きくりん情報局

参考図書

平成23年4月8日 午後9時  橋本市  雨  21CPM

 雨で放射線量が増えるかと思いましたが、逆に時系列で安定してしまいました。

何故雨が被爆に関して需要か、というのは、内部被爆を理解する必要があります。
外部被爆と内部被爆を理解するための、参考書籍を紹介します。

 「アヒンサー・死に至る虚構」
  ジェイ・M・グールド、  ベンジャミン・A・ゴールドマン 共著
   肥田舜太郎 斉藤 紀 共訳

 数ヶ月前に入手し、読んでいたら今回の原発事故がありました。
 過去スリーマイル島の事故や、チェルノヴィリ原発事故、サバンナリバー核兵器工場の事故で、いかに情報が隠蔽されてきたか、付近でどれほど死亡率が上がったかなどが書かれています。

 自国で核開発をしているために、チェルノヴィリ原発事故による降下物が安全である、と言わざるをえなかったのです。

 広島の入市被爆者が、被爆者と認められていませんでした。
原爆後に広島市に入り被爆したのです。
この本が証拠とされて裁判で勝訴、被爆者として認められました。

 現在、自費で再版されています。
 1部200円+送料+カンパ で入手できます。
 下記へファックスで申し込んで下さい。

 PKO法「雑則」を広める会  0422-51-7602

プルトニウム関連の話は、また次回以降にいたします。
[PR]
by drkikurin | 2011-04-08 22:15 | 被爆 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな