きくりん情報局

菅原真樹さん講演 その2

平成23年5月3日(火) 午後9時  橋本市  雨   28CPM

 相変わらず高い値が続いています。 この天気と風向きで、福島からと言う事はないでしょうね。


菅原真樹さんは、ハワイ島のカロコの森を守ろうと、大借金をして保護のために大きな森を買い取りました。

その森の中や海、山で様々なヒーリングセラピーなどを行いながら、森と川と海を守る活動をしておられます。

スキューバダイビングの第一人者で、素潜りで80m以上潜るそうです。

そう言った活動の中で、様々な体験をされました。

海でマッコウ鯨8頭に囲まれて、「私達は困っている。助けてくれないか。」と、頼まれたそうです。

ハワイの聖地で7艘のカヌーのイメージが浮かび、ハワイの古老達に尋ねたところ、地球が危機に瀕した時に7艘のカヌーが聖地を結び、世界を救ったとの伝説がハワイにあるのだそうです。

現代にその7艘のカヌーの伝説をよみがえらせ、聖地を結ぼうと活動を始められたのでした。

その計画実現のために、出来てきた様々な人のつながりの中で、現在の様々な危機を解決する技術が日本にあると知ったそうです。

 ハワイ沖の日本列島より大きなゴミの島を処理する技術、放射能を中和する技術、放射性廃棄物を処理する技術など。

 今私達は、日々不安を感じるのではなく、一秒でも多く希望を感じて過ごそう、と結ばれました。

 具体的な技術の内容は書けませんが、かなり希望が持てます。

 菅原真樹で検索すると、氏のHPが簡単に見つかりますので訪問してみてください。 
[PR]
by drkikurin | 2011-05-03 21:51 | 放射能除去 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな