きくりん情報局

放出された放射性物質

平成23年4月12日(火) 午後8時  橋本市  晴れ  24CPM 

 排出された放射性物質が、最大1京ベクレルと聞いてびっくりしたと、朝に書きました。

 何かの間違いではと、更に計算し直しました。

 プルトニウムで毎時7トンはあり得ないでしょう。

 ヨウ素131で計算します。

 22kg/時 と計算できます。

 これなら多少現実的です。それでもプルトニウム毎時7トンと同じ放射能ですが・・・・

 半減期の短い放射性元素は、早く崩壊する=放射線を短期間に集中して出す、と言えるからです。

 半減期の短い放射性物質は、短期間で力を失いますが、その期間は大変危険です。

 政府が今になって避難区域を広げたり、再検討している愚かさがおわかり頂けると思います。

 政権にしがみつくことには一生懸命なのですが、国民を守ることは苦手のようです。
 確か「国民の生活が第一」がキャッチフレーズでしたが・・・・・
[PR]
by drkikurin | 2011-04-12 21:52 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな