  午後 9時  橋本市  晴れ   23CPM 約 0.16μSv/時
                午後 10時  郡山市  曇り   1.6μSv/時
 

 ようやく郡山から甥っ子がデータを送ってきました。
 福島県郡山市では、なかなか放射線量が落ちていません。

 ここで小学生が遊んでいるわけです。

 1.6×24×365×減衰率=14mSv×減衰率

 減衰率は勝手に付けた名前ですが、核種によって半減期が違うので、何とも言えません。

 放射線源が、ヨウ素なのか、セシウム、ストロンチウムなのかで違います。
[PR]
by drkikurin | 2011-05-09 22:15 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな