きくりん情報局

被災地への支援

平成23年4月7日(木) 午後8時  橋本市  晴れ  30CPM

この数値の線量の下で一年過ごすと、計算に間違いがなければ、一番安全なレベルの被曝線量1mSv/年をやや超えます。

ドイツの気象庁か何かの発表で、福島第一原発から発せられる放射能が、気流に乗ってどんな風に拡散しているのか、ネット上で見ることができます。

それを見た人たちが心配して問い合わせてきたりします。

日本の気象庁も予想はしているようですが、発表はしていません。
情報が出てこないのでみんな疑心暗鬼になります。

 原子力ネタではないのですが、友人が自分の作った米10俵ほどを会津若松の友人に送りつけたそうです。米だけじゃなく収穫できる畑の野菜全部、ストックしていたN95マスクや、クレベリン、カセットガスカートリッジ、テント、登山ストーブ、浄水器に至るまで送ってしまったそうです。
 「家が広くなった」などと言っておりました・・・・

 しかし、300人からなる避難所では、そのお米もたった1日分の食事にしかならなかったそうです。個人の力ではこんなものかもしれません。

 集積場に山と積まれた支援物資が、果たしてどんな基準で配るのか、配らないのか。

 差し入れられた1000個の弁当が、食べられずに破棄されたとも聴きます。

 何とも切ない政権です。 
[PR]
by drkikurin | 2011-04-07 21:30 | 放射線量 | Comments(0)

関西圏の放射線情報
by drkikurin
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
放射線量
被爆
原発の構造
祈り
放射能に負けない食べ物
放射性廃棄物
放射能除去
エネルギー源
時事問題
農業

最新のコメント

最新のトラックバック

まずは考えろ
from Anything Story
トリウム原子力とは
from あなたに素敵な贈り物
放射線単位
from  Welcometoheal..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな