きくりん情報局

海のゴミ処理

平成23年4月22日(金) 午後10時  橋本市  曇り  21CPM

 今日は原子力ネタではありません。

 今回の津波で、海に大量のがれきが流されました。

 以下は、ハワイでヒーリングセンターを営みながら環境活動をしている、菅原真樹さんから伺った話です。
 氏はプロダイバーでもあり、写真家でもあります。

 ハワイ沖に海流の集まる場所があり、大量のゴミが浮いているそうです。
 その面積たるやオレゴン州と同じ広さで、今回の大量の瓦礫なども流れ着くのでしょう。
野鳥の楽園と言われていた付近の島では、えさと間違えてプラスチックゴミを食べて死んだ鳥たちの亡骸でいっぱいだそうです。

 アメリカも知っているのに無視し続けているそうです。

 実は海洋上のゴミを処理する技術は日本にあり、その処理技術を船に組み込めば、処理で出るエネルギーで船を動かし、有益な物質も取り出せます。たとえば対中国ODAなどののほんの一部のわずかな予算で出来るそうなのですが、日本政府は興味がないのだそうです。

 復興と一緒に、こんなプロジェクトもすばらしいです。

 真樹さんは、ある日クジラに海に呼び出されて、「私たちを助けてくれ」と言われたそうです。放射性の排水が、また彼らを苦しめるのでしょう。

その菅原真樹さんの話を聞く会が、和歌山県紀ノ川市「米市農園」で5月2日夜行われます。
自然農の仲間が企画しました。
以下にリンクをしておきますので、ご興味のある方はどうぞご参加下さい。

ルネの根っこ種まき日記
米市農園
[PR]
by drkikurin | 2011-04-22 22:23 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな