きくりん情報局

再臨界

 平成23年4月24日(日) 午後9時 橋本市  晴れ  19CPM

 一号炉でCl38が発見されたとの情報がある。

 とすると、再臨界が起きているかもしれない。

 何基もずらりと並べて原子炉を設置することの危険性が、ようやく分かるようになった。

 臨界状態で、制御が出来なくなり、仮に爆発(核爆発ではない)を起こしたとすると、避難するか死ぬかで他の炉も制御する人がいなくなる。

   ※)臨界とは、核分裂が継続的に起きている状態。(記憶が正しければ・・)

 とすると、並んだ原発全てが制御出来なくなる。

 こんな誰でも想像出来ることを、「安全だ。大丈夫だ。」で済ませてきた、諸機関の責任は重い。

 危機管理は、最悪の事を想定して行うもの。

 観測史上最大の震度を何割も下回る耐震設計で、申請した方も、建設に許可を出した役所もどうかしてる。

 とにかく今は、福島の小学校を疎開させて欲しい。 
 
[PR]
by drkikurin | 2011-04-24 22:49 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな