きくりん情報局

玄米食

平成23年4月23日(土) 午後10時  橋本市  曇り  28CPM

 相変わらず微妙に高い値が続きます。

 放射能に汚染されにくい食事の続きです。

かつて安中市のカドミウム汚染が、世論をわかせた時期があります。

相島敏史博士が、カドミウム汚染米を食べても、それが玄米である限りカドミウムは体外に排出されるという研究結果を発表しました。

 原爆の被害者でも同じような話がたくさんあります。

長崎の是眞会病院では80名が被爆しました。ところがこの病院では玄米自然食だったので、全員無事だったそうです。
 
 それは玄米に含まれるフィチン酸の解毒作用で、ストロンチウム90と結合して体外に出してしまうのだそうです。

長崎病院の秋月伸一郎博士は、玄米にごま塩、塩辛い味噌汁で40年以上の長い間被爆者を救われました。

広島市の高木さんご夫妻も、原爆ドームの1キロの所に住んでおられ被爆されましたが、玄米自然食と梅干しで救われたそうです。

次に続きます。
[PR]
by drkikurin | 2011-04-23 22:42 | 放射能に負けない食べ物 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな